Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

狭山丘陵ウォーキングートンネルくぐりルート Waliking around Lake Tama

9月2回目の鉄道沿線ウォーキング参加で、昨日、28日(土)は我が家の隊長と「狭山丘陵ウォーク-トロッコトンネルと多摩湖畔を歩く」とネーミングされた約9キロのコースを歩きました。
スタートは西部狭山線の西武球場前駅で、今は「メットライフドーム」という名前になっている西部ライオンズの本拠地球場の西側を通り、狭山湖と多摩湖の間の稜線に沿う多摩湖自転車歩行者道を西に進みました。この道は「多摩湖通り」という自動車が行き交う道路と並行しています。
50分ほど歩いて多摩湖の奥の稜線を越え、南に向かって開けた谷に入ると、武蔵村山市歴史民俗資料館がありました。
そこでしばらく休憩して、郷土史関連の解説パネルや農具、衣類などの民俗資料の展示をぐるりと見ました。

資料館からさらに500メートル弱進むと東にトンネルがあり、そこで折れてトンネルを進みました。
ここからいくつかトンネルが続いて、丘陵から南に張り出したいくつもの尾根をくぐる道となっています。
村山・山口両貯水池の建設のために、多摩川沿いの羽村から引かれたトロッコ軌道敷の跡地とのことで、大正5年から昭和4年にかけて東京都水道局が整備したものだそうです。現在は自転車と歩行者の専用になっています
尾根と尾根の間の谷地には住宅が建て込んでいるので、その間の行き来に便利に使われているようです。

Rimg0122s

コースは一度、丘の南端の裾を通る旧青梅街道へ出て中藤集落の八坂神社のところから坂道を登って多摩湖の南側の丘の尾根沿いの歩行者自転車道に戻り、1キロほどを東へ進んで多摩湖の上流部の水を貯めている村山上ダムの南端に出ました。
Rimg0135s

堤防上の道路は狭く、自動車専用で歩行者は堰堤の下の道を進みます。写真の右端にドームが見えています。
午前9時過ぎにスタートし、資料館の見学や休憩時間を含めて3時間弱歩いて、11時45分ごろ西武球場駅前でゴールして、電車で帰路に就きました。

Walked about 9km around the upper part of Lake Tama yesterday morning with XYL. The course was mostly in JAFF-0212 and JAFF-0199, Sayama PNP, Saitama and Sayama PNP, Tokyo.

 

 

 

2019年9月21日 (土)

埼玉県立奥武蔵自然公園移動運用 Portable JAFF-0213, Okumusashi PNP

埼玉県の西部、西武池袋線の終点の飯能市や同秩父線の沿線、名栗川・入間川の流域は、広く県立奥武蔵自然公園が指定されています。
ウォーキング、ハイキングではしばしば歩いていますが、無線の移動運用をしたことはありませんでした。
昨日、9月20日(金)は何も予定がなく、天気も良さそうだったので、急に動き出して、一昨日の夜に自然公園の区域などを調べ始め、当日の朝に必要な機材の積み込みをして、飯能市の阿須運動公園の駐車場へ向かいました。

思ったよりも準備に手間取ったりで、出発も午前10時過ぎになってしまいました。カーナビの案内のとおり、関越自動車道の川越インターから国道16号、東京環状線を南西に走り、目的地へ向かいましたが、国道も車が多く、13キロほどのところを1時間かかってしまい、着いたのは正午過ぎでした。

準備不足で、車内で見つからない物や忘れ物が多く(バーチカルのローディングコイル、アンテナ・アナライザー、マニピュレーター、カメラ)サブのもので代用したりで、13時前ごろになんとかオンエアにこぎつけました。

Dsc_09371s

写真は入間川越しに北西方面を見たところです。川に近いところに止めましたが、全部で200台分以上ある広々とした駐車場で、好天に恵まれたこともあり、快適でした。
1540Jまで出て、34交信でした。すべて7メガCWです。44に足りませんでしたが、今後のハイキングにハンディー機など持って行って、少しづつ足していく手もあるかなと思っています。14メガも少しやってみましたが、RBNにもほとんど拾われず、ビーコン・モニターでも開いていないようなので、すぐに諦めました。

Dsc_09481s

飯能の町を境に、名栗川は入間川と名前を変えているので、この辺りは入間川です。運用地の少し上流に写真の潜り橋があり、コールが途切れたところで、対岸まで渡ってみました。水面が近く、川の流れが良く見えて、普通の橋とは違う趣きがあります。

Activated JAFF-0213, Oku-musashi PNP, Saitama, yesterday (Sept. 20, 2019).
QTH was near the Iruma River, in Han-no City, Saitama. Logged 34 contacts on 40 meter band, from 0345 through 0640 UTC.

