Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« JAFF賞状プリント JAFF Award Diplome | トップページ | 西武多摩川線沿線ウォーキング Walking in Fuchu, Chofu, Mitaka & Koganei, Tokyo »

2017年5月 4日 (木)

武蔵藤沢駅-入間市駅ウォーキング Walking in Iruma City, Saitama

昨日、5月3日(水)は、また我が家の隊長と一緒に鉄道沿線ウォーキングに参加しました。季節も天気も良く、参加者が多くて賑やかでした。
コースは、西武池袋線の武蔵藤沢駅から同線で2駅飯能寄りの入間市駅まで、9.5kmでした。
この辺りの線路は大きく曲がっているので、一番近い道を真直ぐ歩けば3-4km程度のところですが、コースはいくつか寺社や地蔵のある辻をめぐるように、くねくねと設定されていました。コースの真ん中辺りは、不老川と霞川という入間川の支流の小川に挟まれた台地なので、少しアップダウンがありました。
古い寺や神社は、おおむね昔からの集落の近くにあるので、地付きの住民のものと思われる大きな屋敷のそばも通りました。一部には最近に開発された住宅団地もあり、混然とした印象を持ちました。
出発して30分くらいで着いた藤沢地区の源光山不動院というお寺には、「十三仏結衆板碑」という文明2年(1470年)の板碑がありました。「結衆」とは仲間のことで、60余名が共同して立てたものだそうです。
Rimg0118s
          A religious stone monument to express 60 some builders wishes. Built in 1470 AD. 
 
台地の上にはところどころ茶畑があり、新芽が出ていてきれいでした。
Rimg0127s          Tea farms are seen occasionally in the area we walked.
霞川のほうが大きく、河原では女の子が遊んでいました。リュックサックを土手にきちんと並べて置いていました。
Rimg0128s
霞川の左岸、西側の高台の高倉地区には高倉寺があり、西や北の展望もきく良いところでしたが、前にも来たことがあり、ブログにも書いたので、省略します。

« JAFF賞状プリント JAFF Award Diplome | トップページ | 西武多摩川線沿線ウォーキング Walking in Fuchu, Chofu, Mitaka & Koganei, Tokyo »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵藤沢駅-入間市駅ウォーキング Walking in Iruma City, Saitama:

« JAFF賞状プリント JAFF Award Diplome | トップページ | 西武多摩川線沿線ウォーキング Walking in Fuchu, Chofu, Mitaka & Koganei, Tokyo »