2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月18日 (火)

JAFFで多忙な日 A Busy Day of JAFF

一昨日、7月16日(日)は、JAFF、JAフローラ・ファウナ・アマチュア無線アワードプログラムが昨年8月にスタートして以来の盛況の日でした。
1日に4局がほぼ同時にアクティベーションに行かれました。大きなアワードではたいしたことではありませんが、アクティベーションに参加している局がまだ少ない現状では、初めてのことでした。
Jaff_20170716
 
JS1UEH局が、日本の代表的な国立公園の一つである中部山岳国立公園、JAFF-0006、から初のオンエアをされたのが一つのきっかけのようですが、その副産物として、P2P、 公園対公園の交信も複数ログされたようです。
管理人もJAFF-0242、JAFF-0215の2つと交信することができ、前者はニューでした。アクティベーションをされた皆さん、ありがとうございました。
 
Sunday, July 16, was a busy day for JAFF hunters. Four activators, including JS1UEH/9 in JAFF-0006, Chubusangaku National Park, were active on one day for the first time since the JAFF program was launched nearly one year ago.

2017年7月15日 (土)

「イギリスの大貴族」 Grandees of England and Their Castles

図書館で持ち運びしやすい新書か文庫本を探していて目に止まったので、「イギリスの大貴族」海保眞夫著、平凡社新書、1999年刊、を借りて読みました。テレビ放送中の「ダウントン・アビー」を録画して見ているので、英国の貴族のことに少し興味が出ました。
この本によりますと、英国の上院に議席を与えられている世襲貴族は750名いるそうですが、「大貴族」といえる家は、その約1割くらいだそうです。
本書は、その中でも中世以来の由緒がある3つの家、ノーサンバランド公爵、ダービー伯爵およびノーフォーク公爵に的を絞り、それぞれの歴史や著名な人物のことを書いています。いずれも、前身の伯爵家なども入れれば、14~15世紀以来の貴族です。
管理人は城に興味がありますので、ここでは、この本に出て来た貴族の城や居館と、余談として取り上げられている有名な城をリストにし、ホームページがあるものはそのURLも記録してみました。
本はすべてカタカナ表記ですが、ネットで英語の元の綴りを調べました。旅行に行く場合は、元の綴りが分からないと不便だと思います。
なお、爵位に付いている名前は、ほぼ日本の県にあたるようなエリアの英国のシャイアの名前のようで、一族の姓は別にあります。日本の薩摩守島津家というのと似ていると思いました。もっとも明治以降の日本の華族は、島津公爵のように姓で呼ばれますが、江戸時代は老中などが伊勢守とか、儀礼的な職名で呼ばれたようなので、少し似ています。英国の場合も、領地名は本当の本拠地、出身地と関係が深い場合と、儀礼的に与えられた場合と、ともにあるそうです。
無線の城アワード、WCAのナンバーがあるものは、それも記入しています。
-------------------
1.ノーサンバランド公爵パーシー家
  Duke of Northumberland, House of Percy
 
アニック城 Alnwick Castle, Northumberland
WCA G-00145
https://www.alnwickcastle.com/
サイオン・ハウス Syon Park, Middlesex / London
https://www.syonpark.co.uk/
-------------------
2.ダービー伯爵スタンリー家
    Earl of Derby, House of Stanley
 
レイサム荘園 Lathom Manor, West Lancashire.
フートン荘園 Hooton Manor, Chesire.
ノーズリー Knowsley Hall, Merseyside.
 
ピール海城 Peel Castle, Isle of Man
 
-------------------
3.ノーフォーク公爵ハワード家
    Duke of Norfolk, House of Howard
 
ハワード城 Castle Howard, Yorkshire   
WCA G-00389
http://www.castlehoward.co.uk/
オードリー・エンド Audley End House, Essex
http://www.english-heritage.org.uk/visit/places/audley-end-house-and-gardens/
-------------------
4.関連記述で出てくる城
 
ハットフィールド城 Hatfield House, Hertfordshire
Cecil Family, Earl of Salisbury
http://www.hatfield-house.co.uk/
ブレニム城 Blenheim Palace, Oxfordshire
Churchill Family, Duke of Marlborough
WCA G-00240
http://www.blenheimpalace.com/
-------------------
5.「ダウントン・アビー」のロケ地
ハイクレア城 Highclere Castle, West Berkshire
Earl of Carnarvon, Herbert Family
https://www.highclerecastle.co.uk/

2017年7月10日 (月)

暦と週 Calendar and Week

先日、七夕に関連して暦のことを書きました。その時に思ったのは、現在、カレンダーを見てみなさんが気にするのは週の曜日なのに、これは西洋からの輸入で、江戸時代以前の日本の暦には曜日がなかったことです。
もっともリタイヤ生活になって、毎日が日曜日ですが、自分が働いていなくても、子供たちと会うとか、役所、病院、その他のサービスを受けに行くとか、観光地の渋滞とか、生活と曜日は密接に関係しています。
なぜ1週間が7日なのか、これは年とか月のような物理的に決まってくるものではないので、ちょっと不思議です。
江戸時代以前には、子の日、丑の日とか十二支のサイクルで日を考え、さらに甲乙丙丁の十干を組み合わせて60日のサイクルで日を考えていたようです。
近所にもところどころに庚申塔が残っていますが、60日に一度徹夜することで、生活にメリハリを付けていたのではないでしょうか。
Img_8644s
 
週の7日サイクルには諸説あるようですが、月の30日に対して、その4分の1に近いことが、大きな理由ではないでしょうか。
例えば、昨日、7月9日(日)は月齢15の満月でしたが、そのことから、2週間後の23日か24日が新月と推定できます。(月齢カレンダーでは23日)
週の起源は古代バビロニアに遡るらしいですが、いまや人類の文化の要素として、欠くことのできないものになっているようです。
There was no concept of the week in Japan before the Meiji Restoration. Days were counted by sexagenary. There remains some koshin stone pillars in our neighborhood, suggesting that local people stayed awake once in every 60 nights
 
 

2017年7月 4日 (火)

V6J ミクロネシア連邦モキル島移動局

昨日、7月3日(月)の午後2時(0500 UTC)過ぎに、ミクロネシア連邦の離島、ポンペイ島の東約150kmにあるモキル島、IOTA OC-226、にIOTAペディションで滞在、運用中のV6J局と、14MHz, CWで交信しました。ちょうど信号が上がってきていて、呼ぶ局が少なく、当方のような弱小局でも交信ができて幸運でした。
QRZ.COMのV6Jのページに現地からの最新情報が出ていますが(JN6RZM局のブログには翻訳あり)、開発途上の小さい国の離島ならではの、いろいろな難しさがあるようです。島への船も最初の予定より1週間くらい遅れたようで、帰りの飛行機便も変更でしょうから、休暇を取って行った方はそれも延長で、たいへんと思います。
4人のメンバーの一人、JP3AYQ局は、JAFFにも参加されて、慶良間諸島国立公園、JAFF-0092、からQRVされています。
スムースな運用と帰途のご安全をお祈りします。
 
当ブログの管理人は、2005年にチューク州の中心、チューク環礁のウェノ/モエン島に行ったので、その頃に、ミクロネシアの離島についても少し調べました。
太平洋諸島と大戦中の戦記にたいへん詳しい方から、自分はもう高齢で行けないからと、「モートロック戦記」(昭和58年刊、非売品)という貴重な書籍をいただきました。
Mortlock_book_2
 
モートロックk諸島は、チューク環礁の東南約250kmにあり、IOTA OC-254というレファレンス・ナンバーが付いています。交信済み率は14.5%で、IOTA-226、モキル・ピンゲラップ環礁の11.9%に比べると、それほど高値ではありません。
大戦中は、チューク(旧トラック)環礁が日本軍の重要基地であったので、そことニューブリテン島のラバウルとの間にあるモートロック諸島やカピンガマランギ環礁、IOTA OC-167、が軍事的に重視されたようです。
The V6J team on the rare IOTA OC-226 is active now. Was lucky to work the station on 20m with an antenna for other bands local afternoon, yesterday. The team seems to be coping with some problems according to the pilot, Joe, JJ3PRT. Wish them good luck.
 
The book above was compiled by the Japanese veterans stationed in the Mortlock Atoll, Chuuk State, F.S.M., IOTA OC-254. They had hard times with no supplies during the last half ot WW II and some survivers from there edited this book in 1983.

« 2017年6月 | トップページ