Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park | トップページ | 武蔵関公園散策 Musashi-Seki Park »

2020年2月27日 (木)

「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo

東京には江戸時代に作られた日本庭園がいくつか残っていて、貴重な緑が保たれているとともに、海外に誇れる文化遺産ともなっています。
後楽園、六義園、浜離宮庭園などが有名ですが、あまり知られていない「肥後細川庭園」もなかなか優れたものです。一昨年、2018年の11月にも西武鉄道沿線ウォーキングで立寄りましたが、昨日、2月26日(水)には、この公園をメインとした、池袋駅から高田馬場駅まで約7キロのコースの設定があり、電車賃もあまりかからず、スタート、ゴールとも近くなので、一人で参加してきました。

池袋駅から明治通りを南へ行き、千登世橋で目白通りに上がりました。これを東進して、田中角栄元総理邸の表札を横目に見ながら、目白台運動公園の前を通り、この公園の東側の坂道を下ると肥後細川庭園の西南の端にある正門に着きました。
前のときは池の畔を通り過ぎただけだったので、昨日は北側の斜面の園路をずっと登り、一番高いところまで行ってみました。北東の隅の辺りに台地上にある「永青文庫」に通じる出入り口がありました。この文庫も細川家所有だった文書や文化財を保管し公開しているそうです。まだ行ったことはありません。
地理院地形図で調べてみると、池の辺りの標高が10m、一番高い辺りは27mで、17mの標高差があります。斜面の傾斜も急で、このような台地の斜面をそのまま中取り込んでいるのが、この庭園の特色と思いました。昔は、屋敷は台地の上にあったそうで、庭園は回遊や客人接待用だったかと思われます。

Rimg0430s             池にかかる石橋から台地の方を見たところ。

 

Rimg0432s            前夜からの雨は上がっていましたが、あいにくどんより曇った寒い日でした。雪吊りも今年は出番なしに終わりそうです。

江戸川(神田川)を渡り、新目白通りに出ると、向かい側はリーガロイヤルホテルでした。通りを西に進み、都電の早稲田駅を過ぎたあたりで南へ曲がると右手が甘泉園公園でした。ここも武家屋敷跡の日本庭園です。
公園を一回りして道路へ戻り、早稲田通りまで出てしばらく東南へ進みました。空腹になったので、道沿いの「紅梅」という小料理屋で焼肉丼を食べ、一服しました。
穴八幡宮を回り込んで、馬場下町から諏訪通りを西へ進みました。前にも書いた屋上にアンテナ無しのタワーがある早稲田大学の建物を見ながら都立戸山公園に入りました。この公園は昔の尾張徳川家の下屋敷の一部のようで、不整形ですが、コースマップを頼りに明治通りまで出て、そこからまた戸山公園のJR山手線に近い部分に入り、高田馬場駅の少し南の線路沿いでゴールし、50ポイントをもらいました。所要2時間強だったと思います。

« 所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park | トップページ | 武蔵関公園散策 Musashi-Seki Park »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park | トップページ | 武蔵関公園散策 Musashi-Seki Park »