2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 武蔵藤沢駅-入間市駅ウォーキング Walking in Iruma City, Saitama | トップページ | 奥武蔵自然公園ハイキング Hiking in Okumusashi PNP »

2017年5月18日 (木)

西武多摩川線沿線ウォーキング Walking in Fuchu, Chofu, Mitaka & Koganei, Tokyo

今日、5月18日(木)は天候が変わりやすくにわか雨も降るかも知れないという天気予報でしたが、我が家の隊長から、大丈夫だからウォーキング行くとの指令で、約10キロのコースを歩きました。
西武鉄道でもJR中央線武蔵境駅から西南に盲腸のように伸びている多摩川線の沿線、2つ目の多磨駅から東側へ進み、一駅北の新小金井駅に戻るコースでした。
多磨駅から東へ行くと、調布飛行場の西北の角に当たります。飛行場の西側から南側にかけては都立武蔵野の森公園になっていて、滑走路の南側をまわって公園を抜けるまでに30分ほどかかりました。
Rimg0157s
          Chofu Airport.
ここから東北に進むと野川に出るので、川沿いの遊歩道を下流へ進み、さらに東へ進んで深大寺に着きました。参拝、休憩などで境内で30分ほど過ごし、深大寺の西側の坂を北へ上がって神代植物公園の北側を西へ戻り、幅の広い武蔵境通りに出て北に行きました。
野崎八幡前交差点で、これも幅の広い幹線道路である東八道路を西へ進みました。
一昨日からホットな話題になっている国際基督教大学の東南の隅の裏門の脇を通りました。
Rimg0179s
          The back gate of the International Christian University, Tokyo.
H.I.H. Princess Mako studied in this university, and it was reported that she will be engaged with one of her classmates by news media the day before yesterday.
基督教大学裏門から東八道路は長い下り坂となり、また野川に架かる橋を渡りました。
Rimg0182s
          The Nogawa Creek (meaning a field river) looking upstream from a bridge of Tohachidori Highway.
川沿いに上流へ進み、西武多摩川線に突き当たったところから線路沿いに北へ向かって新小金井駅に着きました。野川を歩いているときにパラパラと雨が落ちてきましたが、傘を広げるところまでにはならずに止みました。
東京外国語大学、警察大学校(元は中野)味の素スタジアムなど、調布飛行場周辺の様子を今日初めて知りました。また、東八道路は車ではときどき通っているのですが、やはり歩くとこんな店もあったのかと、良く様子が分かりました。
おまけ。
東八道路から北の方のビルの屋上にアンテナが見えていました。某自動車メーカーの工場のようで、会社のクラブ用でしょうか。Rimg0176s
このところブログ書きも間遠になってしまいました。無線の方は、連休以降、JAFFアクティベーションが増えて、その追いかけで相当に時間を使いました。アクティベーターの皆さんのログの処理、アワード発行などにも時間がかかり、書く余裕があまりありませんでした。これらはデスクワークなので写真もなく、記事にしにくいこともあります。
 

« 武蔵藤沢駅-入間市駅ウォーキング Walking in Iruma City, Saitama | トップページ | 奥武蔵自然公園ハイキング Hiking in Okumusashi PNP »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/65296623

この記事へのトラックバック一覧です: 西武多摩川線沿線ウォーキング Walking in Fuchu, Chofu, Mitaka & Koganei, Tokyo:

« 武蔵藤沢駅-入間市駅ウォーキング Walking in Iruma City, Saitama | トップページ | 奥武蔵自然公園ハイキング Hiking in Okumusashi PNP »