Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 高麗峠ハイキング Hiking to the Koma Pass, Saitama | トップページ | 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP »

2019年9月17日 (火)

岩淵水門 Iwabuchi Water Gate on the Ara / Sumida River

JRの赤羽駅は、京浜東北線、高崎線などに乗る度にいつも通過していましたが、下車する機会はありませんでした。
昨日、9月16日(月・祝)の鉄道沿線ウォーキングは、JR赤羽駅周辺を自由に散策して良いというものでした。西武線とは離れていますが、地元の東京都北区が同区をもっと知ってもらおうと、西武鉄道に働きかけたらしいです。

我が家の隊長と池袋で昼食をとり、JR赤羽線で3駅目の赤羽へ向かいました。
もらったマップの推奨コースはとらず、真直ぐに目玉のスポットとされている岩淵水門に向かいました。

もともと荒川は隅田川を名を変えて東京湾にそそいでいましたが、明治から大正にかけての治水事業で、岩淵から下流に淡河放水路が建設され、隅田川沿川の地域が水害の危険から解放されました。その隅田川への分流の流量を制御しているのが岩淵水門です。
最初に作られたのは赤い水門です。
Rimg0106s 
赤水門が老朽化したため、昭和57年に少し下流に青い水門が作られ、これが現役で動いているそうです。

Rimg0102s

隅田川の右岸側には新河岸川が流れていて、その中洲の上に荒川知水資料館という国土交通省が整備した広報施設がありました。
特別企画で、土木技術のパイオニアであった青山士(あきら)の生涯、功績を展示していました。

Iwabuchi, Kita-ku, Tokyo is the point where the Sumida River, the old downstream portion of the Ara River diverts water to Ara River Drainage Canal, that was constructed about 100 years ago to protect downtown Tokyo from floods. The Iwabuchi Water Gate controls the amount of diverted water. The red gate is the original one and the blue gate above is new and in use. 

« 高麗峠ハイキング Hiking to the Koma Pass, Saitama | トップページ | 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高麗峠ハイキング Hiking to the Koma Pass, Saitama | トップページ | 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP »