2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018ワールドカップ・ロシア、トーナメントへ  | トップページ | 「シャックのナマケモノ」アワード Shack Sloth Award »

2018年7月 5日 (木)

エアコンの手入れ Cleaning of an Air Conditioner Part

昨日、7月4日(水)まで連日酷く暑い日が続きました。寝室にもエアコンを入れています。
このエアコンで、一昨日に橙色のランプが点滅をはじめました。
マニュアルを見ると、「ストリーマユニット」のおそうじサインだそうです。
マニュアルにしたがい、取り外してぬるま湯に1時間つけおきし、綿棒でそうじをし、夜まで乾燥して、再装着しました。
もっとも、マニュアルにはどこをそうじするのかあまり書いてありません。針にゴミが付いている場合には変形しないように注意してふき取るようにとあります。いちおう終わったと思って、もう一度見てみたら、針の先端に向き合っている金属板に汚れが付着していたので、いったん捨てた綿棒をまた拾ってきてこすって汚れを取りました。
「ストリーマ」とは何なのか、まったく知識が無かったのですが、この記事を書くために、マニュアルの「各部の名前と働き」を見てみると、「ストリーマ放電分解力で、カビやアレル物質を抑制します。」とあります。
Img_3418s

Img_3422s
写真のように、本体から電気(高圧と推定)を取る足が出ており、右(装着状態では下)が針に、左(同上)が向かい合う金属板に、それぞれつながっているようです。
「ストリーマ」は、家のエアコンのメーカー、D社の独特の用語なのか、ネットでは一般的な説明があまり出てきません。もっとも空気清浄機にも放電を利用したものがあるようです。
なお、普通は吹き流しや細長い旗の束の意味です。

エアコンによる高周波のノイズを調べたことはなく、想像だけで軽々にいうべきではないかも知れませんが、一般的には放電があれば電磁波ノイズが出るので、今の季節、このようなものが各建築物、各部屋でいっせいに作動しているとすれば、ノイズレベルを上げることに相当に貢献しているのではないでしょうか。

« 2018ワールドカップ・ロシア、トーナメントへ  | トップページ | 「シャックのナマケモノ」アワード Shack Sloth Award »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シャックでD社の空気清浄機を使っていまして,同じ針の仕組みが着いています.他にも細いワイヤーと平板の組み合わせに電圧をかけてちりを取るような仕組みも着いていて,ときどき掃除すると,面白いくらい細かいちりがついています.
いままで,この空気清浄機がノイズを発生しているかも知れないとは考えもしませんでしたが,今度確認してみたいと思います.
なお,当方のURLですが,httpではつながらない設定にしたので,恐れ入りますが,httpsに変更をお願いいたします.

SGHさん、コメントどうもありがとうございました。マニュアルにノイズは法令の基準以下と書いてありますので、単体としてはあまり出ていないのかも知れません。
URL、変更しました。最近、あまりメンテナンスしておらず失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/66904705

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンの手入れ Cleaning of an Air Conditioner Part :

« 2018ワールドカップ・ロシア、トーナメントへ  | トップページ | 「シャックのナマケモノ」アワード Shack Sloth Award »