Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

「肥後細川庭園」ほかウォーキング Walking around the Higo Hosokawa Garden, Bunkyo-ku, Tokyo

東京には江戸時代に作られた日本庭園がいくつか残っていて、貴重な緑が保たれているとともに、海外に誇れる文化遺産ともなっています。
後楽園、六義園、浜離宮庭園などが有名ですが、あまり知られていない「肥後細川庭園」もなかなか優れたものです。一昨年、2018年の11月にも西武鉄道沿線ウォーキングで立寄りましたが、昨日、2月26日(水)には、この公園をメインとした、池袋駅から高田馬場駅まで約7キロのコースの設定があり、電車賃もあまりかからず、スタート、ゴールとも近くなので、一人で参加してきました。

池袋駅から明治通りを南へ行き、千登世橋で目白通りに上がりました。これを東進して、田中角栄元総理邸の表札を横目に見ながら、目白台運動公園の前を通り、この公園の東側の坂道を下ると肥後細川庭園の西南の端にある正門に着きました。
前のときは池の畔を通り過ぎただけだったので、昨日は北側の斜面の園路をずっと登り、一番高いところまで行ってみました。北東の隅の辺りに台地上にある「永青文庫」に通じる出入り口がありました。この文庫も細川家所有だった文書や文化財を保管し公開しているそうです。まだ行ったことはありません。
地理院地形図で調べてみると、池の辺りの標高が10m、一番高い辺りは27mで、17mの標高差があります。斜面の傾斜も急で、このような台地の斜面をそのまま中取り込んでいるのが、この庭園の特色と思いました。昔は、屋敷は台地の上にあったそうで、庭園は回遊や客人接待用だったかと思われます。

Rimg0430s             池にかかる石橋から台地の方を見たところ。

 

Rimg0432s            前夜からの雨は上がっていましたが、あいにくどんより曇った寒い日でした。雪吊りも今年は出番なしに終わりそうです。

江戸川(神田川)を渡り、新目白通りに出ると、向かい側はリーガロイヤルホテルでした。通りを西に進み、都電の早稲田駅を過ぎたあたりで南へ曲がると右手が甘泉園公園でした。ここも武家屋敷跡の日本庭園です。
公園を一回りして道路へ戻り、早稲田通りまで出てしばらく東南へ進みました。空腹になったので、道沿いの「紅梅」という小料理屋で焼肉丼を食べ、一服しました。
穴八幡宮を回り込んで、馬場下町から諏訪通りを西へ進みました。前にも書いた屋上にアンテナ無しのタワーがある早稲田大学の建物を見ながら都立戸山公園に入りました。この公園は昔の尾張徳川家の下屋敷の一部のようで、不整形ですが、コースマップを頼りに明治通りまで出て、そこからまた戸山公園のJR山手線に近い部分に入り、高田馬場駅の少し南の線路沿いでゴールし、50ポイントをもらいました。所要2時間強だったと思います。

2020年2月25日 (火)

所沢航空記念公園 Tokorozawa Aviation Park

2月24日(月)は、天皇誕生日振替休日でしたが、西武鉄道の沿線ウォーキングは、新宿線の航空公園駅(所沢駅の次の駅)に行けば先にポイントがもらえる「航空記念公園内のロウバイ探索」というサービス企画だったので、我が家の隊長と一緒に出かけました。実は、22日(土)も、中井駅でポイントもらって、週末に開かれている「染の小道」イベントを自由に見るというサービス企画で、1つの週末に50×2=100ポイントをもらいました。
公園内に入って行くと、広い芝生にポールが立っています。もしかして同好の人ではないかと思いましたが、近づいてみると、ゴム紐飛行機や紙飛行機を飛ばす人たちが、先端にリボンを付けて、吹き流しの代わりにしているのでした。

Rimg0377s

後で分かったのですけれど、公園の中にある航空発祥記念館の売店で、いろいろな種類のゴム飛行機などを売っていて、主にそれを使っているようでした。

Rimg0379s

公園は、元は陸軍の飛行場で、東西に1キロ強あり、南の方は低くなっていて流れや池があります。下の方もまわりながら、往復し、帰途に記念館に入って見物しました。
管理人は昨年の4月に、新所沢駅から所沢駅へのウォーキングの途中で、寄って、中もぐるりと見ていました。隊長は入るのは初めてだそうでした。
展示してある機体は、沿革が関係しているのか、陸上自衛隊のもの、練習機、連絡樹などが多くなっています。
写真は、「会式一号機」(レプリカ)で、我が国最初の飛行場である所沢飛行場を初めて飛んだフランス製のアンリ・ファルマン機をベースに、当時の関係者が改良した国産第一号の飛行機だそうです。

Rimg0401s

ロウバイの方は、それほど大きな園地ではなく、しかも暖冬のためにもう盛りをずっと過ぎていて、レポートするほどのものではありませんでした。もう春のような暖かい日で、記念館のレストランの屋外テーブルで昼食をとって帰りました。

 

2020年2月20日 (木)

空堀川・野火止用水ウォーキング Walking along the Nobidome Yosui

一昨日の夜には会合があったので、昨日は、ウォーキングがあることを朝に我が家の隊長にいわれて思い出しました。10時45分までのスタート受付時間時間に間に合うかちょっと厳しかったのですが、ともかく出かけることにし、なんとか滑りこめました。隊長は予定があり、一人での参加でした。
西武鉄道は西の方へ行くと、小平駅辺りから支線がいくつか存在していて、なかなか覚えられません。
昨日のコースは、小川駅スタートということでしたが、何線だったかすぐに思い出せませんでした。路線図を見ると、小平駅の次の萩山駅から分岐している拝島線の一つ目で、国分寺線と接続している駅でした。
この駅から少し北上し、西武多摩湖線の高架下から線路の北側に並行している多摩湖自転車歩行者道を西へ向かいました。途中からトイレに行くために線路の南側の都立東村山中央公園に寄りました。大きな雑木林や芝生がある東西に細長くて広い公園でしたので、本来のコースからはずれて公園の中を西へ進みました。

Rimg0363s

都立東村山西高校の先で新青梅街道に出ました。街道の向う側に空堀川が見えていました。
街道はほんの少し歩いただけで、南へ通じる富士見緑道(玉川上水から東村山浄水場への暗渠導水路の上で送電線の下)の道を進みました。

最後に500メートル強ほど野火止用水に沿う遊歩道を歩いて、同じ西武拝島線の二つ目の東大和市駅でゴールインでした。
調子はあまり良くありませんでしたが、6キロなので、なんとか問題なくゴールインしました。
もっとも、東村山中央公園で、土の道を選んでしばらく歩いたところ、木の根につまずいてばったり前に倒れてしまい、両手だけでなく、胸と腹まで地面についてしまいました。もう少し手の出るのが遅かったら、顔面も土についたかもしれず、危いところでした。一人でコースをはずれて歩くのは止めた方が良い年齢なのかも知れません。

Walked about 6km from the Ogawa Station to the Higashiyamato Station of the Seibu Haijima Line yesterday, Friday, Feb. 19.
Went through the Higashimurayama Central Park (photo).

 

2020年2月17日 (月)

近所の散歩 Walking in My Neighborhood

このところ、何の外出予定もない日は、運動不足にならないように、家から往復30分から1時間ほどの近所を散歩するようにしています。
おおまかには東西南北とその間の8方向ほどの道から選びますが、さらに先の方で細かいバリエーションを付けられるので、同じところに行くのはおおむね2週に1回くらいでしょうか。

一昨日、2月14日(土)は、西南の方に向かいました。小学校があり、その裏あたりまで行くと30分くらいです。前に気が付いて、ときどき見ていた、ルーフタワーにHFの八木ビームを2つ上げているお宅が近いことを思い出し、その道へ行ってみました。コールサインも、場所から調べて、JR1xxxと分かっていて、CWは聞いたことがありませんでしたが、いつだったかペディションで珍局が出たときに、フォーンでコールされているのを聞いたことはありました。
前はだいぶん離れたところからでもすぐに目に付いたのですが、見当たらないので、お宅の前まで行くと、前に工事用のバンが1台止まっており、屋根の上に人が1人上がって、アンテナ撤去をほぼ終わったところでした。吊りおろし用のロープが家の前のカーポートに下がっていて、それを持って上を見上げている人がいたので、ちょっと声をかけてみたところ、その方がオーナーのNさんでした。
話しによると、20年前に上げてだいぶんDXもやったけれど、この5年ほどはQRTされていて、昨年の台風で危険を感じたので、下ろすことにされたそうです。
ローカル局が設備縮小に向かわれるのは、ちょっと残念ですが、寿命などもろもろのご事情があるでしょうから止むを得ません。
そのときは名刺も何も持たなかったので、帰宅後、メールを差し上げ、自己紹介の補足をし、すぐに返信をいただきました。
今後は、移動運用など別の形で再開しようかと思っているし、1.2GHzのアンテナも残っているとのことです。
古いリグの修理などもして、楽しまれているようなので、今後、ローカルとして、どこかのバンドでラグチューなどのお付き合いをお願いできればと思っています。

 

2020年2月14日 (金)

虎の門付近の変貌 Changing Scapes around Toranomon, Tokyo

昨日、2月13日(木)は、昼に神谷町に予定があって出かけ、帰路に虎の門まで歩いてみました。神谷町から虎の門にかけての変貌ぶりには目を見張りました。ちょうど中ほどに、52階だかの大きなビルができています。道路からエスカレーターで上がれる2階部分の西側はオープン・スペースになっています。

                                                      虎の門ヒルズ・ビル "Toranomon Hills" Building

Dsc_1034s               

Dsc_1035s

The neghborhood of Toranomon, the Gate of the Tiger of the hisotorc Edo Castle, has been rennovated very much recently. The 52 story "Toranomon Hills" building is at its center. 

2020年2月12日 (水)

四ツ谷から千駄ヶ谷へウォーキング Walking from Yotsuya to Sendagaya

周知のように、今年の夏の東京オリンピックのマラソンは札幌開催になってしまい、コースも幻のコースになってしまいました。昨日、2月11日(火)の西武鉄道のウォーキングイベントは、それに便乗したのか、もともとの企画を名称変更したのか不明ですけれど、「『2020幻のマラソン』名所をたどる!」というもので、高田馬場駅で先にポイントをもらい、JR千駄ヶ谷駅から皇居の二重橋前まで約9キロを歩くのが推奨コースでした。
我が家の隊長と管理人は、久しぶりに一緒に行こうということになりましたが、3-4日前に寒い中を1時間ほど歩いたら翌朝喉がいがらっぽくなったので、大幅にコースを縮め、かつ変更し、JR四ツ谷駅から千駄ヶ谷駅まで歩くことにして、マラソンコースの外堀通り・靖国通りは通らず、新宿通りを西へ行くことにしました。
Rimg0332s                      四ツ谷見附橋の橋灯。大正2年(1913年)架橋、平成3年(1991年)大改修。
                                                           Yotsuya-mitsuke Bridge.

日当たりの良い新宿通りの北側を進むと「八竹」(はちく)という大阪寿司の店があり、隊長が有名店だがデパート地下にはあまりないというので、土産に茶巾寿司を2つ買いました。外苑東通りと交差する四谷三丁目の角には四谷消防署と消防博物館があり、ちょうど11JSTで、定時だけに出て来る消防士の人形が出ていたので、写真を撮りました。

はじめは四谷四丁目から左(南)に曲がって、マラソンコースの外苑西通りを行くつもりでしたが、ここも、1本手前の車の少ない道に入ってみました。しばらく進むと、慶応大学医学部の教室や研究所などが多数建っているエリアになりました。JR信濃町駅の西側に慶応病院があるのは知っていましたが、その背後一帯にこのような広いキャンパスがあるとはまったく知らず、驚きました。

Rimg0341s                   車寄せに「慶応大学医学部予防医学教室」と旧字体で表示されています。昭和初期くらいの建築でしょうか。Medical School, Keio University.

この道は、そのままJR中央線・総武線の上の跨線橋に続いていて、これを渡ると明治神宮外苑に入りました。

Rimg0347s                   国立競技場。右は新宿方面。まだ植栽作業が続いているようです。
                                                   National Stadium almost ready for the upcoming Olympic Games.

千駄ヶ谷駅の近くに前に入ったことがあるレストランがあったので、そこを当てにしていたのですが、行ってみると、どうも入っていたビルが建て替えのために取り壊し中でした。少し南の鳩森神社の近くまで行き、大衆食堂のような店で、隊長はハンバーグ、管理人はオムライスを食べ、さらにドトールでコーヒーを飲んでから帰宅しました。

途中、新宿通りの反対側に4エレメントのクワッドという大きなアンテナを見付けました。横断歩道を渡って近寄ってみたのですが、建物と小公園の樹の陰であまり良く見えませんでしたけれど、陽を受けて光っているスプレッダーが印象的でした。
ネットで見てみると、どうもその道では有名な方のものと見当が付きました。管理人と中学・高校同学年でDXCC H.R.のT君が、山手線の中では自分のアンテナが最大だと自賛していましたが、タイプが違うので単純比較できませんけれど、良い勝負かも知れません。このところの東京西部の住宅地散策ではお目にかからなかったような大きなアンテナに、ずっと都心に近いところで出会ったのも驚きでした。

2020年2月 7日 (金)

石神井公園のヌマスギ Swamp Cypress

2月2日(日)は、久しぶりに我が家の隊長と外出しました。隊長からのお誘いで、西武池袋線練馬駅まで自転車で行き、石神井公園の石神井池、三宝寺池のほとりを散歩しました。三宝寺池の北側にあるヌマスギ、学名Taxiodium distichum の近くのベンチで休憩しました。

Rimg0321s 
北米原産の落葉針葉樹で、ヒマラヤスギとともに公園に植えられたものです。 暖かく穏やかな日で、のんびり散策し、石神井公園駅の近くの"Mia Bocca"(意味は「私の口」)というイタリアンの店でランチを食べて帰宅しました。

 

 

 

 

 

 

2020年2月 1日 (土)

埼玉県立上武自然公園移動運用 Activation of JAFF-0217, Jobu PNP, Saitama

アマチュア無線の移動運用は昨年9月以来ずっとしていませんでした。どうも女子ゴルフのTV観戦やウォーキングでお留守になったかも知れません。
今週の木曜は冬とは思えない暖かな好天の日だったので、久しぶりにバッテリーの充電などある程度の用意をしました。
昨日、31日金曜日は、朝の様子で、寒くなったとはいえ、雲もない良い天気だったので、出かけることにしました。

移動候補地としては、中央自動車道や青梅街道方面の44交信未達のレファレンスも考えましたが、今年になって別の用で中央道を八王子まで走ったので、目先を変えて、家からは行きやすい関越道方面とし、本庄児玉ICから行ける、JAFF-0217、埼玉県立上武自然公園の区域内の児玉郡神川町、金鑚(かなさな)神社境内にしました。

特に早起きもせず、また、一昨日までに完全な仕度ができておらず、ガソリンの給油や細々した物の積み込みなどを当日になってしたので、目的地に向かって主発したのは0900JSTを過ぎていました。
JCGナンバーの確認なども、途中の高坂SAでしたので、到着したのは11時過ぎ、まずお神社にお参りをしてから設営をし、電波が出たのはちょうど12時ごろになってしまいました。

写真は、神社の参道から駐車場を見たところです。5-6台用の小さな駐車場ですが、平日なので支障はありませんでした。
アンテナは、少し遠慮して、いつもの5.4mの釣り竿は使わず、3.6mの釣り竿にしました。
Img_5187s
北東方向に流れる小川の谷の中で、ロケーションはあまり良くありませんでしたが、ローバンドではあまり制約にならなかったようです。現地の標高は約180m、山地と平地の境目で、インターからずっと平地を走って、少し登りはじめたと感じたところに、神社の大鳥居がありました。
風の強い日でしたけれど、運用地は山に遮られて風が吹かず、良い具合でした。

昼食とハイキングの2回の中断を挟んで、1515Jまでに74交信をログできました。
交信数宇が30台の後半からコールが少なくなり、ラインのJAFFグループに助けを求めようかとスマホで準備をしながらCQを出していましたが、40を超えたころからコールが続くようになり、順調に交信数が伸びたので、幸運でした。
1局だけ10メガで、あとは7メガCWでした。コール、クラスターアップなどしてくださった各局、どうもありがとうございました。

1515Jころまで運用し、急いで撤収して、17J前には帰宅しました。

金鑚神社は武蔵国の二の宮で、ご神体の鏡などが無く、拝殿の背後の山がご神体という珍しい神社だそうです。そのような神社は他には奈良県の大神(おおみわ)神社と長野県の諏訪神社しかないそうです。

Img_5161s
駐車場の横の斜面に建っている多宝塔は、天文3年(1534年)という戦国時代の貴重なもので、国の重要文化財になっています。

Img_5165s

1320Jから1400Jくらいまで、往復40分ほどかけて、御嶽山(標高343m)に登ってきました。
途中にある鏡岩という、断層の活動で表面が滑らかになった岩も見てきました。

Img_5184s

Img_5178s
御嶽城という城跡でもあるそうですが、素人は、城らしいところにはあまり気付かず、強いていえば、尾根の上の広場のようなところが曲輪だと分かるくらいでした。

Went to Kamikawa Town, Kodama-gun, Saitama and activated JAFF-0217, Jobu Prefectural Nature Park at the parking lot of the Kanasana Shrine.
Logged 65 QSOs, 64 on 40 meter band and 1 on 30 meter band, all JAs. The site of the activation was beside a small stream and appeeared to be unfit for DX propagation. Tried 20 meter twice but received no call.

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »