2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Radio

2017年4月28日 (金)

7MHz用リニア・ローディング・バーチカル A Linearly Loaded Vertical for 40m

HFローバンド用のアンテナは、だいたい2階のベランダに釣り竿を立てて、仮設しています。
移動運用にも使うワイヤーやポールを流用していたので、移動に行くときや、強風が予想されるときとかには、片付けていました。
昨日は、原則として移動には持って行かないもので、立てて見ようと、前からあった10MHz用のバーチカルのワイヤー・エレメントに、あり合わせのIV線を継ぎ足し、7MHz用にしてみました。
竿は4.5m、これに1.8mの25φデベポールと32φ(内径25φ)1mの塩ビパイプをつなげました。0.2mの重なり部分があるので、合計7.0mです。
7MHz では、約3mが余りますが、ホーム用にもう一つローディング・コイルを巻くのも面倒だし、あるOMのアドバイスで、余った線を適当に引き回せば、マッチングが可能だとのことでしたので、軒先に付いているフックを利用して、余った線を左右にクロスさせて、ベランダの床に置いたマッチング・ボックスに引き込みました。
Dsc_0408st
アンテナ・アナライザーで見ると、はじめはエレメントがだいぶん長すぎるようでした。1mほど短くしたら、7MHzバンドに共振点が入りました。ただ、インピーダンスが相当に低く、前に紹介したバリL利用のマッチングボックスでは、LもCも不足で、SWRが1.8くらいまでしが下がりませんが、とりあえずは、リグのサイドのチューナーも併用して、使ってみることにしました。
今日、4月28日(金)は、JP3DGT局がJAFF-0297 からオンエアするとのことで、シャックで待ち受け、スポットのあった周波数をワッチしましたが、残念ながらノイズに埋もれて聞こえませんでした。この時間には、ノイズがS7まで振っていました。
RBNではSNR 18dBというデータも出ていたのですが、やはりアンテナの高さが低く、垂直系アンテナでノイズを拾いやすいためか、厳しいようでした。
 
聞こえていた金沢市の8J9VLP/9 と 高梁市のJH3MKP/4 を試しに呼んでみたところでは、交信ができましたが、前者は他の局に呼び負けして、4-5局待ちましたし、後者は2回目のコールで、やっとコピーしてもらいました。
 
そんな状況で、今後のJAFF移動運用もQRPやモービル・ホイップ運用の場合は可能性が低いと思いますが、移動局のパワー、アンテナ、ロケーション、その時のバンドのコンディションなどを見ながら、しばらく使ってみたいと思います。
 

2017年4月25日 (火)

黒山自然公園移動運用 Portable JAFF-0214, Kuroyama PNP, Saitama

桜が終わると若葉の季節の到来です。木々が日ごとに鮮やかな緑に装うのを見るのは、気持ちの良いものです。春たけなわの4月も20日を過ぎたところで、どこかへ移動運用に出かけたいと、いくつか候補を考えました。
結局、少し遠いけれど、埼玉県の秩父盆地と関東平野の間にある奥武蔵の一帯にしました。尾根筋を奥武蔵グリーンラインという道が通っていますが、その沿道の刈場坂(かばさか)峠というところにして、昨日、4月24日(月)に行ってきました。
この尾根筋のおおむね北東側、比企郡ときがわ町、入間郡越生町の区域は、埼玉県立黒山自然公園に、南西側、飯能市の区域は埼玉県立奥武蔵自然公園に指定されています。昨日は、ときがわ町でしたので、黒山自然公園、JAFF-0214、での運用になりました。
標高818mで、堂平山が正面に見えていました。
Img_2206s
 
まず、バーチカルアンテナで7メガに出ました。休憩と少しの散策を挟んで正味40分ほど運用し、29局と交信しました。
 
桜の木の下から道路寄りに車の場所を少し変え、DJ4VMループ・アンテナを車の上に上げました。前回は18メガサイズのループでしたが、平日とはいえ、立ち寄る人もかなりいるのと、組み立てスペースをあまり広く取れないので、21メガサイズにしました。
Dsc_0400s
 
こちらのアンテナでも同じく29交信でした。同一局との交信も含んでいます。
バンド別では、18メガ:9、14メガ:1、10メガ:2、7メガ:17 でした。
ATUのAH-4でマッチングをとって、上記のバンドへのQSYが可能でした。
コンディションにはあまり期待していませんでしたが、案の定というか、海外はほとんどだめで、UA0が1交信、VKが3局、4交信のみでした。
フェイスブック・メッセンジャーで、海外の熱心なハンターに出ているバンドを知らせながらやっていましたが、これもだめでした。
コールしていただいた方、またスポットしていただいた方、どうもありがとうございました。
天気はおおむね晴れ、風も弱く、移動には申し分のない日でした。
Img_2211s
          新緑の「関東ふれあいの道」
 
この辺りは、高速道路から離れており、圏央道鶴ヶ島インターから一般道を1時間以上走りました。高麗川の谷、西武秩父線に並行している国道299号は、信号はあまりなく、カーナビの時間通りに走れましたが、くねくねとカーブが多い道です。正丸トンネルの手前から林道を上がり、尾根筋に出て、奥武蔵グリーンラインに出会ったところが目指す刈場坂峠でした。
途中の道は、ウォーキングで歩いたところもありましたが、車で走ったのは、たぶん初めてかと思います。
遠いのが難点ですが、標高が高く、駐車時間に制限がない点は、このところまわってきた近場の運用地よりも、移動運用に向いています。惜しむらくはコンディションに恵まれませんでした。
 
Went to the Kabasaka Pass, 818m above sea level, in Tokigawa Town, Hiki-gun, Saitama, to activate JAFF-0214, Kuroyama Prefectural Natural Park yesterday.
I logged 58 contacts but most of them were JA stations on 40m band. Five contacts with oversea stations were logged: UA0, VK2, twice with VK4FW and VK7. A DJ4VM loop of 15m band size mounted on top of my car was used.
The weather condition was impeccable and I enjoyed a nice spring day, but the propagation condition of radio waves was not favorable to my regret.

2017年4月 9日 (日)

Portable JAFF-0197 羽村草花丘陵自然公園移動運用第2回 2

一昨日、4月7日(金)の移動運用のことで、少し補足したいと思います。
・アンテナ
DJ4VMループの大きさは、一辺が407cmのダイヤモンド型です。一辺が288cmの正三角形が4つ集まった形で、スプレッダーの端から端までと、中央の縦の梯子状部分は576cmです。
寸法は、IV線で作った18メガ用ループの長さに合わせましたが、後から、ビーメックス線は短縮率が少し低いので、長めの方が良かったかと気づきました。はじめは、エレメント上端をショートし、梯子状部分を切り離して、普通のループで、共振周波数を見ようと思っていましたが、時間がもったいないので、測りませんでした。
 
給電用の梯子フィーダーの長さは約4mで、28メガの電気的2分の1波長にしたものを、そのまま使いました。前回は、アンテナの上端および下端からフィーダー末端までの合計長さを18メガの電気的2分の1波長にするようにしました。今回も、継ぎ足し用の梯子フィーダーも用意していましたが、これも面倒なので、つないで調整することはしていません。
フィーダー末端での、共振点は、19.2MHzほどでした。これはループ部分と梯子部分の合成された結果と思います。
接続は、はんだ付けした圧着ラグを線の末端につけて、指回しの3mmネジで止めています。下端のところは、小型ターミナルを付けて、そこに線を差してとめました。
 
Img_2067s
プルカートには箱に入れた鉛バッテリーを積んであり、下の38mmφ、1.3m長のパイプは、丸棒の杭に差し込んであるので、少しの風なら自立も可能ですが、風が強かったので、風上側に2本ステーのロープを張りました。
たも網竿は、カーボンファイバーなので、近くに梯子のラインを置くのは良くないと思い、発泡スチロールのブロックで離そうかと思いましたが、これも面倒なのでやめました。手持ちの1.8mのグラスファイバーのポールを運ぶか、釣り竿式の長いものを入手すれば解決します。カーボンでも、致命的なマイナスはないかと思いますが、どうなのでしょうか。
梯子フィーダーは、巻き取って運びますが、かさばります。W製の既製の600Ωフィーダーを使えば簡単になりそうですが、これもコストや発注の手間の問題があります。
アンテナ・シミュレーションができないので、分かりませんが、14メガで使うときに、ローブの出方が普通のループとどの程度違うのかが一番知りたいところです。過去に21メガや18メガのサイズのループで、14メガにも出て、それなりに交信はできていたので、あまり大きな違いはないのかも知れませんが、14でも8の字型に出ているということなので、安心感はあります。
・訪問者
公園で妙なものを立てていたので、3回ほど立ち寄って来る方がありました。
はじめは犬を放して遊ばせている方で、犬がフィーダーに飛びつきそうになってヒヤリとしましたが、連れていってくれました。
次の男性は、自分も無線をやっているけれど、このところちょっとしていないということでした。アンテナなどについて、立ち入った質問はありませんでした。
3番目には若い女性の3人ほどのグループで、日本語がつたないので、留学生かなと思いました。聞いたらベトナムからとのことで、離れたところに男性も4-5人いて、みんなで花見とのことでした。
・公園の様子
公園で設営をする前に上の駐車場から眺めたところです。枝の向うに見えている植え込みの右の端のあたりに陣取りました。
Img_2065s
反対に、設営場所から駐車場方向を見たところです。階段の上の建物がトイレで、その右のガードレールのあちら側が駐車場です。
Img_2071s
・機材
前回の移動から、鉛バッテリーを新しいものに替えました。昔の領収書をみたら、今までのものは2010年に買っていて、7年も使えば、回数はともかく、もう寿命だと、観念しました。廃棄用のチケットも一緒に買って、古いものは宅急便で新バッテリーの購入元に送りました。
 
マニピュレーターも、荷物を少なくするために、前から仕入れていたGHDの小型のものにしてみました。接点調整が難しく、慣れないためもあって、使いにくいので、今後どうするか考えないといけません。また、小さいけれど、重いので、そんなに頑丈でなくても良いのにと思ってしまいます。
 
 

2017年4月 8日 (土)

Portable JAFF-0197 Again 羽村草花丘陵自然公園移動運用第2回

今年の3月は寒い日が多いようでしたが、今週に入ってようやく春の暖かさを感じられるようになり、近所の桜も満開になりました。
 
昨日、4月7日(金)は、去年の12月にも行った、福生市の多摩川河川敷のかに坂公園で、JAFF-0197、都立羽村草花丘陵自然公園のアクティベーションをしてきました。
 
コンディションが良くないようで、期待したオーバーシーは、あまりできませんでした。
合計44交信、DXから呼んでくれたのは、RA3, SA2, VK4, VK2 の4局、ほかに、RK56GC, KH2, 4W が聞こえていたので、呼んで交信しました。
それもフェイスブック・メッセンジャーの "WWFF Activity & Spots" に自分で投稿したり、クラスターのスポットの直後だったりだと思います。
RK, KH2 は18メガ、以外は14メガバンドでした。
前回との合計で必要だった29は、クリアーできました。
 
I visited the Hamura-Kusabanakyuryo Prefectural Natural Park, Tokyo, JAFF-0197, again yesterday, Friday, April 7 for my second activation of that reference.
I logged 44 contacts and could exceed the minimum requirement of WWFF activation point together with 15 last December, but there were only 7 contacts with oversea stations due to poor propagation. The prefixes of the stations that called me were RA3, SA2, VK4 and VK2. Many thanks. A DJ4VM type loop antenna was set at the corner of a riverside park. It was very windy but the mast did not break fortunately.
 
1100 JST過ぎに到着、公園へ行って様子を確かめた後、まず車の上にいつものようにバーチカルを立て、正午ちょっと前から7メガでCQを出しました。昼食休憩をはさみ1315ころまででちょうど20局と交信しました。
 
その後、機材一式をプルカート、ザック、トートバッグ、釣り竿ケースで公園の芝生の隅に運び、そこに設営して、主に18, 14, 21メガでオーバーシーをねらい、コールがないときは、7メガにQSYして国内交信(計17局)と、あちこちバンドを変えて運用しました。
Img_2066s
          北西方向(多摩川上流) Looking northwest (upstream Tama River)
Img_2069s          南東方向(下流方向) Looking southeast (downstream Tama River)
 
アンテナは、前回もここで実験したDJ4VMループを使ってみることにし、前回のIV線、歯ブラシの柄スペーサー使用のものは重いので、21メガ用ビーメックス線ループや28メガ・デルタループ用ビーメックス線はしごフィーダー(廃品ゴルフバッグ用プラ筒スペーサー)を使うものに変えました。各バンドとも、なんとかAH4でチューニングがとれました。
風が強く、たも網竿のマストが折れるのではないかと心配でしたが、なんとか持ちこたえてくれました。
 
Img_2073s
          具合よく植え込みの陰で運用できました。
          The control unit of IC-7100 in the shade.
 
DJ4VMループは、前日の準備が間に合わず、現地で荷物をカートにセットするまでに45分ほど、外でセットするのに1時間以上かかってしまい、間に2時間ほど電波が出ていない時間がありました。ATUを忘れ、車まで取りに戻り、セットしてみたら、ヤエスのものでした。再度戻ってアイコムのものを運び、取り換えるというボーンヘッドがありました。近道の階段(下の写真の右)があるので、車との往復は所用3分ほどです。
Img_2070s
          プルカートは中央の電柱のあたりを迂回する坂道で運びました。
          階段の上にトイレ、その右方に駐車場があります。
 
DJ4VMループは、移動でのセットは面倒くさく、アイコムのATUなら普通のループでもOKなので、珍しいアンテナを作ったという自己満足だけかも知れません。
終了近い時間帯の7メガで、RBNを見たら、NAのスキマーにも拾われていたので、7メガでもなんとか使えそうです。
 
今回は、往路は高速をやめて下道にし、青梅街道をずっと西進し、瑞穂町から国道16号を南下して行きました。ほとんど2時間近くかかりましたが、16号線は、横田基地の西側を通っています。基地の「第2ゲート前」という信号で、"U.S. Air Force" という大きな門標を横目に見てから右折し、福生駅の前を通って、かに坂公園に行きましたので、広大な横田基地や福生駅周辺の様子を初めて見ることができました。(走行40km)
帰りは、高速を利用し、1時間10分ほどで、2000 JST少し前に帰宅しました。(47km)
 

2017年3月25日 (土)

Portable JAFF-0212 埼玉県立狭山自然公園移動運用2回目

Activated JAFF-0212, Sayama Prefectural Natural Park, Tokorozawa City, Saitama yesterday for the second time.
Transmitted CQs from about 0530 through 0845 UTC mostly on 17m band with occasional QSY to 15, 20 and 40m, but logged only 26 contacts. Eight oversea contacts were made on 17m: 4 EUs, 3 Asiatic Russians and VK4FW. Another contact with VK4FW on 15m was possible.
My signals were spotted in clusters several times and I am grateful to spotters, but it turned out that only a few stations called after each spot yesterday. The vertical antenna with two radials was the most I could set in a commercial parking space for sightseers.
Img_2004s
My car was parked towards Europe. Lake Sayama, a reservoir for Tokyo water supply, and head tower in it are seen in the photo.
昨日、3月24日(金)は、埼玉県立狭山自然公園へ行きました。昨年の9月と同様、狭山湖の堰堤の南の端から約300mの駐車場に陣取り、1430Jころから1745J ころまで、18メガを主に、21,14、7とバンドもうろうろしましたが、成果はあまり上がりませんでした。
トータルで26、うちオーバーシーは9でした。(AS-3, EU-4, OC-2. 同じ局との2バンド交信を含む。VK4FWです。)
ありがたいことに、クラスターに何度も上げてもらいましたが、その後はそれぞれ1局程度で、後が続きませんでした。

コンディションも良くなかったと思いますが、アンテナもどうも良くないようです。(ラジアル2本のバーチカル。車の前方がEU方向。)ノイズを拾いやすいのか、耳が悪く、コピーに苦しみました。
日没までやった効果もあまりなく、先週の終了時間の1630よりも遅い時間の交信は、7メガのJAの11局とOH 1局でした。
 
天気はまず良かったのですが、冷たい風が吹いていました。
 
前回は、堰堤を北側まで往き、少し高まったところあたりを歩いたので、昨日は、堰堤は3分の1くらいまでで引き返し、道路と山口観音やその墓地、西武球場の駐車場などの間に挟まれた細長い尾根道を行ってみました。道沿いにベンチや東屋が数か所設けられていて、週日なら無線もできないことはなさそうでしたが、道路の交通量が多く、騒音が聞こえてきます。
 
Img_1997s_2
林の中に句碑がありました。儘田司水という人の句で、山口貯水池の建設から管理まで、30数年に亘って携わった人だそうです。
 
駐車場からトイレのある堰堤方面へ行くのにも、この道路を横断するのですが、自然公園の中の道にしては交通量が多いのに驚きます。多摩湖と狭山湖が東西に長く伸びているので、狭山丘陵の北の埼玉県と南の東京都を結ぶ交通路の数が限られているからと推測しました。
ついでに、堰堤のたもとにあった碑も紹介します。誰の書かと思ったら、近ごろ話題の石原慎太郎元東京都知事のものでした。場所は埼玉県ですが、東京都水道局の施設なので、元知事の書があるようです。
Img_1987s
 
車の北西方向、狭山湖との間にちょっとした高みがあります。階段はほとんどなく、ゆるい坂で行けるので、次の機会には、そこで野外運用も考えてみますが、4月下旬以降は木が葉を付けたり、草が伸びたりで、様子が変わるかも知れません。
Img_1980s

2017年3月17日 (金)

埼玉県立安行武南自然公園移動運用 Portable JAFF-0219

今日は朝方、起きる前に夢を見ました。午後2時からの予定があるのに失念してすっぽかし、1時間以上も経った後にこれに気が付いて焦りました。目が覚めて本当にホッとしました。
この頃は滅多にないネクタイをして行く予定があったのがストレスになったのかも知れませんが、昨日のアマチュア無線の移動運用があまり冴えない結果で、気分的に落ち込んでいたからかも知れません。
 
昨日、3月16日(木)の移動運用の行き先は、前から近いので一度は行ってみようと、調べていた埼玉県の安行武南県立自然公園、JAFF-0219でした。
東京に近い平坦なところで、市街化が進んでいるので、車を止めて運用できそうなところは、都市公園の駐車場くらいしか見付けられませんでした。
2~3ヶ所の中で、駐車場の広さなどから、さいたま市緑区の「さぎ山記念公園」にしました。
駐車場は1700JSTに閉まるので、その前に無線をやめなければならない場所です。
 
予想はしていましたが、ロケーションに、何も利点のないところで、駐車場に着いたときには8割程度車が入っていました。1台分のスペースも最小限度なので、バーチカルしか上げられませんでした。
北側に送電線があり、また、駐車場の南側に3~4mくらい高い台地があり、東京、神奈川方面のグラウンド・ウェーブにも不利のようでした。
 
まず公園内を歩いてみて写真を撮ったりした後、セットにかかって、0300 UTC 少し前から7メガに出ました。
去年あたりからメインの110Ahの鉛バッテリーが寿命に近付いているのか、電圧低下が早いので、最初の国内、は、第2のリチウムイオン電池で、約15Wアウトで始めましたが、このバッテリーも経年劣化か充電不足か、7局ほどやったところで、リグの電源が落ちました。
そこで、鉛バッテリーで、約25Wでやっていました。このためか局数もなかなか伸びませんでした。早い時間帯の7メガ用アンテナはVCHコイル入りバーチカルでした。
 
