Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 空堀川・野火止用水ウォーキング Walking along the Nobidome Yosui | トップページ | 「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo »

2020年2月25日 (火)

所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park

2月24日(月)は、天皇誕生日振替休日でしたが、西武鉄道の沿線ウォーキングは、新宿線の航空公園駅(所沢駅の次の駅)に行けば先にポイントがもらえる「航空記念公園内のロウバイ探索」というサービス企画だったので、我が家の隊長と一緒に出かけました。実は、22日(土)も、中井駅でポイントもらって、週末に開かれている「染の小道」イベントを自由に見るというサービス企画で、1つの週末に50×2=100ポイントをもらいました。
公園内に入って行くと、広い芝生にポールが立っています。もしかして同好の人ではないかと思いましたが、近づいてみると、ゴム紐飛行機や紙飛行機を飛ばす人たちが、先端にリボンを付けて、吹き流しの代わりにしているのでした。

Rimg0377s

後で分かったのですけれど、公園の中にある航空発祥記念館の売店で、いろいろな種類のゴム飛行機などを売っていて、主にそれを使っているようでした。

Rimg0379s

公園は、元は陸軍の飛行場で、東西に1キロ強あり、南の方は低くなっていて流れや池があります。下の方もまわりながら、往復し、帰途に記念館に入って見物しました。
管理人は昨年の4月に、新所沢駅から所沢駅へのウォーキングの途中で、寄って、中もぐるりと見ていました。隊長は入るのは初めてだそうでした。
展示してある機体は、沿革が関係しているのか、陸上自衛隊のもの、練習機、連絡樹などが多くなっています。
写真は、「会式一号機」(レプリカ)で、我が国最初の飛行場である所沢飛行場を初めて飛んだフランス製のアンリ・ファルマン機をベースに、当時の関係者が改良した国産第一号の飛行機だそうです。

Rimg0401s

ロウバイの方は、それほど大きな園地ではなく、しかも暖冬のためにもう盛りをずっと過ぎていて、レポートするほどのものではありませんでした。もう春のような暖かい日で、記念館のレストランの屋外テーブルで昼食をとって帰りました。

 

« 空堀川・野火止用水ウォーキング Walking along the Nobidome Yosui | トップページ | 「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空堀川・野火止用水ウォーキング Walking along the Nobidome Yosui | トップページ | 「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo »