Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP | トップページ | ラグビー・ワールドカップ観戦 Rugby World Cup 2019 »

2019年9月29日 (日)

狭山丘陵ウォーキングートンネルくぐりルート Waliking around Lake Tama

9月2回目の鉄道沿線ウォーキング参加で、昨日、28日(土)は我が家の隊長と「狭山丘陵ウォーク-トロッコトンネルと多摩湖畔を歩く」とネーミングされた約9キロのコースを歩きました。
スタートは西部狭山線の西武球場前駅で、今は「メットライフドーム」という名前になっている西部ライオンズの本拠地球場の西側を通り、狭山湖と多摩湖の間の稜線に沿う多摩湖自転車歩行者道を西に進みました。この道は「多摩湖通り」という自動車が行き交う道路と並行しています。
50分ほど歩いて多摩湖の奥の稜線を越え、南に向かって開けた谷に入ると、武蔵村山市歴史民俗資料館がありました。
そこでしばらく休憩して、郷土史関連の解説パネルや農具、衣類などの民俗資料の展示をぐるりと見ました。

資料館からさらに500メートル弱進むと東にトンネルがあり、そこで折れてトンネルを進みました。
ここからいくつかトンネルが続いて、丘陵から南に張り出したいくつもの尾根をくぐる道となっています。
村山・山口両貯水池の建設のために、多摩川沿いの羽村から引かれたトロッコ軌道敷の跡地とのことで、大正5年から昭和4年にかけて東京都水道局が整備したものだそうです。現在は自転車と歩行者の専用になっています
尾根と尾根の間の谷地には住宅が建て込んでいるので、その間の行き来に便利に使われているようです。

Rimg0122s

コースは一度、丘の南端の裾を通る旧青梅街道へ出て中藤集落の八坂神社のところから坂道を登って多摩湖の南側の丘の尾根沿いの歩行者自転車道に戻り、1キロほどを東へ進んで多摩湖の上流部の水を貯めている村山上ダムの南端に出ました。
Rimg0135s

堤防上の道路は狭く、自動車専用で歩行者は堰堤の下の道を進みます。写真の右端にドームが見えています。
午前9時過ぎにスタートし、資料館の見学や休憩時間を含めて3時間弱歩いて、11時45分ごろ西武球場駅前でゴールして、電車で帰路に就きました。

Walked about 9km around the upper part of Lake Tama yesterday morning with XYL. The course was mostly in JAFF-0212 and JAFF-0199, Sayama PNP, Saitama and Sayama PNP, Tokyo.

 

 

 

« 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP | トップページ | ラグビー・ワールドカップ観戦 Rugby World Cup 2019 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP | トップページ | ラグビー・ワールドカップ観戦 Rugby World Cup 2019 »