2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 比企丘陵自然公園-物見山公園移動運用 Portable JAFF-0216 | トップページ | 吾妻峡・多峯主山ウォーキング Walking in Hanno City, Saitama »

2017年3月 5日 (日)

上石神井駅-としまえん正門ウォーキング Walking from Kamishakujii to Toshimaen

前回の鉄道沿線ウェーキングは、家から徒歩圏内のコースでした。昨日、3月4日(土)に参加したコースは、自転車ならなんとか届く範囲の比較的近いエリアのコースでした。
 
スタートが西武新宿線の上石神井駅で、ここから北上して石神井公園に入り、後は石神井川沿いに東の方へ進んで、としまえんの正門でゴールという、約8キロの歩行でした。ポイントは880点になり、1,000点までもう少しです。
 
10時半ごろから歩き始め、20分くらいで、まず前にも行った三宝寺を拝観しました。
2013年9月24日の記事に書いています。
Img_1849s          三宝寺御成門。文政10年(1827年)のもので、昭和28年に修覆されたものとのことです。(説明看板に「修覆」とあります。)
 
裏手の氷川神社にも寄りました。石神井郷の総鎮守だったそうで、上石神井村、下石神井村だけでなく、谷原、田中、関の五つの村の鎮守だったとのことで、練馬区でも大きな神社だと思います。
すぐ隣が15世紀ごろに現在の東京西北部を支配した豊島氏の西の拠点の石神井城だったので、その頃からこの辺りの中心だったと思われます。なお、豊島氏は、江古田原・沼袋の戦いで太田道灌に敗れ、支配者でなくなってしまいました。
 
神社のすぐ北の三宝寺池から石神井池沿いの石神井公園内の道を歩き、石神井川沿いの道に出て、西武池袋線の高野台駅付近で、池袋線の北側に出るところまでは、2016年12月5日の記事で書いた「石神井公園・石神井川ウォーキング」と同じでした。
その時は、途中から西へ折れて台地に上がり、長命寺へ行きましたが、昨日は、そのまま川沿いに進みました。
20分くらいのところで、川が目白通りと200mばかり並行に流れるようになりました。石神井川に架かる目白通りの橋には、「練馬大橋」という名が付いていました。斜めに架かった橋で、車で走っていると気付かずに通ってしまいます。
目白通りは、ちょうどここで環状八号線と立体交差しており、オーバーパスには「練馬中央陸橋」という名前が付いています。前日、3日(金)の東松山市行きでも車でここを通っているし、関越道や外郭環状道路を使うときには必ず通るところですが、歩いて通るのは初めてなので、写真を撮っておきました。(都心方向を見たところです。)
Img_1858s
この交差点で、目白通りを横断して、さらに川沿いに10分くらい進むと前方にとしまえんの木立が見えてきました。としまえんの南側の縁に沿う道を何回か曲がりながら辿って行き、表になっている東側に出て、正門付近に作られたテントでゴールインしました。12時40分ころでした。
近くのイタリアン・レストランでランチを食べ、我が家の隊長と一緒に義母が入っている老人ホームまでさらに2kmほど歩きました。見舞いの後、朝にそこに置いていた自転車で帰宅しました。

« 比企丘陵自然公園-物見山公園移動運用 Portable JAFF-0216 | トップページ | 吾妻峡・多峯主山ウォーキング Walking in Hanno City, Saitama »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/64975445

この記事へのトラックバック一覧です: 上石神井駅-としまえん正門ウォーキング Walking from Kamishakujii to Toshimaen:

« 比企丘陵自然公園-物見山公園移動運用 Portable JAFF-0216 | トップページ | 吾妻峡・多峯主山ウォーキング Walking in Hanno City, Saitama »