2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自然公園の区域図の正確さ The Accuracy of Area Maps of Natural Parks | トップページ | 運転免許更新用高齢者講習 A Training Session for Aged Drivers »

2017年6月11日 (日)

印旛沼移動余話

今回の印旛沼沿岸移動で宿泊したキャンプ場は市営だったためか、印旛沼や佐倉市関係のパンフレットがいろいろ置いてあり、自由に持ち帰りができました。
すでに紹介した佐倉市発行の「もっと知りたい!印旛沼 印旛沼ミニ・ガイドブック」はハンディーで便利ですが、千葉県・印旛沼流域水循環健全化会議発行の「里沼ウォーキングマップ 印旛沼」というものもいただきました。広げるとデスクくらいになる大きなもので、片面は1/25,000で元の印旛沼すべてと周辺の丘陵地をカバーしており、もう片面は1/50,000で、千葉市の南部まで広がる印旛沼の流域がすべて入っています。色刷りの無料で良いのかと思ってしまうほど上質のものでした。
 
これらの資料にも助けられ、このところしばらく足が遠のいていて、頭の中で所在がぼんやりしていた千葉県北部の都市の位置関係やそれぞれの性格を復習することができました。
印旛沼の頭のように見える現在の北印旛沼の東にある台地の上に成田市の旧市街、成田山新勝寺の門前町があります。その台地の東側にはまた広い低地があり、根木名川(ねこながわ)が利根川に注いでいます。
根木名川の東の台地は利根川の右岸、南側に続き、一度小野川で途切れますが、この小野川の河口から川沿いできた河港の町が佐原です。佐原の東の丘陵に香取神宮が鎮座しています。(その境内は国定公園区域になっています。)
佐原の北、利根川の対岸は水郷で、霞ヶ浦、北浦にも水路が通じていますから、水運の要として賑わったことは肯けます。
Sawaranamegawa_ss
 
香取神宮、佐原の伊能忠敬旧宅、下総神崎(こうざき)の神崎神社など、行ったことがありますけれど、大昔だったり、そこのポイントだけ行って周辺との関係に注意していなかったりでした。
 
この際、もう少し知っておこうと、利根川左岸の茨城県某町の出身で、高校は佐原に行ったという知人H君の話を聞いてみることにし、一昨日、9日(金)の昼に食事をしながら話をききました。
 
Photo
        佐原の伝統的建造物群(香取市ホームページより。
        http://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/machinami/hozonchiku.html )
 
通学は昭和30年代の半ば、東京オリンピック開催前のことです。
千葉県立大利根自然公園、JAFF-0204、が利根川の10キロほど上流の下総神崎から佐原市の水郷筑波国定公園区域が始まるところまで、利根川河川敷に指定され、また市街の西の台地のあたりも自然公園の区域になっています。地図で見ると寺社が多いようですが、H君によると、京都でいえば嵐山のようなところなのだそうです。区域の南端あたりにある観福寺という寺は、境内も広く、一見の価値のあるところだそうです。
 
高校は佐原駅から徒歩15分くらいのところにあり、普通は一番近い静かな道を歩くのだそうですが、港町なので、花街もあり、そちらに寄り道した人もいて、そのような所業が嵩じた結果、卒業できなくなったケースもあり、入学数と卒業数が10人以上違っているそうです。ただ、卒業しなかったクラスメイトとの再会を楽しみにしている級友もあり、原則として3学年次のクラスで開くクラス会を別の学年次で開こうという人もいて、そのような会も持ったことがあるとのことでした。
 
普通でいえば越境入学なので、どうしたのかと聞いてみましたが、通った高校の学区に、はじめから茨城県が含まれていて、何のやましいこともなかったのだそうです。それには、出身地がもともとは千葉県で、明治32年になって茨城県に編入されたという歴史も関係しているようです。利根川本川の流路も長い間に変化してきたので、そのようなことになったのかも知れません。
今回地図を良くみて、佐原市のところで、利根川の左岸の水郷のあたりまで千葉県で、利根川が千葉・茨城両県の県境と考えるのは間違いであることを知りました。
 
現在では利根川に架かる橋も増えていますが、当時はまだ少なく、通学には渡船と成田線を利用して、列車待ち時間も入れると1時間以上かかっていたそうで、春先の強風のときの渡河など、今から思えばかなり危険なこともあったといっていました。
H君の出身地の旧村のことなど、興味深い話も聞けましたが、何か機会のあるときにでも紹介したいと思います。
 

« 自然公園の区域図の正確さ The Accuracy of Area Maps of Natural Parks | トップページ | 運転免許更新用高齢者講習 A Training Session for Aged Drivers »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/65399356

この記事へのトラックバック一覧です: 印旛沼移動余話:

« 自然公園の区域図の正確さ The Accuracy of Area Maps of Natural Parks | トップページ | 運転免許更新用高齢者講習 A Training Session for Aged Drivers »