2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2013年6月29日 (土)

イタスペ戦 Spain vs. Italy, FIFA Confederations Cup, 2013

昨日の朝は前の晩に少しアルコールを口にしたせいか、4時前に目が覚めたので、TVでコンフェデレーション・カップのスペイン対イタリア戦を観戦しました。白熱した好ゲームで堪能しました。今回、日本チームは、案の定というか、イタリア戦以外はほとんど良いところなく負けてしまいました。個人技の差をベースとした地力の差がまだあると思います。サッカーは、そのときの風の吹き回しで番狂わせもあるので、面白いのでしょうけれど。
日本対イタリア戦では、日本がかなり良い試合をしたので、力の差は小さいように見えましたが、スペインとの戦い方を見ていると、ほんとうの実力の差はだいぶんあるように感じました。もしかしたらザッケローニ監督に敬意を表して、本気で日本の弱点をついてこなかったのかも知れません。
サッカーのテレビ観戦はなんとなく癖になり、かなり良く見ています。ワールド・カップのアメリカ大会のころからのように思います。
スタジアムに行くことは原則としてありませんが、11年前の2002年の日本・韓国開催のワールド・カップは、一生にもう無い機会だろうということと、切符が手に入りにくいということで、いささかムキになって、面白そうな(あるいは行きやすそうな)割に競争率が低そうな試合に狙いをつけ、あちこちの電話を動員して申し込んだら、3試合も当たってしまい、全部出かけて行きました。おかげで切符代と旅費で大散財をしてしまいました。
行ったのは、クロアチア・メキシコ(新潟、日帰りバス)、カメルーン・サウジアラビア(埼玉、電車)、イタリア・メキシコ(大分、飛行機)で、息子と行ったり、連れあいと行ったりでしたが、家の中では、試合のカードを縮めて、それぞれ「クロメキ」、「カメサウジ」、「イタメキ」と呼んでいたので、そのやり方でタイトルを縮めました。当時の大分での試合でも、イタリアの正確なロング・キックを使った速攻が印象的でしたし、メキシコはフォワードのヘッディング・シュートが素晴らしかったのを覚えています。11年ほど経っても、やはりナショナル・チームの特色は受け継がれているようです。

メキシコの試合を2回見ましたが、メキシコ人サポーターが多く、賑やかで、盛り上がっていて、なるほどワールド・カップの雰囲気とはこういうものなのかと納得でした。

I watched the live TV broadcasting of the football game, Spain vs. Italy, FIFA Confederations Cup, Brazil, early morning hours local time, yesterday. The game was a draw after 120 minutes, and Spain won the shootouts. The game was very interesting probably because the performance of the Italian team was better than expected.