Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

大晦日

今年もあと6時間ほどで終わります。
記事を書こうかと思いながら、止めてしまったこと、怠けてしまったことなどいくつかあります。
多少時間ができたので、その内の二つほどを、書くことにします。

12月8日(土)の家族にとって大きなイベントのことを、6月18日の記事や12月17日の記事でちょっと触れました。
三男、一番下の息子の結婚式、披露宴でした。
Dsc_0096s
男の子一般の傾向かも知れませんが、家の中で自分のことはあまり話さなかったし、就職後は自立して離れて暮らしていて、何をしているのか、あまり分からなくなっていました。それでも、やはり家庭を持つようになったことは、親の人生にも一つの節目であった気がします。

数日前、記録ビデオを送ってきました。バックグラウンドミュージックがなかなか良いので、聞いてみたら、竹内まりやの「人生の扉」という歌だそうです。
例のごとくネットであれこれ調べたら、竹内まりやの実家は出雲大社の前にある旅館で、父親の代には良かったのが、兄の代になったら傾いてきて、近年、竹内まりやが資金を出して再建しているそうです。この兄の趣味はジャズと無線だと書いてありましたが、真偽のほどは分かりません。

12月15日に江の島へ行ったことを17日の記事で書きました。
用事を済ませて、「ビストロ・ラ・ブリーズ」"Bistro La Bri:se" という小さなレストランで昼食を摂りました。
小田急の駅から西浜海岸に向かう道の細い枝道、海岸通りの裏道に面しています。
La_brise_katase          写真は店のホームページから借用しました。
          Bistro La Bri:se, Katase, Fujisaawa, Kanagawa

店内にフランスらしい地図が掲げてあり、どこだか分からないので帰りがけに聞いてみたら、ブルゴーニュ地方のもので、南北方向の谷筋が横になっていたのでした。ただ、シェフが修行したのは東京で、息子と嫁が挙式した上の写真のホテルの厨房だったそうです。12月の土曜日だったので大丈夫でしたが、シーズンの週末などは予約がないと入れないかも知れません。

それでは訪問者の皆さま、どうぞ良い新年をお迎えください。

2018年12月29日 (土)

12月のもろもろ

このところなかなか時間がとれず、ブログが追いつけません。
出来事をいくつかまとめて記録しておきたいと思います。

12月21日(金)
ルーフタワー上のアンテナの故障したローテーターを施工したプロに交換してもらいました。
Img_3805s_2
梯子の準備などに20分ほど、交換は30分ほどの作業でした。

12月23日(日・祝)
中野ゼロホールで開かれた早稲田大学合唱団の定期演奏会を聞きに行きました。
一月ほど前のお昼休み時間に中野駅北口広場で野外演奏をしていたところにたまたま出会い、中学生のコーラスが出て来る映画「くちびるに歌を」を見たばかりだったので、出来心で500円の前売り券を買ったのです。
その後見て、先日も少し紹介した映画「ハナミズキ」では、主人公が早稲田に進学して、大隈講堂や大隈重信の銅像が出てきて、何か偶然が重なりました。
また、たまたま隣にいた若い女性は、合唱団のOGで、5年ほど前に卒団したのだそうで、休憩時間に合唱団のことを聞くことができました。
メンバーが120人ほどいるそうで、ステージが一杯になっていました。
終了後もロビーで歌っていました。
Dsc_0163s
24日(月)
ローカルのアマチュア無線クラブの今年最後の定例ミーティング、納会がありました。
出席は、一桁ではないかと危ぶんでいましたが、なんとか10名でした。

25日(火)
原則毎週のスポーツクラブの水中腰痛改善教室で新宿に行った後、デパートへ買い物に行きました。

27日(木)
先週水曜の夜だったか、寝ている間に無意識に歯をくいしばったためらしいのですけれど、左下の奥歯の歯茎が痛み出したので、前からたまにかかっている歯科に行きました。場所は都心近くです。

28日(金)
DVDレンタルショップ、頼まれた買い物など中野駅周辺をうろうろしました。
ついでに、中央線の南側の小学校の廃校、撤去で見晴らしが良くなり、線路の北側からも良く見えるようになっていて、気になっていたアンテナタワーを見に行きました。
Dsc_0174s
HFハイバンド用5エレ、ローバンド2バンド用ロータリーダイポール、50メガ用8エレ八木という本格的なものです。数年前にSKになられた二文字コールのOMのものが、そのままで残っているのかと思われます。ローカルのクラブでも重鎮的な存在でお世話になっていました。

2018年12月22日 (土)

柳瀬川沿いから滝の城跡ウォーキング Walking to the Takino Castle

12月19日(水)は、鉄道沿線ウォーキングの西武池袋線清瀬駅発、約10キロのコースに一人で参加しました。駅から柳瀬川に出て、川の右岸側を北東に歩き、左岸の台地の上にある滝の城跡を見学し、また川の左岸側を歩いて駅へ戻る約10キロのコースでした。前にも一部は歩いたのですが、滝の城は初めてでした。

Img_3736s
下から城跡を見上げたところです。

Img_3746s_2
斜面を登り切った辺りに土塁と堀の跡が残っています。滝山城址と似ていました。
Img_3761s
城跡は城山神社になっており、三ノ丸、馬出などを経て本丸跡に来ると、社殿が建っています。
後北条氏時代には八王子城の支城のような位置づけだったようです。相模国や武蔵南部から川越、上野国方面へ向かう街道を扼する要地なので、城が作られたのも当然です。
現在、滝の城にはWCAナンバーがありません。だいぶん前に、所在地データが違っていたことか何かで、当方から削除を依頼したような気もします。

快晴の好天で、富士山も見えました。半分以上が柳瀬川の堤防上を歩くコースで、開放的な歩行者道となっているので、快適でした。

Went to the Takino Castle, Tokorozawa City, Saitama, last Wednesday, December 19. Walked about ten kilo-meters from the Kiyose Station, Seibu Ikebukuro Line.

2018年12月19日 (水)

映画「ハナミズキ」とノバスコシアの灯台

相変わらず週一回、金曜日のDVDレンタルショップ通いを続けています。
先週はいろいろと用があり、1時間もののドラマより2時間の映画を後回しにしていたら、見るのが返却前日の13日(木)になりました。
2010年公開の「ハナミズキ」で、引き続き新垣結衣主演ものです。2回ほど貸し出し中で借りられず、棚の探索は3度目でした。

ハッピーエンドのラブストーリーで、あらすじなどはWikipediaなどに譲ります。
題名のとおり、新垣が演じる主人公の家の庭のハナミズキの木が繰り返し出てきますが、ほかに、灯台も何度も出てくること、アメリカ(ニューヨーク)、カナダ(ノバスコシア)も出てくることが特色です。

日本では釧路に近い後志支庁管内、北海道厚岸郡(あっけしぐん)浜中町(JCG 01003/B)にある湯沸岬(とうぶつみさき)灯台、Tobutu Misaki Light, ARLHS JPN-658、が出てきます。
この岬の周辺は、北海道立厚岸自然公園(JAFF-0117)に指定されています。

カナダでは、大西洋に面したノバスコシア州の首都、ハリファクスに近いペギーズポイント灯台、Peggy's Point Lighthouse, ARLHS CAN-369、が出てきます。
なぜそんな遠いところが舞台なのかちょっと不思議ですが、ハリファックスの70キロほど西にルーネンバーグという漁港があり、その旧市街が世界遺産に指定されている名所でもあるので、ストーリーの展開に具合が良くなっています。

同灯台の写真は下のリンクでご覧ください。

ノバスコシア州の観光ページ

ノバスコシア州灯台保存協会のページ

15日(土)に江の島に行った帰り、灯台ショップの「ライトハウスキーパー」に寄ってみました。店主は、今年、店の企画で、ニューイングランドの灯台巡り に行ったとのことでした。また、「ハナミズキ」はずっと以前に見ていたそうで、あれこれ話がはずみました。

アマチュア無線でノバスコシアの局と交信しているかどうか、整理してある古いカードだけ見てみましたけれど、ありませんでした。
近くのニューファウンドランドとニュー・ブランスウィックはありました。いずれも1987年8月23日にオール・アジアコンテストに出て、14MHzで交信したものです。6階のベランダアンテナで再開局して2年足らずのころで、設備が粗末なのに熱はあったのと、コンディションが良かったのでしょう。
Vo1_qsl
なお、「ハナミズキ」では、新垣結衣が英語でスピーチをする場面があります。なかなかきれいな発音で、上手だと思いましたが、ピアノ(「くちびるに歌を」)や卓球(「ミックス。」)と同様に、演技としてその場面だけを特訓した成果の可能性があります。

2018年12月17日 (月)

片瀬・江の島行き Eno Island, Fujisawa, Kanagawa

一昨日、12月15日(土)は、我が家の隊長と一緒に、年末恒例の藤沢市の片瀬・江の島行きでした。午前に用を済ませ、昼食をとり、午後2時ごろから江の島に向かいました。
往路はメインのルートをとったので、かなりの人出でした。40分ほどで、岩屋の前の磯に着きました。
三浦半島の先の方は、水上に浮いているように見えていました。蜃気楼ではないかと思います。

Rimg0016_t

          The rocky southern beach of Eno Island, Fujisawa, Kanagawa.
          A mirage appeared to the direction of the Miura Peninsula.

北の方は晴れていて、青空が見えていましたが、箱根山から伊豆半島方面は雲があり、雲の間を抜けて来る光で遠くの海面が光り、光芒が見えました。

Rimg0014s          The view to the west, for Mt. Hakone and the Izu Peninsura.

一週間前に我が一家の節目となるイベントが終わったので、海風がことのほか爽やかに感じられ、潮の香りに癒されたひと時でした。

2018年12月 2日 (日)

五島列島 Goto Islands

8月の半ばから急に映画、TVドラマを見始めて、それがまだ続いています。
レンタルショップのTSUTAYAでは、以前に登録した高齢者だと金曜日には1本無料なので、原則として金曜日に行きます。中には新作、準新作で3泊4日というものもあるので、月曜日に行くこともあります。
たしか、10月20日の広島からの帰路の新幹線でスマホを見ていたら、永野芽衣が、夜に「ミックス。」という映画がTV放映されるとツイートしていました。
帰宅してTVを付けたときには、もう前半は終わっていたのですが、途中から見て、なかなか面白いと思いました。この映画で初めて新垣結衣を知ったのですけれど、それ以来、DVDを週に2~3枚借りるうちの1~2枚は新垣結衣出演のものにしています。
「ミックス。」のDVDをまず見たのち、11月16日には映画「くちびるに歌を」(2015年)を見ました。
小さな島の出身のピアニストが、元同級生友人の依頼で、中学の合唱部の臨時顧問をするという話で、九州の西に連なる五島列島が舞台です。
ずい分遠いところを舞台にしたものですが、ロケを現地でしたようで、良い風景がバックに見えるシーンが出てきて、それだけでも楽しめました。

写真の上通島と若松島の間の若松瀬戸をはじめ、自然の景観が残るところは、西海国立公園に指定されています。
Epa_np_wakamatsuseto_s
          写真出典:環境省国立公園サイト
この国立公園は、JAFFでは2つに分割されていて、五島はJAFF-0113で、九十九島・平戸はJAFF-0022です。IOTAではAS-040 のナンバーが与えられています。
アマ無線のQSLカードがあれば紹介したいところですが、整理をしていないので、あるかどうか不明です。交信したという記憶はないので、ないのではないかと思います。もっと小さい甑島の方は、いつだったかペディションの局が出ていて、交信したような気がします。

環境省の解説では、五島列島は、日本唯一の外洋性多島海だそうで、大小250の島があるそうです。もっとも、この表現には、他の多島海として、瀬戸内海以外にどこかあるのかなと思うと、少し疑問を感じます。
主人公や合唱部のリーダーの生徒はキリスト教徒という設定で、教会が出てきます。長崎付近のキリシタンが少しづつ島々へ移住していて、明治の初期に迫害を受け、多数の殉教者を出した事件、「五島崩れ」があったことは、今回ネットで知りました。
信仰のことはほとんど出て来ないので、単に映画への味付けということで使われているのか、それとも脚本家や監督にとって重要なことなのか、ちょっと分かりませんでした。
小松菜奈が出ているので見た「坂道のアポロン」(2018年)でも教会、キリスト教が出てきますが、同じ三木孝浩監督の作品です。

今まで、映画、特に邦画は、数年に1本ほどの話題作、日本のTVドラマは、NHKの大河ドラマと、朝の時間の加減で見たり見なかったリする朝の連続ドラマくらいしか見ていなかったので、NHKに出ていない新垣結衣(「絆」という東日本大震災後の特別ドラマだけは出たようですが)のことは知りませんでした。優しそうで笑顔がチャーミングな良い女優さんだと思いますけれど、アクションものもこなす綾瀬はるかに比べると、演じる役の幅が少し狭いようにも思います。競争の激しい芸能界で個性を生かしながらいかに生きて行くか、本人やプロモーター、マネージャーなど、舞台裏ではあれこれ知恵を絞っているのでしょう。

遠い外野で何かいってもしようもありませんけれど、今後一層の健闘、活躍を期待しています。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »