2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Radio

2018年7月18日 (水)

V6J, DXpedition to Mortlock Islands, IOTA OC-254 モートロック諸島DXペディション

It is announced that the expedition to Ta Island, Satawan Atoll, Mortlock Islands, IOTA OC-254,  Federated states of Micronesia, by the members of the Nara DX Association, Japan, is going to go on the air tomorrow, Thursday, July 19.

https://www.qrz.com/lookup/v6j

According to the directory of the IOTA by RSGB, OC-254 consists of four islands, namely Etal, Lukunor, Satawan [aka Ta] and Namoluk. These islands are actually atolls and the largest Satawan Atoll is a ring formed by several small islands.

As I wrote in an article one year ago, I have a history book compiled by the veterans of Imperial Japanese Army and Navy, stationed at Mortlock Island during WWII.
http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/v6j-8030.html

Img_3439s_2                    Mortlock Island is on the right page. Chuuk Islands are at the center, at the border of two pages.

The book has larger maps of Satawan Atoll, and Satawan Island at the south-eastern corner is separated by a narrow channel from Ta Island to the west. I do not know where the radio station will be set, but the island at the south-eastern corner is likely to be the site as it is wider and appears to contain more houses and buildings than other islands.

The IJA unit stationed to defend Mortlock Islands was the Fourth Battalion of Nanyo (Southern Ocean) formed at Matsue, Shimane, in 1943. Because of the leap frog strategy of the Allied Forces, they saw only air raids and bombardments by fleets, although they had to fight with hunger forced by the naval and air blockades.

The book contain an article by the flyingboat pilot of the IJN, who alighted there at midnight after an aborted mission to Rabaul, New Britain Islands. The second attempt to Rabaul by the crew next day was successful, helped by refueling at the island.

QSL route of V6J: VIA JP3AYQ

明日、7月19日(木)午後からミクロネシア連邦のモートロック諸島(環礁)タ島、IOTA OC-254 への奈良DXアソシエーションによるペディションがスタートするとアナウンスされています。
1年前の記事で、「モートロック戦記」という本のことを紹介しましたが、今回はまさにこの本の寄稿者たちが第2次大戦中に滞在した島へのペディションとなりました。

連合軍の飛び石作戦のため、派遣された部隊は地上戦は戦いませんでした。本によると、爆撃、艦砲射撃で12名が戦死、食料不足などのため、22名が戦病死とあります。主力であった南洋第四支隊という部隊(おおむね連隊規模)は、松江編成で、島根県ほか中国地方の出身者が多かったとのことです。
この本には大縮尺の地図も載っており、Satawanは、環礁の名前であると同時に、南東の端にある島の名でもあるようです。そのすぐ西となりに狭い水道を隔てて、細長いTa島があり、そのさらに西に航行可能な最大幅350mの南水道があるようです。北にももう一つ航行可能な水道があるようです。
いずれにしても、ぺディションの成功と参加メンバーの安全を祈ります。

2018年7月11日 (水)

「シャックのナマケモノ」アワード Shack Sloth Award

西日本の豪雨の犠牲者のご冥福を祈り、被災者の方々にお見舞い申し上げます。

SOTAのチェイサーポイントが1,000になりました。一区切りなのでアワードを申請しました。
アクティベーターの方々、どうもありがとうございました。

Ja1jcfpdf_page_1_s
交信していただいたアクティベーター数は170局、平均点は5.90 です。大半の交信は1エリアの見通し可能範囲で、聞こえればまず必ず交信できるので、何がおもしろいのかという見方もあるかと思います。
当局は、SOTAのJA導入に少し関係したことから、アクティベーターがミニマム交信数をクリアするのを助けたり、Jクラスターにスポットして、プログラムの知名度を上げたりという観点から、ときどきコールしていたので、あまり合計ポイントは気にしていませんでした。900点の前後から、どうせなら1,000まではやろうと、点数を見ていました。
初めのうちは全国5位くらいにいたと思いますが、普及とともに、トップの6分の1、ALL JA のランキングでも16位となっています。

このプログラムは、エリアによって有利、不利もあり、見通し範囲に比較的高い山がたくさんあり、アクティベーターも多い1エリアは明らかに有利です。
DXのサミットとできればおもしろいのでしょうが、当局の設備と現在のコンディションでは難しく、以前、ブログに書いたVKとの1交信だけかと思います。

Received the Shack Sloth Award from the SOTA organization several days ago. Many thanks to the activators. I admit that it is easier to get SOTA chaser points from the call area 1 than other areas in JA land because of the number of high mountains surrounding the Kanto Plain. There is only one DX summit in the 170 summits I worked.

2018年6月10日 (日)

Portable JAFF-0215 長瀞玉淀自然公園移動運用

The Town of Yorii lies 70km northwest from the center of Tokyo, and has 34,000 population. As the Ara River flows out from the western mountains to the Kanto Plain at its location, it is the hub of local transportation. The Yorii station connects three railways. The town used to be important for feudal lords in medieval times naturally, and the Hachigata Castle was constructed in those days on the hill by the river.
The river flow is calmer here than upstream, offering a good spot for recreation beside the river. The river bed around here has got the name “Tamayodo,” yodo meaning a place with calm flow along a river.
Img_3352s

Img_3347s
I went there to activate the Nagatoro-Tamayodo Prefectural Nature Park, Saitama, JAFF-0215, and the Hachigata Castle, WCA JA-00023, yesterday afternoon. My QRV time was from 0530 through 1045 UTC. The 40, 30, 20 and 18m bands were used but most of about 60 contacts were logged on 40 and 20m. I managed to log 2 NA, 2 OC and 5 AS oversea stations, but the band conditions appeared unfavorable.
Dsc_1338s
This was my third activation at the place, but the first since JAFF-0215 became valid in the WWFF reference list. The spot had fewer visitors than I had expected on Saturday, and could enjoy radio operation. There was a visiting local ham, and I chatted with him for a while.
昨日、6月9日(土)は、埼玉県寄居町の鉢形城跡へ行き、埼玉県立長瀞玉淀自然公園と鉢形城のアクティベーションをしました。ここへ来たのは3度目ですが、JAFF-0215が有効となってからは初めてです。土曜日だったので、車が多いかも知れないと心配していましたが、遅めに行ったためか、猛暑の予報で外出者が少なかったのか、空いていて、設営などは楽でした。60数交信で、うち9交信はオーバーシーでした。
(注) 3回前ぐらいから、ココログで記事を書き、写真を入れて「保存」すると、何十行分にもなる余白が入ってしまいます。バック・スペース・キーで余白を削るだけでも、何分もかかるほどで、とてもやっていられません。このため、写真なしです。何か仕様が変わったことで、トラブルになっているようですが、FAQにも出ておらず、どうしようもありません。
(注2) この現象はマイクロソフト・エッジを使うためではないかとの指摘がありインターネット・エクスプローラーで編集してみました。(6月11日) 先日、マイクロソフトのアップデイトがあったので、その結果、相性が悪くなったのでしょうか。

2018年5月30日 (水)

WCA 世界城アワードE-Log The E-Log system of WCA

先週の唐沢山自然公園、JAFF-0233、移動時は、同時にWCA、世界城アワードでも、唐沢山城跡、 JA-00069、として有効でしたので、WCAにもログを送りました。
このところ、WCAの城移動はあまりやっていなかったので、ホームページにも遠ざかってしまい、その間にデザインなども若干変わったようで、使い勝手が違いました。
試してみられる方々のために、ログサーチ・システムである"WCA E-Log" の使い方について書いておきます。
Wca_home_1_2
トップ・ページの右側のメニューに、赤字の筆記体で"WCA E-Log"と書いてありますので、そこをクリックします。
すると、下のような形の成績サマリーと交信リストが表示されます。
Wca_home_2_b
現在の成績は計13交信で、城(WCA Objects) の数としては5ヶ所となっています。当局の場合は、WWFFのアクティベーションのときに呼んできた常連局の常置場所が、WCAのナンバーも持っていて、こまめにログを送っているために、棚ぼたでポイントが貯まっています。

サイトに登録すると、オンラインでのアワード申請も可能で、ハンターは、50城から資格があるようです。ただし、有償か無償かの記述は見つけていません。
移動運用のアクティベーターは、1ヶ所50QSO以上を5ヶ所以上運用すれば、アワードがもらえます。当局は、箇所数だけはクリアしていますけれど、まだ50Qに達していないものがあると思います。
JAでログを送っているのは当局だけかと思います。江戸城、鉢形城、佐倉城、観音寺城など数ヶ所分は送っていますので、お心当たりの方はE-Logをチェックされてみてください。

<6月13日補記>
城跡で運用した場合のログは、登録してログインしていれば、ホームページのE-Logの下にリンクがあるページから自分でインポートできます。
ADIFフォーマットで、中に最低、相手のコール、交信日、バンド(メートル)およびモードが必要です。
自局のコール、WCAナンバーは自分でフォームに記入します。(OK5NNよりのインフォ)

当ブログのウェブ・ページに公開しているWCAの解説はこちら

2018年5月26日 (土)

Portable JAFF-0233 栃木県立唐沢山自然公園移動運用

The Karasawa-yama (Karasawa-san) Prefectural Natural Park, Tochigi, is about 100km from my home to the north and its area consists of low hills of about 200m above sea level in front of the higher mountains that form the northern rim of the Kanto Plain. There was a castle in the medieval age.
Img_3239s
                    The signs of the prefectural natural park (left) and the castle (right).
I went there and activated the JAFF-0233 reference yesterday, May 25, 2018. I sent WCA JA-00069 for the castle also occasionally.
My station was active from around 0330 through 0840 UTC with some breaks for sightseeing and a cup of coffee.
Img_3269s
                    Looking toward north.
A total of 73 contacts were logged, including one with W5 on the 20m band and one with UA9 on 17m. Two UA0s and two HLs were logged along with JAs on 40m.
As I was at the northern side of the hill, it appeared a bit difficult to make contacts with sitaions in the most populous Tokyo-Kanagawa area.
I succeeded to have a P2P contact with 8N1FBK/1 in JAFF-0221.
Many thanks for callers and spotters.
時候の良い間にもう少しJAFFアクティベーションをしようと候補地をいろいろ考えました。まだ栃木県の県立自然公園に行ったことがないので、一番近そうな佐野市の唐沢山自然公園、JAFF-0233、にして、昨日、5月25日(金)に行ってみました。
ここは中世の城もあり、城のアワード、WCAでJA-00069のナンバーもあります。
カーナビに従い、東北道から北関東自動車道へ入り、佐野田沼インターで下りて北側から山に上りました。これは後から地図を良く見ると、東北道を佐野スマートインターで下り、南から上る方が良かったかも知れません。
朝はゆっくり出て、山上の駐車場にには1130JSTごろ到着しました。駐車場は山を囲むように細長くなっていて、奥の南側の方が高く、電波の飛びだけから見たら良さそうでしたが、レストハウスがあり、無線の店開きをするにはちょっと気が引けました。中央部は細くなっていて、すぐ背後に山の崖が迫っていますし、到着時には樹木の枝払い作業をしていたので、結局、少し低く下がっていますが、北側の駐車場入り口付近でやりました。そんなことで、位置決めにしばらく時間がかかりました。
車の上にいつもの約6mのVCHバーチカルを立て、1230J、0330UTCごろから7メガで始めました。
あまりコンディションが良くないのか、コールが少なく、44交信に届くのか心配な状況でした。
8N1FBK/1, OP JA1VVH, がJAFF-0221、埼玉県立西秩父自然公園に移動予定でしたので、RBNで探し、7005.5で見付けてP2P、Park to Park の交信をすることができました。
40分くらいやったところで、唐沢山城跡を見に行き、戻ってまた無線を始めたのは04UTCちょっと前でした。
その後、コーヒーブレークを挟んで1740J ごろまでオンエアしました。

18MHzサイズのバーチカルを用意し、06UTCごろから、18、14に出てみました。
フェイスブックのWWFFグループに周波数を投稿しながらやったところ、14でW5の局からコールがありましたが、その後は続きませんでした。18もUA9の局と交信できただけでした。
7でUA0、HLと2局づつ交信したので、海外局は計6交信でした。
総交信数は73局でした。
18Jごろ現地を出て、1945J ごろに帰宅しました。
コールし、またスポットして下さった各局、どうもありがとうございました。

2018年5月18日 (金)

秋川丘陵自然公園移動運用 Portable JAFF-0198

東京都には6ヶ所の都立自然公園があり、秋川丘陵自然公園、JAFF-0198は、その一番西、奥多摩の山地に続くところにあります。
東京都の自然公園位置図のある過去記事

昨日、5月17日(木)は、久しぶりの移動運用で、そこへ行ってみました。
下調べの結果、丘陵の上の高いところには適当な場所がなく、多摩川の支流の秋川に架かる東秋留橋の下の河川敷ならあまり気兼ねなくアンテナが立てられそうだったので、そこにしました。
南側は丘陵、北側は20m近く高い河岸段丘という低いところで、南関東方面へのグラウンド・ウェーブはあまり期待できないところです。
正午過ぎに到着し、7メガ用の逆V型ダイポールをセットして、1240JSTごろからCQを出しました。
Img_akikawa_dp_s
          An inverted V dipole for 40m.
          ジュラルミン・ポールは持って行かなかったので、高さが低く、SWRが高いまま使いました。
          見えている東秋留橋の旧橋(現在、自転車歩行者専用)は、昭和14年完成で、6スパンの鉄筋コンクリートアーチ橋は珍しく、土木学会の選奨土木遺産だそうです。
初めはリバース・ビーコンにも出なくて、コールも少なく、どうなることかと思いました。
午後になってコンディションが良くなってきたようで、何とか44はクリアし、1740JSTごろまでの間にトータルで78交信しました。
Img_3160s
          東秋留橋から運用地を望む。遠くに大岳山が見えている。
          QTH seen from the Higashi-Akiru Bridge over the Aki River.
ハイバンド用にループも上げて、21, 18, 14も少し試しましたが、18でJA2エリア2局とできただけでした。
Img_3180s
コールし、またクラスターにスポットしてくださった各局、どうもありがとうございました。
蒸し暑かったのですが、直射日光はなく、風も無かったので、無線にはまずまずの日でした。
中央道の八王子第2インター利用で、家から片道45kmほどでした。
Img_3167s
          東秋留橋より西、秋川上流方向を望む。河川敷と左(南)側の丘陵地一帯が自然公園。
          Looking upstream toward west. The hilis to the left are in the Akikawa-kyuryo Prefectural Natural Park, Tokyo, JAFF-0198.
Logged 78 contacts operating from JAFF-0198, JCC 1029, Akiruno City, Tokyo, yesterday, May 17.
これで6ヶ所の都立自然公園はすべて行ったことになりますが、用事のついでに寄って4交信だけのところや20交信ほどに留まっているところがあり、食い散らかしたような状態です。
今後、徒歩移動の体制を整えて、追い追い実行し、44交信以上にして、WWFFのアクティベーション・ポイントがもらえるようにしたいと思っています。

2018年5月 8日 (火)

JAFFレファレンスリスト改訂 A Rivision of the JAFF List

一昨日、5月6日(日)は、JAFFホームページのJAFFリストの県立公園部分を改訂しました。
青森県の「赤石渓流暗門の滝県立自然公園」の名称が平成29年3月に「津軽白神県立自然公園」に変更されていたことが、ある局からのメールで判明しましたので、これを修正しました。
この機会を利用して、自然公園名のローマ字表記を点検し、なるべく国立国定公園のやり方に近づけるように直してみました。また、区切り方の間違いやタイプミスも若干あったので、訂正しました。
https://hag00207.wixsite.com/jaff-home/jaff-list
日本の地名、公園名などのローマ字表記には、はっきりした決まりがないので、判断に迷うものもあります。
行政当局がなるべく短く簡潔な名前を付けてくれていたら良かったのですが、なかなかそうも行かなかったようです。
長い公園名の例: 大鰐碇ヶ関温泉郷、瀬波笹川流れ粟島、日本平・三保の松原、高野山町石道玉川峡、吉備路風土記の丘、仏通寺御調八幡宮、三角大矢野海辺

後知恵になりましたけれど、地名のローマ字表記、英語表記については、国土地理院が作成した規程地名集がありますが、単純な地名のみと自然公園の名称とは、単純に同じように考えることはできないと思います。
また、IOTA Directoryでは島のグループの中の個々の島リストではShima や Jima の付かない裸の名前を載せ(RSGB IOTAホームが改訂され、最近このDirectoryが見当たらなくなったよう。)、灯台のリストである海上保安庁の灯台表では、「さき」を実際の用法は無視して、漢字は「埼」、ローマ字は「Saki」 に統一していますが(例: 御前埼、Omae Saki)、これも特別な例かと思います。
Photo
We found that the name of the JAFF-0134, “Akaishikeiryu-Anmon-notaki” Prefectural Natural Park, was changed to “Tsugaru-Shirakami” by the Aomori Prefectural government last year.
The JAFF reference directory was revised to reflect this the day before yesterday.
The Roman character name column of the list was edited also on this opportunity, changing hyphenations and spacing of the prefectural natural park names.
A few typos were also corrected.

2018年4月 1日 (日)

光が丘公園移動運用 Portable Operation at Hikarigaoka Park

日が空いてしまいましたが、3月26日(月)は、移動運用に行きました。
初めは、都立狭山自然公園、JAFF-0199、へ行くつもりでしたが、大事なものを忘れて取りに戻ったところ、年度末の大渋滞に巻き込まれて、時間が遅くなってしまいました。
いったん家で普段の家事などして、11時半ごろにまた出かけ、練馬区の光が丘公園へ行き、公園アワードのPK-10/41を送って、オンエアしてみました。7メガCWで29交信、10メガで1交信でした。
Dsc_1048_1_s_3
 月曜日でしたが、桜が咲いていて、駐車場はこのような込み具合でした。
アンテナは、いつもの釣り竿・VCHコイルのバーチカルで、ちょっと目立ってしまい、子供に「釣り竿?」と聞かれたりしました。
お昼は、左手に200mくらい行ったところの芝生広場の桜に下で、持参のサンドイッチを食べました。
東京23区内に住んでいると、何かと便利ですが、この日は、アマ無線の移動運用には、ハンディキャップのあることを感じました。
 

2018年3月22日 (木)

アマチュア無線の灯台アワード Lighthouse Awards for Radio

昨日は雨で寒い日でしたが、今日、22日(木)は、お昼頃からだいぶん暖かくなり、陽も出て、散歩をしていると汗ばむほどでした。
お堂の公園に自転車を置き、7本の階段ルートを上り下りした後、東の方へ電車で二駅分ほど行ってみました。
歩いていたのは1時間20分ほどかと思います。
無線の方は、昨日、日南海岸国定公園(JAFF-0086)移動のJM6CIP/6局と10MHzで交信したり、細々と続けています。
ところで、当方のブログのアクセス解析によりますと、このところ、ウェブページの
アマ無線の灯台アワード/イベント紹介(未定稿)」へのアクセスがとみに増えています。
おそらく、「日本の灯台150周年記念アワード」というアワードが4月1日からスタートすることの影響かと思います。
海上保安庁もいろいろPRしているようですけれど、今年は、最初の西洋式灯台である観音埼灯台が1868年(明治元年)に起工され、我が国の近代灯台事業が始まって以来、ちょうど150年となります。このアワードはそのことを記念しているとのことです。
初代と2代目の観音崎灯台は、地震で失われ、写真の観音崎灯台は3代目です。
1795084_org_s
             (2008年撮影) Kannon Saki Lighthouse, Kanagawa.
                            ARLHS JPN-227.
                            The construction of the first modern lighthouse in Japan was started here 150 years ago, though the original one was lost by an earthquake.
なお塔が現存している最古の灯台は、品川灯台です。現役は退き、明治村に保存されています。

1794631_org_s             (2006年撮影) The oldest lighthouse tower in Japan preserved in the Meiji Village, Aichi. The Shinagawa Lighthouse was built in 1870.
当方は、アメリカ発のARLHS, Amateur Radio Lighthouse Society のプログラムやILLW, International Lighthouse and Lightship Weekend のイベントに時折参加してきました。
ブログに灯台アワードを紹介するページを置いているのもそのためです。

ただ、ARLHSのルールでは、灯台から原則として1,000m以内からのオンエアを、ILLWでは、灯台の敷地またはこれに隣接する土地からのオンエアを求めていますが、今度のアワードは、灯台所在の市町村内のアマチュア無線局と交信をすれば良いということで、かなり違います。
灯台移動の良さは、岬の近くの景色の良いところで運用することにあると思っています。街道アワードにも同じことがいえますが、市町村区域単位のアワードではちょっと面白味がないのではないかと思っています。もっとも、いずれにしてもこの種の国内アワードは、たぶん移動時に利用させていただくだけで、ホームから追いかけるつもりはありませんからどうでも良いことです。
灯台を対象とした新しい国内アワードの発足で、グローバルなARLHSやILLWにも関心が高まると良いと思っています。
A new JA lighthouse award will be started on April 1 with a list of 150 major lighthouses in Japan.

2018年3月16日 (金)

滝山自然公園移動運用 Portable Operation in Takiyama PNP, JAFF-0194

昨日、3月15日(木)は、暖かな移動運用日和で、昨年11月下旬以来、久しぶりにアウトドアを楽しみました。
ローカルの無線クラブのメンバーで、移動運用をしたいと思って、移動用のポールなどを入手しているけれど、まだ行ったことがないという、自作派ハムの局長を誘い、2人で出かけました。

Went to Takiyama Park, Hachoji City, Tokyo yesterday to activate JAFF-0194, Takiyama Prefectural Nature Park, with a friend, who had not experienced any portable operation.
Logged 23 QSO's on the 40m band. Tried 20 and 17m without success.

行き先は、まだ一度も運用がないJAFF-0194、東京都立滝山自然公園でした。
ここには5年ほど前に、滝山城跡を見に、電車とバスで行っています。ブログ記事
その後観光駐車場が整備されたので、これを使うことにしました。この駐車場は、八王子市の丹木3丁目交差点のそばにあります。
なお、城アワードのWCAでは、滝山城にJA-00202 のナンバーがあり、日本の公園アワードでは、滝山公園に東京都のPK-51 のナンバーがあります。
ただ、同行者宅からのスタートで道順がいつもと違うこともあり、往路の高速道路入り口をうっかり通り過ぎて、調布まで下道を行ったため現地到着が遅れてしまいました。
到着後、7MHzのVCHコイル入り短縮バーチカルで10分ほどだけ運用し、城跡の滝山公園へ歩いて行きました。
多摩川を見下ろす公園の北東の端で、同行局長が実験したアンテナは、10mのメジャーを2個使った7MHzから50MHzまでの8バンド用のダイポールでした。
バラン内蔵でメジャーとの電気的接触を工夫してある給電部は、自作派らしく体裁良くまとめられていて、感服しました。
ただ、メジャーを長く伸ばすと途中で折れて垂れ下がってしまいます。微風状態で自立できたのは24MHzバンドまでで、目算とちょっと違ったとのことでした。
長い波長のバンドは、メジャーの先にロープを付けて、立ち木や東屋の日除けに掛けてワイヤー状にして展張します。

Img_3046s           A dipole antenna made by steel scale measures home brew by JR1BAL.

同行局長は、実験終了後、FT-817から7MHzと50MHzのSSBでしばらくCQを出していましたが、残念ながらコールなしだったようです。
彼の局は、高崎から東京のホームのリグをリモート・コントロールする体制になっており、現地でも、スマホや携帯で、ホームでの受信状況を聞きながらテストしていました。
駐車場に戻って、まず7MHzで少し運用し、次いでWWFFのアジェンダにアナウンスしていた18MHz、14MHzでCQを出しましたが、なにぶん丘と丘の間の谷筋のロケーションですし、コンディションも悪かったようで、コールはありませんでした。
Img_3050s                     A vertical for 14MHz band with a radial extended toward northwest, EU.
                    14MHz用バーチカル。ラジアルはEU方向に張ってあります。
その間、18、14MHzのアンテナのままで、7MHzにも出て、さらに交信の上積みを図りましたが、結局、合計23交信でした。
コールしていただいた各局、ありがとうございました。
ここの駐車場にはトイレもないし、やはり滝山公園の園地からオンエアするのが良さそうですが、園地に上がる道は舗装されていますけれど、初めの部分の傾斜が急で、滑り止めの石ででこぼこしており、プルカートを引っ張るのはたいへんそうです。作戦を考えて、いつかあと21交信をしに行きたいと思います。

Img_3042s           滝山城跡の堀の跡。A moat of the Takiyama Castle, WCA JA-00202.

より以前の記事一覧