Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 天沼への道 Old Street to Amanuma, Suginami-ku | トップページ | アジアとヨーロッパの境界線 The Boundary between Asia and Europe »

2017年10月 1日 (日)

ロシアのタイム・ゾーン Time Zones of Russia

先週、22日の移動運用では、ロシアの9局と交信できました。
なかなか北米・南米とは出来なくて空振りCQが多かったのですが、これらのコールがあったので、少しは楽しめました。
このロシア局をプリフィックスとサフィックスの1字目で整理すると次のようでした。
UA3(RA3BY局)はJST午後2時台でしたが、それ以外のアジア・ロシアの8局は午前8時からすべて午前中でした。これらの局と時差がどれだけあったのか気になり、調べて右側に書き込んでみました。

UA0C(ハバロフスク・クライ)            2局  JST+1
UA0L(プリモルスキー・クライ/沿海州)   1  JST+1
UA0U (ザバイカリースキー・クライ)      1  JST+/-0
UA0R(S,T)(イルクーツク・オブラスト)     1  JST-1
UA9O(ノボシビルスク・オブラスト)         3  JST-2
UA3B(3A-3C)(モスクワ・オブラスト)       1  JST-6

今回は交信がありませんでしたが、UA9エリアの西側、UA9C, エカテリンブルグを含むスヴェルドロフスク・オブラストでもJST-4です。(9エリアの内、北西の端にあるコミ共和国、9X, だけはモスクワ時間のJST-6)
6時間となると、1日の4分の1で、時差が大きくなりますが、4時間ならそれほどではなく、交信の可能性も大きくなるのではないでしょうか。

まわりに積んでいるQSLカードの中から、UA9, UA0のあり合わせのものを取り出して、時差順に並べてみました。
その中に、JAFFの熱心なハンターで、現在、37ポイントで32位になっているUA0SFN局と、22日に交信ができたRA3BY局のカードがありましたので、入れてみました。

Img_2547s
Img_2550s
上のカードは、RA0ZNを除き、すべてJAFF移動運用の交信のものです。

午前中のアクティベーションが多いSOTA移動の各局も、アジア・ロシアなら電波が届いている可能性がありますが、ロシアではSOTAはまだUA9W, ウーファ市周辺のハムが幹事となって、ウラル地方の山348山が登録されているだけなので、SOTAへの関心が低いと思います。時差は4時間のエリアのようです。

ブログ付属のウェブ・ページに、時差の一覧表など関連情報を加えましたので、併せてご覧ください。
 

« 天沼への道 Old Street to Amanuma, Suginami-ku | トップページ | アジアとヨーロッパの境界線 The Boundary between Asia and Europe »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアのタイム・ゾーン Time Zones of Russia:

« 天沼への道 Old Street to Amanuma, Suginami-ku | トップページ | アジアとヨーロッパの境界線 The Boundary between Asia and Europe »