2019年9月17日 (火)

岩淵水門 Iwabuchi Water Gate on the Ara / Sumida River

JRの赤羽駅は、京浜東北線、高崎線などに乗る度にいつも通過していましたが、下車する機会はありませんでした。
昨日、9月16日(月・祝)の鉄道沿線ウォーキングは、JR赤羽駅周辺を自由に散策して良いというものでした。西武線とは離れていますが、地元の東京都北区が同区をもっと知ってもらおうと、西武鉄道に働きかけたらしいです。

我が家の隊長と池袋で昼食をとり、JR赤羽線で3駅目の赤羽へ向かいました。
もらったマップの推奨コースはとらず、真直ぐに目玉のスポットとされている岩淵水門に向かいました。

もともと荒川は隅田川を名を変えて東京湾にそそいでいましたが、明治から大正にかけての治水事業で、岩淵から下流に淡河放水路が建設され、隅田川沿川の地域が水害の危険から解放されました。その隅田川への分流の流量を制御しているのが岩淵水門です。
最初に作られたのは赤い水門です。
Rimg0106s 
赤水門が老朽化したため、昭和57年に少し下流に青い水門が作られ、これが現役で動いているそうです。

Rimg0102s

隅田川の右岸側には新河岸川が流れていて、その中洲の上に荒川知水資料館という国土交通省が整備した広報施設がありました。
特別企画で、土木技術のパイオニアであった青山士(あきら)の生涯、功績を展示していました。

Iwabuchi, Kita-ku, Tokyo is the point where the Sumida River, the old downstream portion of the Ara River diverts water to Ara River Drainage Canal, that was constructed about 100 years ago to protect downtown Tokyo from floods. The Iwabuchi Water Gate controls the amount of diverted water. The red gate is the original one and the blue gate above is new and in use. 

2019年9月13日 (金)

高麗峠ハイキング Hiking to the Koma Pass, Saitama

高麗峠は埼玉県日高市の丘陵地帯にある標高177mの峠で、飯能市街から高麗の巾着田方面へ抜ける奥武蔵自然歩道が通じています。この辺りは埼玉県立奥武蔵自然公園、JAFF-0213の区域に指定されています。
昨日、9月12日(木)は久しぶりに鉄道沿線ハイキングで、我が家の隊長と西武池袋線飯能駅から西武秩父線高麗駅までの約7kmのコースを歩きました。
まだ残暑が厳しい日でしたが、風があり、またコースの後半は林の中だったので、30分ごとに給水休憩をとって、2時間20分ほどで踏破できました。
Dsc_0889s
前にも同じ峠に行きましたが、昨日のコースはもっと東よりの方の上の写真の加治神社から丘陵に入りました。
武蔵丘ゴルフコースというゴルフ場の縁をまわって行くコースでしたが、林でセパレートされ、高度差もあるので、コースはほんの少ししか見えませんでした。ちなみに、今年の11月1日〜11月3日に女子プロゴルフの「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」がこのコースで開催されるようです。渋野日向子選手がらみで、ツアーのスケジュールを見ていたら、見付けました。東京から近いところなので、相当な人出となるでしょう。
高麗の里へ下りた辺りの養鶏場の近くから日和田山を見たところです。
Dsc_0901s

帰りの電車は、隊長の提案で、乗り換えの飯能駅から池袋駅まで特急券を奮発しました。「ラビュー」という名称でPRしていて、窓がとても広く、膝の高さくらいまで外が見えます。沿線は、ほとんどが東京郊外の市街地で海岸や高原を走るわけではないので、せっかくの車両もちょっともったいないような気がしますが、ともかく早くて快適でした。
Dsc_0913s



 




 

 

 

 

2019年9月 5日 (木)

JAFFのハムフェア2019出展 JAFF in Ham Fair 2019

前の週末は、JAFFのハムフェア出展で有明の東京ビッグサイト/国際展示場の南3・4ホールに詰めていました。金曜日も準備のために昼ごろから行きました。
ドネーション、写真の提供その他の形でサポートしてくださった方々に暑く御礼もうしあげます。
特に、準備に一諸に来てくださったJR1BAL局、土曜日にブースにいてくださったJI2SVL局に感謝いたします。
また、ミニマムな展示であるにもかかわらず、立ち寄ってくださった方々、どうもありがとうございました。

Dsc_0867
準備中のホールに入ったのは初めてで、その広さや車で3階の高さまでスロープを上り、ホールの中まで乗り入れられる構造に、ここまでインフラが整えられているのだと認識を改めました。
準備日は月末の金曜日ということで、道路の渋滞をおそれてたのですが、首都高で都心を抜けて行ったのに、まったく渋滞がなく1時間ほどで着くことができました。もっとも、会場付近の道案内のJARLの地図はあまり分かりやすいものでなく、BAL局がナビゲートしてくれなかったら間違えていたかも知れません。

Dsc_0870s

お隣は、宮崎で6mのビーコンを運営している宮崎大学のクラブで、その隣はTIARA、東京インターナショナル・アマチュア無線クラブでした。そのためもあってか、JAFFブースにも海外の7エンティティー(BG, E2, VK, ZL, F, OE, LU)から訪問者がありました。

Rimg0083s 
出展者の立場ですと、ブースの店番が必要で、普通の来場者のようにゆっくりと見てまわることが難しいです。特に今回はグループのサイズにしてはかなり背伸びして思い切って参加することにしたので、制約も大きくなりました。一方、知人たちやオンエアだけでしか知らなかった方々とアイボールQSOができ、また会場内に居場所があって、落ち着いた気分でした。
反省点はいくつもありますが、準備段階からいろいろと初めてのことを経験できて、良かったと思います。もっとも、当方は年齢からいって、また参加できるかどうか分かりませんので、この経験が役に立つかどうかは残念ながら分かりません。

JAFF had a 2 meter wide booth in the Tokyo Ham Fair for the first time last weekend.

 

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »