Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

2020年3月24日 (火)

小石川植物園 Koishikawa Arboretum

3月22日(日)は、我が家の隊長にお供して、小石川植物園へ出かけました。往路は西武池袋線の東長崎駅まで30分ほど歩き、池袋駅からは地下鉄丸の内線を茗荷谷駅まで乗りました。電車はそれほど混んでいなかったものの、池袋駅の地下道はかなりの人出でしたが、その中を歩く程度では、テレビでいっている警戒するような接触は、あまりないのでしょうか。

Rimg0496s

門から上がる坂の左手に植物園本館があります。かなり高い時計塔があり、昭和初期風のなかなかしゃれた建物です。(昭和14年竣工)

Dsc_1139s高台の上は芝生広場になっていて、チビッ子たちを連れたパパさん、ママさんたちで賑わっていました。 

枝垂れ桜の向うには昨年(2019年)竣工した新しい温室が見えています。東京大学理学部付属の施設ですが、民間からも寄付を募ったそうで、大口(10万円以上)寄付者の名前がステンレスの銘板に刻んで掲示してありました。花の写真の撮影を趣味としている先輩の名前が見えました。この先輩からは、立派な写真集をいただいています。

復路はデパートで買い物をするという隊長と池袋で別れ、西武デパート前からバスで帰りました。

Visited the Koishikawa Arboretum in Bunkyo-ku, Tokyo on Sunday, March 22, with my wife. Many children and their parents were enjoying outdoor lunch on the lawn in front of the new glasshouse. This arboretum is now attached to the University of Tokyo. It used to be the nursery of medical plants for Shogun during the Tokugawa Era.

2020年3月 2日 (月)

武蔵関公園散策 Musashi-Seki Park

新型コロナウイルスの発生と感染範囲拡大にともない、リタイア組の生活にも影響が出てきました。
いくつかの予定していた会合が中止となったほか、2月29日(土)には、西武鉄道の沿線ウォーキングで、高田馬場駅で最初にポイントがもらえるサービス企画なので、出かけたところ、中止でした。当面、3月17日までの企画は取り止めだそうです。ウォーキングはそれほど固まって歩くわけではないので、あまり心配はいらないと思いますが、不要・不急なのはたしかです。
12時30分からローカルの無線クラブの定例ミーティングがあったので、東西線を落合駅で下りて、中野駅近くの会場まで歩きました。
ミーティングは、丸テーブルを囲む大きな会議室がとれていて、出席は7人、ゆったり座れるので、問題のない状況でした。

物置に岩波新書、畑中正一著「現代ウイルス事情 ーインフルエンザからエイズまでー」1992年刊、があったので、この際と思い、読み始めましたが、昔から生物一般、DNA、RNA、らせん構造とかが苦手で、この本も、断片的に分かるところもありますが、残念ながら、全体に霧がかかったような感じです。

なんとか大ごとにならずに早く収束してほしいものです。直接対策に当たっている関係者はたいへんと思いますが、健康に気を付けて、がんばっていただきたいと思います。
アドバイスする専門家と政治・行政の間のコミュニケーションがうまく行っているのか、専門家としての安全サイドの助言(「今が正念場・・・」)と、諸般の事情を十分考慮した対策実施の内容、タイミングとのすり合わせをしてほしいです。学校休校の件は、どうも政治的な事情が優先されたきらいがあるように思います。

昨日、3月1日(日)は、我が家の隊長から散歩にいきましょうというお誘いがあり、武蔵関駅まで下り電車に少し乗って、武蔵関公園へ行き、富士見池のまわりをぐるりと歩きました。
南の端の近くに望遠レンズ着装のカメラを並べて、写真撮影をしている人たちが並んでいました。ほぼ皆中高年で、7-8人はいたでしょうか。カワセミが宿り木にとまっていたり、鳴いて飛び立っていったりしていました。こちらも真似してコンパクトカメラを構えてみましたけれど、あまりうまく撮れません。三脚とか望遠レンズとかを持参しないと、ちゃんとした写真は撮れないようです。

Rimg0472s

Rimg0453s

Rimg0477s

          公園の東側にアンテナが見えていました。

乗った電車は、下りも上りも空いていたのですが、向かいの席の人や近くの人がくしゃみをしたり、咳をしたり、鼻をすすったりすると、まだ大丈夫とは思いながら、なんだか気になります。当分、散歩は徒歩か自転車で行ける範囲にしておこうかと思いました。

2020年2月27日 (木)

「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo

東京には江戸時代に作られた日本庭園がいくつか残っていて、貴重な緑が保たれているとともに、海外に誇れる文化遺産ともなっています。
後楽園、六義園、浜離宮庭園などが有名ですが、あまり知られていない「肥後細川庭園」もなかなか優れたものです。一昨年、2018年の11月にも西武鉄道沿線ウォーキングで立寄りましたが、昨日、2月26日(水)には、この公園をメインとした、池袋駅から高田馬場駅まで約7キロのコースの設定があり、電車賃もあまりかからず、スタート、ゴールとも近くなので、一人で参加してきました。

池袋駅から明治通りを南へ行き、千登世橋で目白通りに上がりました。これを東進して、田中角栄元総理邸の表札を横目に見ながら、目白台運動公園の前を通り、この公園の東側の坂道を下ると肥後細川庭園の西南の端にある正門に着きました。
前のときは池の畔を通り過ぎただけだったので、昨日は北側の斜面の園路をずっと登り、一番高いところまで行ってみました。北東の隅の辺りに台地上にある「永青文庫」に通じる出入り口がありました。この文庫も細川家所有だった文書や文化財を保管し公開しているそうです。まだ行ったことはありません。
地理院地形図で調べてみると、池の辺りの標高が10m、一番高い辺りは27mで、17mの標高差があります。斜面の傾斜も急で、このような台地の斜面をそのまま中取り込んでいるのが、この庭園の特色と思いました。昔は、屋敷は台地の上にあったそうで、庭園は回遊や客人接待用だったかと思われます。

Rimg0430s             池にかかる石橋から台地の方を見たところ。

 

Rimg0432s            前夜からの雨は上がっていましたが、あいにくどんより曇った寒い日でした。雪吊りも今年は出番なしに終わりそうです。

江戸川(神田川)を渡り、新目白通りに出ると、向かい側はリーガロイヤルホテルでした。通りを西に進み、都電の早稲田駅を過ぎたあたりで南へ曲がると右手が甘泉園公園でした。ここも武家屋敷跡の日本庭園です。
公園を一回りして道路へ戻り、早稲田通りまで出てしばらく東南へ進みました。空腹になったので、道沿いの「紅梅」という小料理屋で焼肉丼を食べ、一服しました。
穴八幡宮を回り込んで、馬場下町から諏訪通りを西へ進みました。前にも書いた屋上にアンテナ無しのタワーがある早稲田大学の建物を見ながら都立戸山公園に入りました。この公園は昔の尾張徳川家の下屋敷の一部のようで、不整形ですが、コースマップを頼りに明治通りまで出て、そこからまた戸山公園のJR山手線に近い部分に入り、高田馬場駅の少し南の線路沿いでゴールし、50ポイントをもらいました。所要2時間強だったと思います。

2020年2月25日 (火)

所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park

2月24日(月)は、天皇誕生日振替休日でしたが、西武鉄道の沿線ウォーキングは、新宿線の航空公園駅(所沢駅の次の駅)に行けば先にポイントがもらえる「航空記念公園内のロウバイ探索」というサービス企画だったので、我が家の隊長と一緒に出かけました。実は、22日(土)も、中井駅でポイントもらって、週末に開かれている「染の小道」イベントを自由に見るというサービス企画で、1つの週末に50×2=100ポイントをもらいました。
公園内に入って行くと、広い芝生にポールが立っています。もしかして同好の人ではないかと思いましたが、近づいてみると、ゴム紐飛行機や紙飛行機を飛ばす人たちが、先端にリボンを付けて、吹き流しの代わりにしているのでした。

Rimg0377s

後で分かったのですけれど、公園の中にある航空発祥記念館の売店で、いろいろな種類のゴム飛行機などを売っていて、主にそれを使っているようでした。

Rimg0379s

公園は、元は陸軍の飛行場で、東西に1キロ強あり、南の方は低くなっていて流れや池があります。下の方もまわりながら、往復し、帰途に記念館に入って見物しました。
管理人は昨年の4月に、新所沢駅から所沢駅へのウォーキングの途中で、寄って、中もぐるりと見ていました。隊長は入るのは初めてだそうでした。
展示してある機体は、沿革が関係しているのか、陸上自衛隊のもの、練習機、連絡樹などが多くなっています。
写真は、「会式一号機」(レプリカ)で、我が国最初の飛行場である所沢飛行場を初めて飛んだフランス製のアンリ・ファルマン機をベースに、当時の関係者が改良した国産第一号の飛行機だそうです。

Rimg0401s

ロウバイの方は、それほど大きな園地ではなく、しかも暖冬のためにもう盛りをずっと過ぎていて、レポートするほどのものではありませんでした。もう春のような暖かい日で、記念館のレストランの屋外テーブルで昼食をとって帰りました。

 

2020年2月20日 (木)

空堀川・野火止用水ウォーキング Walking along the Nobidome Yosui

一昨日の夜には会合があったので、昨日は、ウォーキングがあることを朝に我が家の隊長にいわれて思い出しました。10時45分までのスタート受付時間時間に間に合うかちょっと厳しかったのですが、ともかく出かけることにし、なんとか滑りこめました。隊長は予定があり、一人での参加でした。
西武鉄道は西の方へ行くと、小平駅辺りから支線がいくつか存在していて、なかなか覚えられません。
昨日のコースは、小川駅スタートということでしたが、何線だったかすぐに思い出せませんでした。路線図を見ると、小平駅の次の萩山駅から分岐している拝島線の一つ目で、国分寺線と接続している駅でした。
この駅から少し北上し、西武多摩湖線の高架下から線路の北側に並行している多摩湖自転車歩行者道を西へ向かいました。途中からトイレに行くために線路の南側の都立東村山中央公園に寄りました。大きな雑木林や芝生がある東西に細長くて広い公園でしたので、本来のコースからはずれて公園の中を西へ進みました。

Rimg0363s

都立東村山西高校の先で新青梅街道に出ました。街道の向う側に空堀川が見えていました。
街道はほんの少し歩いただけで、南へ通じる富士見緑道(玉川上水から東村山浄水場への暗渠導水路の上で送電線の下)の道を進みました。

最後に500メートル強ほど野火止用水に沿う遊歩道を歩いて、同じ西武拝島線の二つ目の東大和市駅でゴールインでした。
調子はあまり良くありませんでしたが、6キロなので、なんとか問題なくゴールインしました。
もっとも、東村山中央公園で、土の道を選んでしばらく歩いたところ、木の根につまずいてばったり前に倒れてしまい、両手だけでなく、胸と腹まで地面についてしまいました。もう少し手の出るのが遅かったら、顔面も土についたかもしれず、危いところでした。一人でコースをはずれて歩くのは止めた方が良い年齢なのかも知れません。

Walked about 6km from the Ogawa Station to the Higashiyamato Station of the Seibu Haijima Line yesterday, Friday, Feb. 19.
Went through the Higashimurayama Central Park (photo).

 

2020年2月14日 (金)

虎の門付近の変貌 Changing Scapes around Toranomon, Tokyo

昨日、2月13日(木)は、昼に神谷町に予定があって出かけ、帰路に虎の門まで歩いてみました。神谷町から虎の門にかけての変貌ぶりには目を見張りました。ちょうど中ほどに、52階だかの大きなビルができています。道路からエスカレーターで上がれる2階部分の西側はオープン・スペースになっています。

                                                      虎の門ヒルズ・ビル "Toranomon Hills" Building

Dsc_1034s               

Dsc_1035s

The neghborhood of Toranomon, the Gate of the Tiger of the hisotorc Edo Castle, has been rennovated very much recently. The 52 story "Toranomon Hills" building is at its center. 

2020年2月 7日 (金)

石神井公園のヌマスギ Swamp Cypress

2月2日(日)は、久しぶりに我が家の隊長と外出しました。隊長からのお誘いで、西武池袋線練馬駅まで自転車で行き、石神井公園の石神井池、三宝寺池のほとりを散歩しました。三宝寺池の北側にあるヌマスギ、学名Taxiodium distichum の近くのベンチで休憩しました。

Rimg0321s 
北米原産の落葉針葉樹で、ヒマラヤスギとともに公園に植えられたものです。 暖かく穏やかな日で、のんびり散策し、石神井公園駅の近くの"Mia Bocca"(意味は「私の口」)というイタリアンの店でランチを食べて帰宅しました。

 

 

 

 

 

 

2020年1月30日 (木)

小平市街並みウォーク Walking in Kodaira City, Tokyo

ブログへの投稿が間延びしてしまいました。1月は、上旬に続いて、下旬も良く歩いています。
24日(金)は、北烏山から京王井の頭線の富士見ヶ丘駅を経由して、荻窪駅まで歩きました。翌25日(土)は、この際、ついでに杉並区の北東部を歩いてしまおうと思い立ち、西武新宿線の下井草駅から南へ歩き、早稲田通りを通り越し、日大二高の南側をまわって下井草駅に戻りました。行ってから現地でここには来たことがあると思い出しました。3年前に古代の乗瀦駅の場所がどこかということから、杉並区天沼界隈を歩きましたが、その近くの場所でした。
ブログに書こうと思う内に、あれこれあって書きそびれ、昨日、29日(水)は、西武鉄道沿線ウォーキングのイベントで、「小平熊野宮『夫婦ケヤキ』を訪ねる!」というものがあったので、一人で参加してきました。

Cimg0369s

                    The Zelkova tree couple at the Kumano Shrine, Kodaira.
この神社には以前にも来たことがあります。

ここからさらに南へ進み、玉川上水の喜平橋に出てから上水沿いを東へ行きました。2.5キロほど進んだところで、少し南の低まったところへ行くと、「浴恩館公園」があり、昭和の初め頃に下村湖南が「次郎物語」の中で描いた青年教育に携わった浴恩館が残っていました。欅の木立に囲まれた、禁欲的な雰囲気があるところで、冬でもあり、何かと厳しいことが多かった戦前昭和期の時代の空気が感じられるようでした。
この辺りは小金井市になっていて、館内には小金井の郷土史資料館のような展示がありました。

平右衛門橋で玉川上水を北へ渡ると小金井公園で、真直ぐ北へ進むと左手に小金井カントリー倶楽部の塀がありました。北の端からグリーンとパッティングをしている人影が見えました。コースのレイアウトを見ると12番のショートホールのグリーンのようで、ここがゴルフ場の東北の端になります。

Koganei-cc 
                                        The 12th hole green of the Koganei Country Club.

昨年末からずっと休んでいたプールに、1月ぶりくらいに前日の火曜日に行って、バタ足をしたので、その疲れが取り切れておらず、歩き始めは脚が重くて進みませんでしたが、20-30分ほど歩いて温まって来ると、それほど苦しくは無くなってきました。それでもゴールしたときにはずいぶん疲れを感じました。

 

2020年1月22日 (水)

新宿山ノ手七福神めぐり Walking to Kagurazaka

現在の東京都新宿区は、戦前の35区制のもとでは、四谷区、牛込区、淀橋区の3つに分かれていました。牛込区は、その東側を江戸城外堀の北西部と江戸川(神田川)に囲まれ、西側はおおむね明治通り、環状5号線のあたりまででした。
神楽坂は、その東端近く、外堀沿いから北西方向へ台地に登る坂です。坂の上に近い辺りの南側に¥鎮護山善国寺という寺があり、その中に毘沙門天が鎮座していますが、1月19日(日)は、西武新宿駅をスタートし、この毘沙門天まで行って、高田馬場駅まで歩いてきました。
例によって、西武鉄道のウォーキングの企画で、「新宿山ノ手七福神めぐり」と名付けられていました。
昨年も同じ企画があり、我が家の隊長と参加しましたが、(ブログ記事) 今回は隊長には別の予定があったので、一人での参加でした。
距離が12キロということでしたが、前半は昨年にまわったのである程度近道して、七福神のうちの3つ目までは省略しました。その代わり、昨年のように途中からの近道はぜず、4つ目の福禄寿、5つ目弁財天、6つ目大黒天とまわりました。
大黒天は、都営地下鉄大江戸線の牛込柳町駅のそばにある大乗山経王寺という寺にありました。

Img_5131s
7番に上の神楽坂の毘沙門天をまわり、早稲田通りを進んで高田馬場駅へ到着しました。途中、赤城神社や早稲田大学構内へ少し寄り道したので、10キロくらいは歩いたかと思います。

大部分は台地の上でしたが、一部で低いところに下りることもあり、脚で歩くと、地形が分かります。
スタートから1.5キロくらいのところに西向天神社という神社がありましたが、そこは、文字通り西側が低くなり、遠くまで見渡せました。

Img_5146s
神楽坂の坂上の北側にある赤城神社も北や西が見渡せる高台にありました。
コースの終盤に穴八幡宮のそばを通りましたが、向こうに早稲田大学理工学部の校舎が見えていて、クラブ局のタワーが見えました。以前にも書いたかと思いますが、一度活動休止となったようで、現在はアンテナが載っていません。(JH1YDTの免許は生きているようです。)

Img_5151s
神楽坂で昼食ができればと思って、探しながら歩きましたが、1軒は値段が高く、もう1軒は前菜にこだわっていますと書いてあるので、お腹が空きそうに見え、結局弁天町あたりで見つけた中華の店で済ませました。


2020年1月 7日 (火)

雑司が谷七福神めぐり The New Year Pilgrimage of the Seven Temples at Zoshigaya, Toshima-ku

新年ももう7日となりました。
遅まきながら、明けましておめでとうございます。

一昨日、5日(日)は、今年最初の西武鉄道沿線ウォーキングで、雑司が谷の七福神をまわりました。
池袋駅をスタートして、大黒天のいる雑司が谷鬼子母神(本来は鬼の字には上の点がありません)から大鳥神社の恵比寿をお参りしました。この二ヶ所は前に来たことがありました。(2018年9月19日記事
そこから都電荒川線を東南へ横切り、台地の南裾をまわっている雑司が谷弦巻通りを進むと、左手の台地の上に毘沙門天のいる清立院がありました。階段を登って本堂の脇に出ると、新宿方面が良く見えていました。

Rimg0282s                     Looking south toward Shinjuku from the Seiryuin Temple (Bishamon-ten).

店舗、戸建て住宅、アパートなどが混然としている通りを進んで、大通りに出ると、不忍通りでした。そこからは、逆にちょっと下がった谷底のようなところに、吉祥天の清土鬼子母神がありました。大通りに戻ると、すぐ先に護国寺西交差点があり、護国寺を横から見る場所でした。
そこがコースの東の端で、そこからしばらく北西方向に首都高速の下を進みました。
登り坂を上がり切ったあたりは、左手が雑司ヶ谷霊園という墓地になっているのですが、その北側を池袋駅方面へ進みました。
このように繁華街に近いところに墓地があることは知りませんでした。
途中でまた都電荒川線を横切りますが、踏切の左右には対角線上の形で雑司ヶ谷駅がありました。下の写真は早稲田行が来たところです。

Rimg0295s                     The Zoshigaya tram station with a tram bound for Waseda stopping.

池袋駅までもう少し、500メートルくらいのところで、細い小路を南に下っていくと法明寺というかなり大きなお寺があり、その参道沿いに観観院・弁財天がありました。ここは、鬼子母神から北に100メートルくらいしか離れていません。
もとの通りに戻って、さらに池袋駅の東側の繁華街にほとんど飲み込まれている布袋尊と仙行寺・福禄寿にお参りし、ました。
コースは約6キロとのことでしたが、家から東長崎駅まで2キロも歩いたので、久しぶりに良い運動になりました。
大鳥神社までは我が家の隊長と一緒でしたが、用事があって新宿に行くとのことで、途中で別れました。

駅の近くの博多ラーメン店、一風堂でブラックタンメンというイカ墨と黒胡麻でスープが真っ黒なものを味わって、駅の東口前の明治通りからバスで帰宅したのですが、そこに帽子を置き忘れてしまい、もう一度池袋まで取りに戻るはめになりました。
新年早々、忘れ物で、先が思いやられる歩き初めでした。

 

より以前の記事一覧