Img_1971s
Img_1963s
          車は西を向いています。
 
0520 UTC ごろから18メガにQSYし、5分くらい後にRZ3 と交信しましたが、この時間では、起きている局が少ないので、後はサッパリでした。
18用のバーチカルのまま、7メガにも3回くらい戻って、局数をかせごうとしたのですけれど、あまり成果はありませんでした。
最後に18に出たときに、JA1局のクラスターへのスポットで、DXが呼んできましたが、弱くてなかなかコピーできませんでした。なんとか2局をログしました。
1局の I の局は、帰宅したらメールが来ていて、サフィックスの1字が、Gと聞いたのがFで、違っていましたが、短点二つを長点一つに聞いただけなので、ログを訂正することにしました。
18メガQSY以後は100パーセントのパワーでやっていましたけれど、予定の0730Zでバッテリーがダウン、韓国製"G & YU"のバッテリーも寿命の限界かも知れません。(18メガQSY以後は100パーセントのパワー。)
トータルで、アクティベーションのポイントが付く44局にぎりぎり届きました。
スマホでリバース・ビーコンをときどき見ていて、はじめのうちはZLとかBAとかになんとか届いていたようです。0700Z以後の18メガはまったくスキマーに拾われませんでした。
 
18JST少し前に無事帰宅しました。往きも帰りも外環利用で約1時間、距離は片道33キロです。暖かな日で、その点では快適でした。
コールして下さった各局、またスポットをしていただいた各局、どうもありがとうございました。
 
Went to activate JAFF-0219 at the Sagiyama Memorial Park, Saitama City, in Angyo-Bunan Prefectural Natural Park, Saitama.
Sagiyama means a heron hill. This area used to be a habitat of herons and the park has a small exhibition room for the drawings and photographs of the old days.
Logged 44 contacts: 41 JAs mostly on 40m band and 3 EUs on 17m by a vertical antenna. Had to stop my operation at 1730 UTC because the parking space was closed at 0800.
 

2017年3月 4日 (土)

比企丘陵自然公園-物見山公園移動運用 Portable JAFF-0216

昨日、3月3日(金)は、東松山市の埼玉県立比企丘陵自然公園に行き、JAFF-0216の2回目のアクティべーションを試みました。
0150 UTC ころに着いたので、車内のリグの準備やアンテナ関係の下準備をあれこれしておいてから、お昼のサンドイッチ持参で、物見山の頂上まで登り、東屋で食事をしました。
良い天気で、浅間山や筑波山が見えていました。
Img_1820s
                    The summit of Mt. Monomiyama (Lookout Mountain), 134.9m asl.
Img_1827s
                           Mt. Asama.
 
車に戻り、釣り竿で14メガ用のバーチカルを屋根の上に立て、7メガ用のラジアルを柵に沿って伸ばして、ATUでマッチングして、0330z過ぎから7メガに出てみました。
2交信の後、強い局に挟まれて良くないようでしたので、少しQSYしてみましたが、コンディションのせいか、ひなコンテストで混んでいたせいか、コールがないので、やめました。
ここの1回目は昨年の9月初めで、40交信、オーバーシーは10局強で終わっていました。
オーバーシーを増やすことを主目的にしていたので、その後、21メガを主に、ときどき18にQSYしました。
21のアンテナは、オフ・センター・フェッドの垂直ダイポール・アレー(車の前にディレクターのエレメントを立てたもの)のつもりでしたが、未調整で、後記のように、ちゃんと作動していたとはいいにくいようです。
Img_1831s
Img_1833s
21 のオーバーシーは、VKが5局、VR2 1局とUA9 1局で、EUには届かずでした。
18 は、21のラジエーターにそのままATUで送信でしたが、UR 3局、UA3 1局と、かろうじてEUを4局ログしました。
残念ながらコンディションが良いとはいえないようで、バンドもおおむね静かでした。途中、コールが無いので眠くなってしまう有様でした。
とりあえず、計44交信を超えることはできました。合計では26Q、オーバーシーは半分の13Q でした。
JAFF MLのメンバーとは、5局と7交信ができました。ワッチ、コール、またクラスターへのスポットをどうもありがとうございました。
南方向のロケーションはあまり良くないにもかかわらず、複数のVKからコールをもらったことは、新しい経験でしたが、この調子では、3月中旬、4月になってコンディションが良くなって来るのか、心配になってしまいます。
 
アンテナのラジエーターのエレメントは、21メガ用の垂直ダイポール・アレー(2エレ)用のラジエーターの長さから、14メガ用のバーチカルの長さを引いた残りの長さの線を用意し、これをベントして前方に伸ばしました。ただ、この状態でアンテナ・アナライザーで測ったら、13.6MHzあたりに共振点があるようでした。
ダイポールの中心以外、オフ・センターで同調点を測ったときに、どのようなことになるのか良く知らないので、そのまま調整などはせずに使いました。周波数が思ったより低いのは、一つには、垂直部分は、14用に調整して折り曲げた分も伸ばしたので、長くなっていること、ベントの水平部分は150cmほどですが、車のボディーや地面に近いので、何もない空間で、垂直に伸びている場合とは違うものになっている可能性があります。
 
天気は良く、夕方の撤収時以外は寒さもあまり感ずることがなく、車内では汗ばむくらいでした。ただ、風はときどき強く吹き募り、ループアンテナなどは無理な状況でした。駐車場に車がかなり来ていたのは意外で、トレイル・ランニングのトレーニングや愛犬の散歩の人たちがいました。
 
Went to Monomiyama park, Higashimatsuyama City, Saitama, yesterday to activate JAFF-0216, Hiki Kyuryo Prefectural Natural Park, intending to increase oversea contacts. Am sorry to report that band condition was not favorable and logged only 13 oversea contacts on 15 and 17 meter bands. Had contacts with 5 VK stations on 15m. Four contacts with EU were logged: 3 URs and 1 UA3.
An off center fed vertical dipole array for 15m was tried but there seemed to be much to study and improve this antenna.

2017年3月 1日 (水)

「モービルハム」誌バンクナンバー Back Numbers of "Mobile Ham"

古い本などを整理したら、「モービルハム」のバックナンバーが出てきました。(この雑誌はすでに廃刊になっています。)
揃ったものではなく、年に1冊から5冊ほど、31年前の1986年1月から、最新は、1994年3月の間の25冊がありました。もう処分しようと思っています。
変色してきており、資源ゴミとして出すしかないと思いますけれど、記事の中には面白いものもあると思います。どなたか、ざっと見てみたいという方がありましたら、差し上げます。
事情の変化により、上の申し出は撤回いたします。(3月28日記)
 
Img_1809s
Img_1810ts
 

2017年2月12日 (日)

バリL型チューナー An Antenna Tuner with a Variable Inductor

昨日、11日(土)は、お蔵入りしていたバリL使用のアンテナ・チューナーのバラックセットを少し改造し、長さを5cmほど短くして、プラスチックの箱に入るサイズにしました。
今日、12日(日)の午後に、ベランダに置き、現在仮設しているやや長さ不足(40cmくらい)の10メガバンド用のバーチカルのマッチングを試みました。
 
Img_1786s
SWR計の針が静電気のために振れてしまっていたりで、ローパワーでのSWR調整に難儀してしまい、受信音を聞きながら、ノイズのレベルが一番高いところへ合わせたところ、SWRはほぼ1となりました。
結果的には、コイルは最大巻数の24ターン、バリコンも最大容量のところになっています。広い範囲でマッチングをとるにはバリコンの容量が不足のようです。昔作ったので、容量を忘れてしまいましたが、10枚羽根です。
バリLは、アメリカのジャンクを通信販売で買ったものです。
異臭に耐えながら、ハンダごてで箱の縁に同軸ケーブルとアンテナ、ラジアル線を入れる切り欠きを作ったので、蓋はしっかりしまります。余程の土砂降りでないかぎり、防水は大丈夫でしょう。
Img_1787s
I made an antenna tuner using a used variable inductor long time ago. It was a barrack set and not water-proof.
It was shortened about 5 cm yesterday so that it could be housed in a plastic box. It is rain-proof on the balcony now. It is connected for a vertical for 30 meter band at present. I bought this used variable inductor from the U.S. by mail order. 

2017年2月 3日 (金)

公園とアマチュア無線 Parks and Ham Radio

今年の初めからアマチュア無線の「公園アワード」というものがスタートしています。
「すべて自己申告制で、自己完結型です。」というユニークなアワードですが、基本的にアワード・ハンターではなく、アワード便乗の移動運用、それも外国のプログラムへの便乗が主の当局には、そこはあまり気にならず、参加者がいるのかどうか様子を見ているところです。
 
ただ、当方としては、次のようなことから、どうしても関心を持ってしまいます。
① 自然公園を対象とするアワードで、現在関わっているJAFF、日本フローラ・ファウナと同じ公園ということで間違えたりされる可能性がある。
 
② もともと自宅の近くには大きめの公園が3つあり、日ごろ良く散歩している。本ブログ2014年5月の記事
そのため、自宅の設置場所の1キロ以内に2つ公園アワードのリストに載った公園があったが、さらに、もう一つ、追加されても良いのではないかと思って、管理者にメールでお知らせしたら、入れていただいて、計3つになってしまった。(3つ目の公園は、年に1回、ローカル・クラブの公開移動運用をしている。)
このようなことになっているのは、家の辺りが区内では開けるのが遅く、結核療養所や刑務所が置かれていたところ、移転したので、跡地が公園になったという事情による。
 
③ 都県立自然公園からオンエアしようとすると、ほとんどの場合、都市公園の駐車場などになる。
昨年の8月以降に行った自然公園の中の都市公園は、多摩市の「桜ヶ丘公園」のように「広域公園」という種類で、公園アワードの対象外のものもあるが、東松山市の「物見山公園」や笠間市の「あたご天狗の森公園」はリストにある。
都立や県立の自然公園は、国立・国定公園よりも市街地に近いため、都市計画区域と自然公園区域が重複して指定されている。都や県の自然公園担当部局には、施設整備の予算があまりないのかも知れない。
 
④ 鉄道沿線ウォーキングに行くと、公園を通ることが多い。先日も飯能市の方へ行き、2つの大きめの公園のそばを通った。練馬区の「石神井公園」、小金井市などの「小金井公園」(リストにあり)には何度も行っている。
その一例の記事(2014年4月)。
 
Img_7748s_2
          小金井公園(2014年4月)(PK-10/TK-124)
 
⑤ これはあまりやっていないが、WCA、城のアワードもあり、各地の城址公園の多くには、WCAのナンバーが付いている。例えば寄居町の「鉢形城公園」、佐倉市の「佐倉城址公園」(2つともリストにはなし)、八王子市の「滝山公園」(偵察のみ、リストにあり)。
 灯台移動、ARLHS, ILLW は、磯、キャンプ場、旅館,、民有地駐車場などさまざまだが、公園もかなりある。例えば横須賀市の「観音崎公園」、三浦市の「城ケ島公園」、南房総市の「野島崎公園」(3つともリストになし)。 
 
いやな雑音が入るのがご心配らしく、公園アワードの管理者は、どこのどなたかを明らかにされていません。ただ、メールにはすぐにお返事がきます。謎は解いてみたくなるもので、私なりに見当を付けましたが、さて当たっているでしょうか。
公園リストアップの基準はやや専門的で、一般には少し難しいようです。車や電車でも人が行くような「広域公園」は「大規模公園」の一種で、原則として対象としないそうです。
東京では有名な「井の頭恩賜公園」も、「特殊公園」という種別に分類されていて、今はリストにありません。「石神井公園」も特殊公園の一種の「風致公園」らしく、対象にはならないようです。
このように、有名な公園や大きな公園が必ずしもリストにないのです。公園の種類、種別は主な性格にもとづいていて、都市計画や予算計上の上では意味を持つのかも知れませんが、利用者の側から見ると、実際にはそれほど大きな違いはないように思います。
 
家の近くの3つのうち、東にある公園、「お堂の公園」の東には、さらに2つリストの公園が並んでいます。何度かメールしたり、ネット情報を見たりしているうちに、なぜ近くに集まっているが分かりました。「総合公園」は対象とするという方針ですが、都の都市計画で、ここは公園4つのグループで、1つの「総合公園」になっていて、計画上の名前は「野方公園」という机上の名前なのです。
なぜか民間パークの「としまえん」も入っていますが、これも都市計画で、公園予定地に指定されているためではないでしょうか。このような特殊な事情もからんでいて、管理者もたいへんのようです。
さまざまな公園については、ウェブ・ページに書いてみましたので、必要に応じてご覧ください。
 
 

より以前の記事一覧