2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 散歩かふぇ「ちゃらぽこ」と青梅街道の旧中野宿 Cafe Charapoko and Nakano Post of Ome Highway | トップページ | 2018 冬季オリンピック Winter Olimpic Games, PyeonChang »

2018年2月 7日 (水)

玉川上水遊歩道ウォーキング Walking along Tamagawajosui Aqueduct

今日、2月7日(水)は、また我が家の隊長に随行して、鉄道沿線ウォーキングに参加しました。10キロのコースで、長いコースを歩くのは久しぶりでした。午前9時45分ごろ、西武拝島線の終点(JR青梅線と接続)の拝島駅から歩きはじめました。
Img_2972s
今日のコースは、単純明快、ひたすら玉川上水に沿って東へ進むものでした。
50分くらい経ったところで休憩しました。
途中、残堀川と交差するところがありました。上水がサイホンで川の下を潜っています。
Img_2978s
川にかかっている上宿橋から下流(南)を見たところです。この川は多摩川水系です。
Img_2980s
川岸のコブシの蕾がふくらんでいました。
2時間くらい経ったところの多摩都市モノレールと交差している玉川上水駅の近くで昼食休憩、さらに2キロほど歩いて午後1時ごろにゴールの東大和市駅に着きました。
玉川上水駅からしばらく行ったところで、コースは玉川上水から離れ、分水である野火止用水の上に整備された公園の中を進んで、ゴールになりました。
東大和市駅の東側に青梅街道が通っています。野火止用水にかかっている橋は青梅橋という名前です。
 
Img_2995s
駅前広場の先から青梅街道の北方向を見たところです。ここから1キロ強先の奈良橋庚申塚交差点で、新青梅街道と交差し、青梅街道は狭山丘陵の南側の裾を通っています。
前回の記事で青梅街道中野宿を取り上げたので、参考までに写真を撮りました。街道アワードでは青梅街道07でKD644というナンバーが東大和市に付けられています。市内に宿場があったのかどうか分かりませんが、江戸時代の集落としては、狭山丘陵近くの奈良橋あたりが大きかったのではないでしょうか。

[2月8日追記] ネット情報によりますと、青梅街道の小川宿(小平市)の次は、箱根ヶ崎宿(西多摩郡瑞穂町)で、その間の東大和市と武蔵村山市には宿場はなかったようです。アワードの方は、宿場がなくても街道が通過していれば、ナンバーが付いているようです。杉並区と練馬区についても同様です。
今日のコースは途中にお寺や神社が無いので、お賽銭がいらないといっていました。
ところが、帰りの電車が上石神井駅を出たところで、一つ先の井荻駅の人身事故で、30分ほど止まったままになりました。動き出して井荻駅に着きましたが、事故の後の処理でまだ運転ができず、ここで止めますとのアナウンスで、仕方なく新青梅街道まで出てタクシーで帰るはめになり、思わぬ出費を強いられてしまいました。

« 散歩かふぇ「ちゃらぽこ」と青梅街道の旧中野宿 Cafe Charapoko and Nakano Post of Ome Highway | トップページ | 2018 冬季オリンピック Winter Olimpic Games, PyeonChang »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/66369030

この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水遊歩道ウォーキング Walking along Tamagawajosui Aqueduct:

« 散歩かふぇ「ちゃらぽこ」と青梅街道の旧中野宿 Cafe Charapoko and Nakano Post of Ome Highway | トップページ | 2018 冬季オリンピック Winter Olimpic Games, PyeonChang »