Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 古代の豊嶋郡郡衙と中世平塚城 The Site of Ancient Toshima County Government | トップページ | ローカルクラブの公開移動運用 »

2017年9月12日 (火)

古代の豊嶋郡郡衙と中世平塚城(2) The Site of Ancient Toshima County Government

日曜日の散策レポートの続きです。
実際には、地下鉄南北線の西ケ原駅から、まず古代の豊嶋郡郡衙跡といわれる滝野川公園に行きました。
Img_2377s
          表の大通りからあまり遠くないところに、御殿前遺跡の碑があります。
                     The sign of the Gotenmae Remains. There was the government of Toshima County, Musashi Province during the ancient era.
 
Img_2376s
          複合的な遺跡だそうですが、平安時代の建物の跡は郡衙と推定されているとのことです。
公園は普通のもので、テニスコートや体育館もありますが、郡衙の遺物は何もありません。
飛鳥山公園の北区の飛鳥山博物館へ行けば、出土品などがあるようですが、隊長のコースには入らず、今回は行きませんでした。
 
Img_2385sa
公園の隣地、東南の都心寄りに平塚神社があります。ここが中世の平塚城のあったところとされています。豊嶋氏の本拠地でした。  Hiratuska Shrine, Kita-ku, Tokyo. There was the Hiratsuka Castle here in the medieval age.
 
Img_2402s
 
本殿の奥は入れないようになっていますが、甲冑塚とも鎧塚ともいわれる塚があるそうです。平らなので平塚という地名の元になったといわれています。
源義家にちなんだ伝説がありますが、私見では、古墳だったのではないかと思います。崖のすぐ上なので、侵食が進んで平らになってしまったのではないでしょうか。
Img_2394s
                    The backyard of the Hiratsuka Shrine, near the Takinogawa Park.
 
昔、世田谷区の等々力に住んでいたことがあります。等々力も、多摩川に臨む台地の縁で近くには等々力渓谷がありますが、台地の縁、渓谷にも近いところに野毛大塚古墳という古墳があります。
Img_2468s
          北西へ行ったところにある飛鳥山公園を過ぎると、石神井川の渓谷、音無渓谷があり、現在は親水公園になっています。写真は親水公園から王子神社(王子権現)に上がる参道です。  Steps to Oji Shrine from the Otonashi Gorge.
昔の街道はこの右手の渓谷から低地に出たあたりで川を渡り、神社の東側を上っていたのですが、昭和5年に渓谷の上を真直ぐに渡る新しい音無橋とバイパスができました。このため、写真の左側、神社の北西を街道が通っています。
Img_2474s
          音無橋の上から都心方面を望む。正面が飛鳥山公園。下に音無親水公園があります。 Asukayama Park from the Otonashi Bridge.
熊野本宮大社は、元は熊野川と音無川が合流するところの中州にあり、参拝をするためには音無川を歩いて渡って身を清めなければいかなかったそうです。このことから、王子権現に対して石神井川を音無川と見立てて、王子権現の辺りの川が音無川という名前となったようです。
ところで、「乗瀦駅」の読み方については、「あまぬま」説に分があるように思いました。なぜなら、「あまぬま」は、字はいろいろで、天沼、尼沼、甘沼などありますが、これらは原則として当て字と考えるべきで、字にかかわらず、地名として「あまぬま」はかなりあるものです。
一方、「のりぬま」という地名はネットで見る限りでは例が見当たらないようです。糊のようにねばねばした沼とか、海苔が生えている沼とかいう説もちょっと無理があると思います。
同時代の文書に、「乗」を「あま」、「あまり」と読ませる例があるとのことですから、それなら地名として自然な方に読むべきでしょう。
 

« 古代の豊嶋郡郡衙と中世平塚城 The Site of Ancient Toshima County Government | トップページ | ローカルクラブの公開移動運用 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 古代の豊嶋郡郡衙と中世平塚城 The Site of Ancient Toshima County Government | トップページ | ローカルクラブの公開移動運用 »