2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

「女王ヴィクトリア」 "Victoria"

昨日まで3日ほど続いた酷い暑さは、一段落のようですが、それでもまだ暑いです。明日以降はどうなるのでしょうか。
特定テレビ局の提灯持ちをするわけではありませんが、「ダウントン・アビー」の後に放送された「女王ヴィクトリア」という番組も、惰性で録画はしました。しばらく放っていましたが、先週、第一話を見たら、なかなか面白いのです。主役の女優、ジェナ・コールマンが魅力的で、時代劇として、実際はどうだったのかとかの興味も湧き、少しはまってしまいました。1日に1話を見て、第4話まで見終わり、今日放送予定の第5話からまた録画で見ようと思っています。
今までのところでは、女王が即位した1837年(天保8年)に首相だったメルバーン卿が準主役です。オーストラリアのメルボルンと似ているので、もしかしたらと思って調べたら、やはり、元の英語の綴りは同じで、メルボルンに入植が始まり、町ができた当時の本国の首相の名をとって町の名にしたそうです。州名の「ヴィクトリア」も州設置当時の女王の名をとったものでした。
Kif_1676s
メルボルン市内のヴィクトリア・バラックス(兵営、国防省が置かれたこともある。)
Victoria Barracks, Melbourne, Victoria, Australia. (photo by NOBI in 2006.)
 
ヴィクトリア女王の在位は、1901年(明治34年)まで、63年7か月に及び、大英帝国が世界に覇を唱えた絶頂期といえるので、世界のあちこちに女王を記念する名前や記念物があるわけです。
日本から見ると、明治維新の30年前から明治30年代前半までの在位ですから、幕末維新期や明治初期の英国との交流も、女王治世の英国とのものでした。
明治2年には、女王の次男、エジンバラ公アルフレッド王子が、海軍の軍艦ガラテア号の艦長として来日しました。明治天皇が初めて面会した外国王族です。
 
史実のほうは、ウィキペディアで、女王、メルバーン卿、父のケント公エドワード、伯父にあたるジョージ4世、ウィリアム4世、祖父のジョージ3世などなど、芋づる式に見て行くと、きりがありません。ずいぶん時間を使ってしまいました。
女王となるまでのいきさつも、かなり「事実は小説よりも危なり」を思わせるものです。
ジョージ3世には7人も男子がいたのに、放蕩息子が多く、きちんと結婚して嫡出子を持つ王子が少なかったそうです。長男~3男の嫡出子が早死にして、このままでは王統が続かなくなってしまうとなった1810年代の終わりごろになって、4男から下が自分の子孫が国王になれるチャンスがあると分かり、競うように結婚したそうです。
ヴィクトリアの父のケント公は、もう40代の終盤で、そのためもあってか、ドイツの小公国の2人の子持ちの未亡人の王女と結婚して、ヴィクトリアが生まれました。
ところが、この父はヴィクトリアの誕生後まもなく死んでしまいます。ドイツから来た母は、他の王族、多くは放蕩息子たちを信頼できず、ヴィクトリアを住いのケンジントン宮殿に閉じ込めるような形で育てたようです。そのような母へのヴィクトリアの反撥、反抗がドラマの一つのテーマになっています。
即位後は、首相のメルバーン卿を信頼し、父代わりから、ほとんど恋人のように思ったようですが、母方の従兄弟のサックス・コーブルク・ゴータ公子アルバートと会って波長が合い、求婚します。
ウィキペディアによると、ヴィクトリアはかなり感情的で、意思堅固(頑固)な人であったようで、人の好き嫌いもはっきりしていたようです。そのような人物だったので、ドラマになり得たのかも知れません。
即位当時は、内閣・議会との関係で、他の諸国よりも王権が制限されていたとはいえ、今日のような象徴的な王政が確立していたわけではなく、治世の前半には、王と内閣・議会との緊張関係もあって、それもドラマになり得る要因だったようです。
女王が即位した1837年はどんな年だったかと見ると、日本では2月に大塩平八郎の乱、4月に将軍徳川家斉が隠居、6月(西暦7月)にアメリカ船モリソン号の浦賀来航などがあります。世界では、9月にアメリカのモールスが有線電信機を発明したとされています。
 
Viewed the first four episodes of the British TV drama “Victoria” last week. Found it more interesting than I had expected. It is perhaps due to the extraordinary circumstances of her birth and growth. The fact that the United Kingdom of her era itself had strong influences over the world also attracted my attention to the true history behind the story.

2017年8月24日 (木)

記念品ゲット A Small Suvenir from the Cafe

月曜日は、お堂の公園の近くの「舞む」という店で、稲庭うどん定食を食べました。大昔に秋田にいたので、そのときに稲庭うどんを知り、東京でもこれを出す店を探して、内幸町あたりに一つ見付け、ときどき行っていましたが、近年はあまり食べる機会がなく、夏の特別メニューで、これがあったので、注文しました。
この店のことは、去年の4月に記事を書いています。
店の人は、その後の情報で、やはり踊りをするそうです。
帰りに、神戸の店のお菓子をお土産にいただいてしまいました。開店23周年なのだそうです。
Maimu_23_years_s
23年前ですと、まだこの店の近くに住んでいましたが、この場所は、最寄り駅の北で、住んでいたところは駅の東だったので、気が付きませんでした。
Dsc_0631_s
 
店は北へ下る坂の途中、川に近いところですが、この坂を反対方向へ上り、その途中から左に入って行くと、高台の上にアマチュア無線のC局のアンテナ・エレベーター付きタワーと大きなビームアンテナがあります。信号はときどき聞きますが、交信をしたかどうか、記憶がありません。19日(土)夜のローカル・ラグチューで、参加局がこの局と6mで交信したといったのを思い出し、少し寄り道してアンテナを眺めてから帰りました。同じ区内では数少ない1キロワット免許の局で、FCCライセンスもお持ちのようです。
前に短期間写真を出したかも知れません。メインのアンテナは、バーサ・ビームのようです。ちょっとネットでサーチしたら、工人舎のサイトにユーザーとして掲載され、使用レポートもありました。
 
I was lucky to receive a small box of cakes at the cafe "Maimu (Mime)" commemorating its 23rd anniversary after I had lunch there last Monday.
There is a ham radio station just up the solpe from this cafe. It had a high tower and three antennas, 4 element "versa beam" (20m band size) by Kojinsha, 2 element VP yagi for 40m band and a V shape dipole, were mouted on it.
 
 

2017年8月22日 (火)

夏のお堂の公園 The Temple Garden of Philosophy in Summer

今年の関東地方の8月は、日照時間が少なく、涼しめで楽なのは良いのですが、野菜のことなど少し心配です。家の2階のバルコニーにすだれを付けていますが、せっかく付けたのに役に立った日がほとんどありません。もっとも良いこともあるようで、昨日、お堂の公園に行ってみたら、高台部分の東側、築山のまわりの広場の苔がずいぶん濃くなっていました。日照りの日が続いていたらこうはならなかったでしょう。
Dsc_0627s
公園の南側、川の右岸には大きな集合住宅が建っています。形に特徴があり、東側の方が階段状になっています。元は時計工場だかがあったところで、大きな敷地を使えたのだと思います。
Dsc_0629s
先週の火曜日、15日に都庁の第二庁舎まで、運転免許の更新に行きました。お盆時期のためか、比較的空いていて15分ほどで終わったので、第一庁舎へ行き、エスカレーター町の列が短い北側の展望室まで上がってみました。そのときに、どうもこの公園らしいものが見えたので、写真を撮りました。右端近くに、緑が見え、その前にこの集合住宅が見えています。建物の形で、この公園に間違いないことが分かります。上の写真は北側から見ているので、都庁から見ると右が階段状になっています。
Dsc_0623s
写真中央の青い足場囲いの工事中の集合住宅のあるところが、家から一番近くて、良く散歩に行く森の公園の手前です。公務員住宅団地の跡地を再開発して、高齢者向けケア付き住宅併設の高層民間マンションを建築中です。こちらの公園の緑はどうもこの住宅の陰に隠れてしまうようです。
それにしても、天気が良くなかったためもあるでしょうけれど、この密集ぶりには、何か気持ちが重たくなります。経済的な価値を考えれば、マンションの中の一戸でも、ずいぶん高価で、見えている範囲の建物やインフラの総額を考えれば気が遠くなるような数字なのでしょうし、耐火、耐震を考えれば鉄筋コンクリート化は良いことですが、これからは、維持、メンテナンスが次第にたいへんになって行くことでしょう。
 
昨日は、公園で階段上りをした後、近くでランチを食べましたが、そのときにちょっと良いことがあって、ラッキーでした。そのことは時間があればまた。

2017年8月18日 (金)

IOTA余話とILLW

デンマーク、OZ、の本を取り上げたついでに、前から気になっているIOTAの島リストのことを書いてしまいます。そういっても、勧進元のRSGBでは、今後はディレクトリー、島リストを変更するつもりがないということですから、何の役にも立たない繰り言です。
SOTAの場合は、サミットとして登録できるかどうか、数値による基準があるので、明確です。IOTAの場合は、数値は何もなく、たぶん横並びの比較などから、勧進元が海図、地図などを見て、決めているので、どうしてもあいまいなところが残ります。
一つは、島、半島、大陸沿岸などに点在する沿岸の島のグループ分け、もう一つは、群島ではない単独の島の扱いです。
デンマークのユトランド半島部分については、同半島東部およびフュン島グループ、EU-172、半島西部グループ、EU-125、半島北部グループ、EU-171、の三つのレファレンスがあります。
勧進元のおひざ元のグレート・ブリテン島の場合は、イングランド、スコットランド、ウェールズの三地域があり、DXCCで別エンティティーなので、沿岸の島も3つのグループに分かれています。
ニューギニア島の東部、パプア・ニューギニア国の沿岸の島は、北、東、南の三つに分かれています。
それに対して、グレート・ブリテン島より少し大きい本州の沿岸の島は一つのレファレンスしかありません。横並びからは、東(1、2エリア)、西(3、4エリア)、北(7、9、0エリア)くらいに分かれてもおかしくないと思います。
 
単独の島として気になるのは佐渡島です。これについては、5年前に記事を書きました。
RSGBも、リストが群島中心なのを意識しているようで、ルールのB.2.3 には、”Groups consisting of a single island are relatively few and are mainly reserved for ‘large islands’ or ‘remote islands.’  「単独の島が一つのグループとなるものは比較的少なく、主に『大きい島』または『遠隔な島』に〔限り〕適用される。」とあります。一昨日の記事に書いたロッコール島などは典型的な例でしょう。
佐渡の場合は、それほど遠隔ではありませんが、大きさはかなりあり、壱岐・対馬、隠岐諸島が独立なのとの横並びで、別のレファレンスになってもおかしくないように感じます。本州からの最短距離は、隠岐諸島よりも少し近いですが、大きな差はありません。また、仔細に見ると、佐渡の周辺にも小さい島は点在していて、「諸島」、「群島」の名はないものの、グループと見ることも可能です。
38881035_org_s           二ツ亀島、佐渡島、弾崎近傍。
          Futatsugame Island off the coast of Sado Island, near Hajiki Saki.
 
ところで、明日、19日の0000UTCから20日の2400UTCまで、世界中の灯台と灯台船から一斉にオンエアして交信するイベント、ILLW、が開かれます。

このところのバンドのコンディションでは、遠くとの交信は望めませんが、オーストラリアに60局弱の参加登録がありますし、マレーシアから、アングサ(Angsa)島灯台の9M4LHAなど7局、近場の台湾から1局、BV1EJの登録があります。英国などでは、WWFFと兼ねた運用もあるようです。お時間のある方はワッチしてみてください。
38911817_org_s
          佐渡島の北端、弾埼灯台。 Hajiki Saki Lighthouse, Sado Island, Niigata.

2017年8月16日 (水)

JA IOTA群島リスト余話 Island Groups of Japan (RSGB IOTA)

先日、日本国内のIOTAレファレンスのリストを整理したときに、気が付いたことを書いておきたいと思います。
IOTAのリストにある島のグループの名前で、国土地理院の地図に見当たらなかったものがあります。「北伊豆諸島」(AS-008) と「南伊豆諸島」(AS-043) です。もちろん「伊豆諸島」はあります。IOTAは、英国海軍省の海図(チャート)を基本資料として参照しているということですが、そちらにはあるのでしょうか。それとも、南北にたいへん長く続いているので、真ん中あたりで二つに分けたらどうかと、誰かが提案したのでしょうか。

子供の頃の記憶では、「伊豆七島」という呼び方が一般だったように思います。これは伊豆大島から八丈島までの有人島を指していたそうですが、青ヶ島と式根島が数に入っていなくて、青ヶ島村がこの呼び方に強く反対し、次第に使われなくなったそうです。
一方、青ヶ島より南にある無人島や岩礁は、伊豆の南にということで「豆南諸島」と呼ばれているようです。
「東京都・豆南諸島まるごと探検」山下和秀著、2001年、三五館刊、という本が書棚にありました。たぶん出版されたころに、あちらこちらの島に興味を持っていたので、買ったものと思います。
Img_2326s
この本によりますと、豆南諸島には、ベヨネーズ列岩、須美寿島(すみすとう)、鳥島、孀婦岩(そうふいわ)の4つの島と岩が該当します。IOTAのリストの南伊豆諸島は、これらと八丈島、八丈小島、青ヶ島が一つのグループになっているのです。
中でも、一番南の孀婦岩は、海面から99mの高さにそびえている急峻な岩山で、世界でも珍しいのではないかと思います。ネットにたくさん画像がありますので、良く見たことが無い方はぜひご覧になってみてください。
IOTAでは、英国の西方、大西洋にある孤島の岩、ロッコール島(Isle of Rockall, EU-189)が有名ですが、こちらも孤立した岩ですけれど、高さは17mで、ずっと低いものです。もっとも小さいだけに、周りがすべて切り立っていて、上がるのはたいへんなのかも知れませんが。
画像のもう一冊の「デンマークの緑と文化と人々を訪ねて 自転車の旅」福田成美著、2002年、新評論刊、は紀行ですが、デンマークは首都コペンハーゲンがスカンディナビア半島と向かい合うシェラン島(EU-029)にあるのをはじめ、島が多い国なので、全6章のうち、ユトランド半島の旅は1つだけ、残りはすべて島々の中の旅なのです。ボーンホルム島(EU-030) フュン島(EU-172)などが出てきます。この本もたぶん同じころに買ったのだと思います。
 
I found two books on islands in my bookshelf. One is on the Zunan Islands, the four uninhabited islands or rocks that lie to the south of Aogashima, South Izu Island. Sofuiwa is a rock island standing 99m high like a vertical sword.
Another book is on Denmark, but as it is a country with many islands, most part of the book describes author’s bicycle tours on various islands of the country.

2017年8月13日 (日)

アメリカ人女子学生とランチ A Lunch with an American Student

昨日、8月12日(土)は、大昔のアメリカ留学のときからの知人、Mさんに誘われて、久しぶりに銀座へ行き、留学した大学から奨学金で東京での3週間のサマースクールに参加しているアメリカ人女子学生と、昼食をとりながら会話しました。
まだ仕事をしているMさんはともかく、完全リタイア組の管理人は、話が合うのか心配でしたが、しっかりした学生で、身長はこちらと同じくらいあり、もう少しダイエットに気を配った方が良いのではと思うほど大柄なので、大人に見え、管理人の英語のレベルが低いこともあり、世代の違いはそれほどには感じないで過ごしました。
 
和食でしたが、すべて箸で食べることができ、日本語も挨拶、お礼程度はちゃんとできるようでした。
今回は、クラスのほかは、皇居、日光、横浜などの見物くらいで、京都などには行く時間がないとのこと、ぜひまた来るように勧めておきました。
生まれ育った国のものとは違う文化に触れ、理解したいという意欲を持った若者がいることは心強いことです。
 
場所もMさんに会員資格のある某大学の同窓会館的なところで、急な誘いで悪かったからと食事代も持ってもらってしまいました。ちょうど何となく本格的は和食を食べたくなっていたので、とても美味しく感じました。Mさん、どうもありがとうございました。
せっかく都心に出たので、近くの日比谷公園を少し散策して帰宅しました。ちょうどお盆休みで、往き帰りの電車には、子供連れ、赤ちゃん連れの人々がたくさん乗っていました。
10006344_orgv1489816803_s
 
I was invited to join a lunch with a female American undergraduate student and Mr. M., my old friend at Ginza, downtown Tokyo yesterday. She came from the university where Mr. M. and I attended almost fifty years ago, and was attending a summer session held at a university in Tokyo on a scholarship. It was nice to know that young people are eager to learn cultures different from their own.
 

2017年8月 8日 (火)

JAFFアワード一周年 First Anniversary of JAFF Award

JAFF、日本フローラ・ファウナ・アマチュア無線アワード・プログラムは、昨年の8月8日にスタートしました。
今日はちょうど一周年に当たります。
 
目覚ましい成長とはいえず、いくつか課題もありますが、WWFFとともに、多くの方々のサポートのおかげで、おおむね順調に運営されたといえると思います。
引き続きより多くの方々の参加、アワード申請が期待されます。
 
WWFFサイトからハンター36位までのランキングの表を取り出してみました。
Jaff_top_ops_20708081_s
 
トップのハンターのスコアが1年でここまで伸びるとは予想しませんでした。
今日もアクティベーションにまわられているJA7GAX局の移動運用によるところが大きいことは明らかです。
この機会に特に感謝したいと思います。
 
The JAFF award program was launched on August 8 last year and it is its first anniversary day today. Many thanks to the supporters.

2017年8月 3日 (木)

お堂の公園散歩 Walking in the Temples Park

昨日、8月2日(水)は、とても涼しくて過ごしやすい日でした。パラパラと雨が降って、傘が必要でしたが、近所のお堂の公園を通って昼食をとりに行き、往きと帰りに階段上り7本をしました。
Dsc_0558s
濃い緑にすっかり覆われていますが、木立の中に6コース、右の方の躑躅の植え込みの明るいところに2コースの階段があります。
前に紹介した二元衢の階段、77場中44番は、真ん中あたりにあります。
Dsc_0559s
ぞろ目のところとしては、上の高台の木立と開けたところの境の隅に、55番の「帰納場」がありますが、ここは何も説明看板がありません。
The Induction Spot, No. 55, one of 77 spots corresponding to the concepts of philosophy designed bu Enryo Inoue.
ここへ通じる階段の中間、踊り場状のところには、「演繹観」という名の小さい傘型のあずま屋があり、59番です。

一昨日の記事で書いたCQ誌8月号の「日本のIOTAナンバー」の表が気になって、気が付いた不十分と思われる点を修正し、もとのRSGBリストの記載もなるべく尊重して、表を作り、当ブログの「ウェブページ」に置いてみました。
来年のIOTAコンテストまで、見る方も少ないと思いますが、もしお気づきのことがありましたら、お知らせください。
A list of the IOTA references in Japan in Japanese was compiled and published in the web page section of this blog. The names of island groups in the list were chosen by consulting the maps published by the national Geographic Survey Institute. Hope it may be useful not only for Japanese amateur radio operators but Chinese and Korean operators.
 
 

2017年8月 2日 (水)

JAFFレファレンスの統計 Statistics of JAFF References

WWFF、ワールド・ワイド・フローラ・ファウナ、のホームページには様々な機能が備わっていますが、その "DERECTORY" のプルダウン・メニューで "STATISTICS" を選ぶと、今までに運用があったレファレンスについて、主な項目の統計を見ることができます。
今度の週末にJA7IC局がJAFF-0004, 磐梯朝日国立公園(磐梯)からフィールド・デーに参加される予定ですが、今までに他の局によるアクティベーションもあり、JAFFのレファレンスの中では最も交信数が多いのではないかと思われたので、この際、本日現在の統計を見てみました。
実際には、JAFF-0209、千葉県立九十九里自然公園が 1,478交信、ユニーク局数 1,340局で一番多くなっていましたが、ここは固定局からの参加があるという特殊なケースなので、それ以外で、ユニーク局数が500局以上のものをユニーク局数の順に並べてみました。
    ナンバー    レファレンス名            回数 交信数 ユニーク局
1  JAFF-0004  磐梯朝日(磐梯)             15    1,655    1,141
2  JAFF-0110  暑寒別天売焼尻(天売焼尻)  2     1,390       837
3  JAFF-0074  北長門海岸                 4        896       737
4  JAFF-0009  富士箱根伊豆(富士)          26       908       695
5  JAFF-0017  日光                                 10       789       644
6  JAFF-0092  慶良間諸島                       12       774       580
 
局数が多くなるためには、回数(日数でカウントされていると思われます)、オペレーターの技量、熱意、コンディション、IOTA、JCC/G、その他の付加価値の有無、コンテスト参加の有無など、様々な要因があるので、これだけからでは、ほんとうにWWFF/JAFFを追いかけている局の需要をどの程度充たしているか、正確には判定できませんが、およその目安にはなると思います。
なお、今までの運用は、国内とEU/AS相手がほとんどでしたが、NAでもKFF/POTAが広まりつつあるので、コンディションが開ければ、そちらとの交信も期待できます。NA/SA方面に関しては、どこのJAFFレファレンスもほぼまっさらなので、アクティベーター各局の挑戦が待たれます。
55740280_orgv1501592409
            4位の富士箱根伊豆国立公園(富士)、JAFF-0009、の本栖湖
            (2010年8月撮影)
            Lake Motosu in JAFF-0009, Fuji-Hakone-Izu National Park.
The list above shows the top six most activated JAFF references picked from the WWFF home page ranked according to the unique calls (the number at far right in each row).

2017年8月 1日 (火)

IOTAの日本の島リスト IOTA Directory for JA in Japanese

昨日の記事でCQ誌が必ずしも100パーセント信頼できなかったことを思い出し、今年の8月号の海外コンテスト規約のページを見てみました。
215ページにIOTAナンバーの表がありますので、行ったことがある島はどこだろうなどど考えながらずっと見ていくと、「AS-079 宮古島」とあるのが目にとまりました。宮古島の周辺には伊良部島などいくつかの島がありますから、単独で載っているのはおかしいと思い、元のディレクトリーを見てみると、やはり"MIYAKO ISLANDS" で、単数形ではありません。
 
他にもこのような不正確な記載があるかもしれないと、元の英語のディレクトリーを見ると、北海道、本州、四国、九州および南鳥島以外はすべて"ISLANDS" と複数形です。
英語と違って、日本の地名としては、複数の島の集合に対して「諸島」、「群島」、「列島」と三通りの呼び方がありますし、「本州沿岸の島」のように、日本の地名にないものは、英語は複数でも、「島」でも良いと思われるものもあります。
JA9IFF局が開設されている"IOTA JA Check Point Home Page"のリストも英語なので、日本語の公式リストはないようです。
CQ誌が何によってリストを作ったのかは不明ですが、地名としては最も権威があると思われる、国土地理院の地形図で、該当する島の集合の名称を当たってみました。
例外もあるようですが、一定の海域に島が散在する場合は「群島」または「諸島」、3つ以上の島々が列状に並んでいる場合は「列島」を使い、「群島」や「列島」がさらにまとまっている場合は「諸島」を使っているようでした。
 
その結果は、下記のとおりです。
IOTAのリストと異なる名称になっているものもあるので、それは〔〕内に記載しました。
 
    CQ誌の記載   地理院地図による地名
AS-017  沖縄      沖縄諸島
AS-023  奄美諸島   奄美群島(注1)
AS-031  小笠原     小笠原群島〔父島列島/母島列島/聟島列島(別名ボニン列島)〕(注2)
AS-036 壱岐/対馬  壱岐/対馬(諸島)〔IKI / TSUSHIMA ISLANDS〕(注3)
AS-037  甑島       甑島列島
AS-049  トカラ列島   吐噶喇列島
AS-079  宮古島     宮古列島
OC-073  南鳥島     〔南鳥島(別名マーカス島)〕
 
(注1)奄美群島+吐噶喇列島+大隅諸島=薩南諸島
(注2)小笠原群島+火山列島=小笠原諸島。RSGBのリストではJAを4つのグループに分け、その一つに "OGASAWARA ISLANDS" を使っているので、AS-031に「小笠原」を使うと英語では「諸島」、「群島」の区別がないため、同じになってしまう。
(注3)両島の周辺の小島も含めて複数形になっていると思われるが、地理院の地図上には、壱岐諸島、対馬諸島という記載は見当たらないので、慣例的な呼び方を重視するなら、CQ誌の記載のままで良いとも考えられる。
 
やや重箱の隅をつつくようなことになりましたが、地名も大切な文化遺産の一つですから、ないがしろにするべきではないと思います。JAには27のナンバーがあり、うち単数形の島が上記の5つで、残りは22です。字の違いの吐噶喇列島と別名記載の有無の南鳥島を別にすると、そのうちの5つか6つについて英語の複数の島に対応する語が落ちているか、地理院地図の用例とは違っていることが分かりました。
 
JA1QXY局のIOTA MAP のJA分はたいへんな労作で、非常に便利です。
ただ、島のグループの名称は、いくつか上に調べたものとは異なるものが使われていました。
 
今朝は、JP1QEC局のSOTA移動を追いかけていたのですが、途中から地理院地図の閲覧に夢中になり、すっかり忘れてノー・QSOになってしまいました。管理人には無線より雑学の方が面白くて向いているのかも知れません。
10006406_624v1483236664_s
          対馬北部の海岸線(2008年)
                      The coast line of northern Tsushima, IOTA AS-036.
 
10006344_orgv1489816803
          対馬にある日本最西北端の碑
                      Monument of the most northwestern point of Japan in Tsushima.

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »