2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

入間川沿いウォーキング Walking along the Iruma River

今日、3月30日(木)は快晴で暖かく、ウォ-キング日和でした。ただ春霞で遠くの山などは見えませんでした。
西武新宿線の終点の一つ手前の南大塚駅を出発し、北西に進んで入間川に出て八瀬大橋という長い橋を渡り、左岸側の河川敷の歩道や堤防上を北東、下流へ行き、初雁橋という橋で川から離れて東の川越市街に向かって西武線の本川越駅でゴールする約10キロのコースでした。持参のパンのランチ休憩を入れておよそ3時間で、例によって我が家の隊長と一緒に完歩しました。
Img_20170330_111937s
          八瀬大橋から見た入間川の下流方向。見えている橋は関越自動車道。
          Looking northeast, downstream, from a bridge over the Iruma River, Saitama.
The downtown Kawagoe City and the former Kawagoe Castle, WCA JA-00073, is about 10km away.
いつも関越道を走っていると目に入る入間川ですが、川から高速道路を見るのは初めてで、河川敷の様子が良く分かりました。無線もできそうな広い場所がありましたが、JCC 1302で別段付加価値がないので、わざわざ行く価値は乏しそうです。10kmほど東北の川越城にはWCA JA-00073というナンバーがありますが、市街の中なので所定の1kmの範囲内に運用場所を見付けるのが難しそうです。
Img_2023s
          シラサギ。
鉄道沿線ウォーキングも今日で36回目でした。26日の前回までで980ポイントで、今日は年度末の特別サービスで80ポイントをもらいましたので、1,000ポイントを越え、スイカに1,000円分をチャージしてくれる引換券を貰いました。1回が50ポイントか30ポイントで、25回くらい参加すれば1,000ポイントになるはずですが、当方の場合は、1年半くらい前に参加と参加の間が夏場の暑い時期に6ヶ月以上空いてしまったので、600ポイントくらいで、ゼロにリセットされてしまったので、回数が多くなりました。
隊長のほうは、一度紛失したにもかかわらず、もう2回引換券をもらって、そろそろ3回目も遠くないといっています。
 
Img_2050s
おまけです。かなり遠いので、細かいところは不明です。左岸の堤内地は工場団地になっていて、工場内の建物の屋上にタワーがあるように見えたので、個人局ではないかもしれません。
Img_2036s_2

2017年3月26日 (日)

新宿までウォーキング Walking to Shinjuku

今日、26日(日)は東京は雨でした。我が家の隊長は、グループで寺社めぐりをする予定だったのですが、順延になり、暇になって、小雨なのでまた鉄道沿線ウォーキングに行こうと、お誘いがありました。
オーストラリアで自然公園移動の無線運用があるようだし、ちょっと考えましたが、スタートが徒歩20分ほどに隣の駅で、参加が容易なので、行くことにしました。
コースは、妙正寺川に沿う道を下り、下落合から神田川沿いを上流へ歩き、淀橋で青梅街道へ出て、職安通りから西武新宿駅へ行くというものでした。
桜が咲いていれば、神田川の花見をしながら歩くのですが、今年はまだ少し開き始めただけで、1週間ほど早いようでした。
Dsc_0322s
          1本だけかなり咲いている木がありました。
          Cherry blossams along the Kanda River, Shinjuku-ku, Tokyo.
Dsc_0323s
          大久保通りの橋は末広橋です。新宿副都心方向を見たところです。
          Highrise buildings of Shinjuku from the Suehiro Bridge of Okubodori Avenue.
コース設定では、川の左岸を歩くようになっていましたが、右岸側の方が細長い枯山水が遊歩道沿いに整備されているので、右岸を歩きました。距離がありますから庭石もたくさん使って、整備にずい分と経費もかかったような印象です。隊長の所見では、ただの平なスペースにすると、ホームレスの人が使ってしまうので、その防止も兼ねているのだろうということです。花見の人たちも右岸を使うようで、そのために、コースは左岸にしてあると推測しました。
 
3月下旬なので、手袋を毛糸のものから登山用軍手に替えて出かけたのですが、これは失敗で、なかなか寒い日で、手が冷たくて困りました。隊長のウールの手袋を片手だけ借りて歩きました。
昼食は、新宿サブナードにある1500円で90分間イタリア料理食べ放題、デザート、ドリンクバー付きという店でとりました。まだ11時15分ごろでしたが、満員状態でした。さすが新宿というか、いろいろな店があるものです。
 
 

2017年3月25日 (土)

Portable JAFF-0212 埼玉県立狭山自然公園移動運用2回目

Activated JAFF-0212, Sayama Prefectural Natural Park, Tokorozawa City, Saitama yesterday for the second time.
Transmitted CQs from about 0530 through 0845 UTC mostly on 17m band with occasional QSY to 15, 20 and 40m, but logged only 26 contacts. Eight oversea contacts were made on 17m: 4 EUs, 3 Asiatic Russians and VK4FW. Another contact with VK4FW on 15m was possible.
My signals were spotted in clusters several times and I am grateful to spotters, but it turned out that only a few stations called after each spot yesterday. The vertical antenna with two radials was the most I could set in a commercial parking space for sightseers.
Img_2004s
My car was parked towards Europe. Lake Sayama, a reservoir for Tokyo water supply, and head tower in it are seen in the photo.
昨日、3月24日(金)は、埼玉県立狭山自然公園へ行きました。昨年の9月と同様、狭山湖の堰堤の南の端から約300mの駐車場に陣取り、1430Jころから1745J ころまで、18メガを主に、21,14、7とバンドもうろうろしましたが、成果はあまり上がりませんでした。
トータルで26、うちオーバーシーは9でした。(AS-3, EU-4, OC-2. 同じ局との2バンド交信を含む。VK4FWです。)
ありがたいことに、クラスターに何度も上げてもらいましたが、その後はそれぞれ1局程度で、後が続きませんでした。

コンディションも良くなかったと思いますが、アンテナもどうも良くないようです。(ラジアル2本のバーチカル。車の前方がEU方向。)ノイズを拾いやすいのか、耳が悪く、コピーに苦しみました。
日没までやった効果もあまりなく、先週の終了時間の1630よりも遅い時間の交信は、7メガのJAの11局とOH 1局でした。
 
天気はまず良かったのですが、冷たい風が吹いていました。
 
前回は、堰堤を北側まで往き、少し高まったところあたりを歩いたので、昨日は、堰堤は3分の1くらいまでで引き返し、道路と山口観音やその墓地、西武球場の駐車場などの間に挟まれた細長い尾根道を行ってみました。道沿いにベンチや東屋が数か所設けられていて、週日なら無線もできないことはなさそうでしたが、道路の交通量が多く、騒音が聞こえてきます。
 
Img_1997s_2
林の中に句碑がありました。儘田司水という人の句で、山口貯水池の建設から管理まで、30数年に亘って携わった人だそうです。
 
駐車場からトイレのある堰堤方面へ行くのにも、この道路を横断するのですが、自然公園の中の道にしては交通量が多いのに驚きます。多摩湖と狭山湖が東西に長く伸びているので、狭山丘陵の北の埼玉県と南の東京都を結ぶ交通路の数が限られているからと推測しました。
ついでに、堰堤のたもとにあった碑も紹介します。誰の書かと思ったら、近ごろ話題の石原慎太郎元東京都知事のものでした。場所は埼玉県ですが、東京都水道局の施設なので、元知事の書があるようです。
Img_1987s
 
車の北西方向、狭山湖との間にちょっとした高みがあります。階段はほとんどなく、ゆるい坂で行けるので、次の機会には、そこで野外運用も考えてみますが、4月下旬以降は木が葉を付けたり、草が伸びたりで、様子が変わるかも知れません。
Img_1980s

2017年3月19日 (日)

さぎ山記念公園と見沼代用水 Sagiyama Park and Minumashiro Irrigation

3月16日(金)の埼玉県立安行武南自然公園行きについて、もう少し書いておきます。
アマチュア無線の関連で、2つほど補足します。
1.運用した「さぎ山記念公園」は、「公園アワード」の公園リストで、埼玉県の02番になっていますので、7メガのCQではこのナンバーもときどき送りました。最初にJクラスターに上げていただいたときには、JAFFナンバーはなく、公園ナンバーのみ記入されていたようでした。
2.運用地が自然公園区域内であることは、JL1NIE局作成のJAFFとSOTAサミットを表示するソフトで確認できました。
同局のブログで紹介されていますけれど、たいへん便利なものです。開発どうもありがとうございました。
The JAFF and SOTA map programmed by JL1BNE was used to confirm that the QTH was in the JAFF area. The program is not open to the public at present according to the copyright policy of the digital boundary data of the national government.
 
さぎ山記念公園は、周辺の市街化が進む前に、このあたりにたくさんのサギが生息していたことを展示施設である記念館などで残していこうと作られたもののようです。
記念館の前庭には、サギのレリーフが付いた日時計がありました。
Img_1947s
                    A sundial with a relief of a heron in the Sagiyama Memorial Park, Saitama City.
 
芝生は養生中で立ち入り禁止でした。芝生の向うは池になっています。
記念館の裏手は、3~4メートル高い台地になっていて、斜面は林になっています。この部分だけは土の道でしたが、池の周りなどはほとんど舗装されていて、自然公園の中の趣きはあまりありません。自然公園の看板なども見当たりませんでした。
台地から池を見たところです。
Img_1951s
                    A pond in the Sagiyama Memorial Park from the edge of woods.
 
さぎ山記念公園を西に抜けると、見沼代用水がありました。写真は南、下流側の用水で、左手が斜面緑地になっています。県立自然公園は、このあたりでは用水路が境界線になっているようです。
Img_1953s
                    The Minumashoro Irrigation Waterway from the 18th century.
 
このあたりは江戸時代初期には、もともとの湿地帯を利用した大きな溜池だったそうです。徳川吉宗が将軍のころに、排水路、用水路を整備して、新田を開発し、これが見沼田圃という、広い水田地帯になっていました。
用水路を渡ると、また別の「見沼自然公園」という、制度上は都市公園と思われる公園があります。北側は広い芝生で中に開拓に携わった井澤弥惣兵衛(やそべえ)為永の銅像がありました。南側はかなり大きな池です。ただ、芝生の池寄りに高圧送電線が通っています。
Img_1959s
          The pond in the adjacent Minuma Nature Park.
 
こちらの公園は、見沼代用水の西側になり、JAFFの区域ではありませんが、公園アワードでは埼玉県の3番となっています。
ご存じの方も多いと思いますが、安行地区は、盆栽や園芸が盛んです。無線を運用した駐車場の隣は苗木の育成地らしく、根回しをした苗木がたくさん置かれて、出荷を待っているようでした。盆栽などがある公園もあるようです。
また、用水路、排水路(川)が多数ある地区内の舟の円滑な通行のため、通船堀が設けられていたので、その遺跡も安行武南自然公園の中にあるようです。
またの機会にこれらも見てみたいと思っています。
This area of Saitama Prefecture is famous for its horticulture and bonsai art.
 

2017年3月17日 (金)

埼玉県立安行武南自然公園移動運用 Portable JAFF-0219

今日は朝方、起きる前に夢を見ました。午後2時からの予定があるのに失念してすっぽかし、1時間以上も経った後にこれに気が付いて焦りました。目が覚めて本当にホッとしました。
この頃は滅多にないネクタイをして行く予定があったのがストレスになったのかも知れませんが、昨日のアマチュア無線の移動運用があまり冴えない結果で、気分的に落ち込んでいたからかも知れません。
 
昨日、3月16日(木)の移動運用の行き先は、前から近いので一度は行ってみようと、調べていた埼玉県の安行武南県立自然公園、JAFF-0219でした。
東京に近い平坦なところで、市街化が進んでいるので、車を止めて運用できそうなところは、都市公園の駐車場くらいしか見付けられませんでした。
2~3ヶ所の中で、駐車場の広さなどから、さいたま市緑区の「さぎ山記念公園」にしました。
駐車場は1700JSTに閉まるので、その前に無線をやめなければならない場所です。
 
予想はしていましたが、ロケーションに、何も利点のないところで、駐車場に着いたときには8割程度車が入っていました。1台分のスペースも最小限度なので、バーチカルしか上げられませんでした。
北側に送電線があり、また、駐車場の南側に3~4mくらい高い台地があり、東京、神奈川方面のグラウンド・ウェーブにも不利のようでした。
 
まず公園内を歩いてみて写真を撮ったりした後、セットにかかって、0300 UTC 少し前から7メガに出ました。
去年あたりからメインの110Ahの鉛バッテリーが寿命に近付いているのか、電圧低下が早いので、最初の国内、は、第2のリチウムイオン電池で、約15Wアウトで始めましたが、このバッテリーも経年劣化か充電不足か、7局ほどやったところで、リグの電源が落ちました。
そこで、鉛バッテリーで、約25Wでやっていました。このためか局数もなかなか伸びませんでした。早い時間帯の7メガ用アンテナはVCHコイル入りバーチカルでした。
 
Img_1971s
Img_1963s
          車は西を向いています。
 
0520 UTC ごろから18メガにQSYし、5分くらい後にRZ3 と交信しましたが、この時間では、起きている局が少ないので、後はサッパリでした。
18用のバーチカルのまま、7メガにも3回くらい戻って、局数をかせごうとしたのですけれど、あまり成果はありませんでした。
最後に18に出たときに、JA1局のクラスターへのスポットで、DXが呼んできましたが、弱くてなかなかコピーできませんでした。なんとか2局をログしました。
1局の I の局は、帰宅したらメールが来ていて、サフィックスの1字が、Gと聞いたのがFで、違っていましたが、短点二つを長点一つに聞いただけなので、ログを訂正することにしました。
18メガQSY以後は100パーセントのパワーでやっていましたけれど、予定の0730Zでバッテリーがダウン、韓国製"G & YU"のバッテリーも寿命の限界かも知れません。(18メガQSY以後は100パーセントのパワー。)
トータルで、アクティベーションのポイントが付く44局にぎりぎり届きました。
スマホでリバース・ビーコンをときどき見ていて、はじめのうちはZLとかBAとかになんとか届いていたようです。0700Z以後の18メガはまったくスキマーに拾われませんでした。
 
18JST少し前に無事帰宅しました。往きも帰りも外環利用で約1時間、距離は片道33キロです。暖かな日で、その点では快適でした。
コールして下さった各局、またスポットをしていただいた各局、どうもありがとうございました。
 
Went to activate JAFF-0219 at the Sagiyama Memorial Park, Saitama City, in Angyo-Bunan Prefectural Natural Park, Saitama.
Sagiyama means a heron hill. This area used to be a habitat of herons and the park has a small exhibition room for the drawings and photographs of the old days.
Logged 44 contacts: 41 JAs mostly on 40m band and 3 EUs on 17m by a vertical antenna. Had to stop my operation at 1730 UTC because the parking space was closed at 0800.
 

2017年3月11日 (土)

吾妻峡・多峯主山ウォーキング Walking in Hanno City, Saitama

今日は3月11日、6年前にあの大災害が起こった日です。あらためて犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
「早春の風を感じる吾妻峡を歩き震災復興元気市を楽しもう」という鉄道沿線ウォーキング・イベントが飯能駅スタート、飯能中央公園の元気市会場ゴールの約6キロのコースで催されたので、例によって我が家の隊長と参加してきました。
風は早春というにはまだ早い、冷たい冬の風でしたが、空は晴れて、歩いているうちに身体は温まり、ウォーキング日和といって良い日でした。
9時30分ごろスタートし、前にも通った赤く塗られた鉄パイプのアーチ構造の歩行者専用橋、割岩橋を渡って名栗川の右岸に出ました。途中、道路から峡谷に下り、しばらく最初の目玉の吾妻峡の河原を歩きました。
Img_1869s
          Azumakyo Gorge of the Naguri River.
ところが、少し進んだところで、岩の間を人一人しか通れないような関門があり、イベント参加者が100mほども行列になって、抜けるのに相当に時間がかかりそうでした。そのすぐ手前に、急な登りの上への抜け道があって、登っていった人がいたので、我々もおそるおそる登って道路に戻りました。
峡谷への入り口に係員がいて、峡谷は混みあうので、時間待ちをしたくない方は道路を進んでくださいと案内をしていたのですが、目玉でもあり、状況がちょっと想像できないので、谷に下りてしまったのですが、いちおう峡谷の景色も見られたので、良かったと思います。
道路に戻ってしばらく西、上流方向へ進むと、道の左側、山の裾に八耳堂という小ぢんまりとしたお堂がありました。境内に龍崖山というこの辺のハイキングコースの目玉になっている山の登山口があります。
暗い森の中のお堂と思っていましたが、奥には軍茶利神社という神社もあり、そこそこの境内地がある明るいところでした。
その先で谷に下りて、ドレミファ橋という潜り橋を渡り、左岸側に上がりました。
道路を少し東へ行ったところに多峯主(とうのす)山の登山口があり、標高差で150mを途中の小休憩も入れて30分ほどで、271mの頂上まで登りました。
Img_1896s
          View of Hanno City and the Iruma River from Tonosuyama, 271m ASL..
頂上からはほぼ360度の展望を楽しむことができました。写真は東南方向の飯能市の市街の西から南にかけての展望です。中央に名栗川・入間川が見えています。枝の右に割岩橋のアーチもかすかに見えています。左の端が飯能駅の辺りが、また手前の林の陰に飯能河原の一部が見えています。
今日は昼食に持参のパンを頂上で食べました。
そんなことで、東側に下って、飯能中央公園の震災復興元気市会場にゴールインしたのは12時少し過ぎでした。
Img_1897s
元気市では、女川町産のさんまのつみれ汁が出ていたので、これでお腹を温めました。
この会場から駅まではちょっと距離があり、隊長の希望で駅でコーヒーを飲んだりして、帰宅したのは午後2時40分ころでした。
 
 

2017年3月 5日 (日)

上石神井駅-としまえん正門ウォーキング Walking from Kamishakujii to Toshimaen

前回の鉄道沿線ウェーキングは、家から徒歩圏内のコースでした。昨日、3月4日(土)に参加したコースは、自転車ならなんとか届く範囲の比較的近いエリアのコースでした。
 
スタートが西武新宿線の上石神井駅で、ここから北上して石神井公園に入り、後は石神井川沿いに東の方へ進んで、としまえんの正門でゴールという、約8キロの歩行でした。ポイントは880点になり、1,000点までもう少しです。
 
10時半ごろから歩き始め、20分くらいで、まず前にも行った三宝寺を拝観しました。
2013年9月24日の記事に書いています。
Img_1849s          三宝寺御成門。文政10年(1827年)のもので、昭和28年に修覆されたものとのことです。(説明看板に「修覆」とあります。)
 
裏手の氷川神社にも寄りました。石神井郷の総鎮守だったそうで、上石神井村、下石神井村だけでなく、谷原、田中、関の五つの村の鎮守だったとのことで、練馬区でも大きな神社だと思います。
すぐ隣が15世紀ごろに現在の東京西北部を支配した豊島氏の西の拠点の石神井城だったので、その頃からこの辺りの中心だったと思われます。なお、豊島氏は、江古田原・沼袋の戦いで太田道灌に敗れ、支配者でなくなってしまいました。
 
神社のすぐ北の三宝寺池から石神井池沿いの石神井公園内の道を歩き、石神井川沿いの道に出て、西武池袋線の高野台駅付近で、池袋線の北側に出るところまでは、2016年12月5日の記事で書いた「石神井公園・石神井川ウォーキング」と同じでした。
その時は、途中から西へ折れて台地に上がり、長命寺へ行きましたが、昨日は、そのまま川沿いに進みました。
20分くらいのところで、川が目白通りと200mばかり並行に流れるようになりました。石神井川に架かる目白通りの橋には、「練馬大橋」という名が付いていました。斜めに架かった橋で、車で走っていると気付かずに通ってしまいます。
目白通りは、ちょうどここで環状八号線と立体交差しており、オーバーパスには「練馬中央陸橋」という名前が付いています。前日、3日(金)の東松山市行きでも車でここを通っているし、関越道や外郭環状道路を使うときには必ず通るところですが、歩いて通るのは初めてなので、写真を撮っておきました。(都心方向を見たところです。)
Img_1858s
この交差点で、目白通りを横断して、さらに川沿いに10分くらい進むと前方にとしまえんの木立が見えてきました。としまえんの南側の縁に沿う道を何回か曲がりながら辿って行き、表になっている東側に出て、正門付近に作られたテントでゴールインしました。12時40分ころでした。
近くのイタリアン・レストランでランチを食べ、我が家の隊長と一緒に義母が入っている老人ホームまでさらに2kmほど歩きました。見舞いの後、朝にそこに置いていた自転車で帰宅しました。

2017年3月 4日 (土)

比企丘陵自然公園-物見山公園移動運用 Portable JAFF-0216

昨日、3月3日(金)は、東松山市の埼玉県立比企丘陵自然公園に行き、JAFF-0216の2回目のアクティべーションを試みました。
0150 UTC ころに着いたので、車内のリグの準備やアンテナ関係の下準備をあれこれしておいてから、お昼のサンドイッチ持参で、物見山の頂上まで登り、東屋で食事をしました。
良い天気で、浅間山や筑波山が見えていました。
Img_1820s
                    The summit of Mt. Monomiyama (Lookout Mountain), 134.9m asl.
Img_1827s
                           Mt. Asama.
 
車に戻り、釣り竿で14メガ用のバーチカルを屋根の上に立て、7メガ用のラジアルを柵に沿って伸ばして、ATUでマッチングして、0330z過ぎから7メガに出てみました。
2交信の後、強い局に挟まれて良くないようでしたので、少しQSYしてみましたが、コンディションのせいか、ひなコンテストで混んでいたせいか、コールがないので、やめました。
ここの1回目は昨年の9月初めで、40交信、オーバーシーは10局強で終わっていました。
オーバーシーを増やすことを主目的にしていたので、その後、21メガを主に、ときどき18にQSYしました。
21のアンテナは、オフ・センター・フェッドの垂直ダイポール・アレー(車の前にディレクターのエレメントを立てたもの)のつもりでしたが、未調整で、後記のように、ちゃんと作動していたとはいいにくいようです。
Img_1831s
Img_1833s
21 のオーバーシーは、VKが5局、VR2 1局とUA9 1局で、EUには届かずでした。
18 は、21のラジエーターにそのままATUで送信でしたが、UR 3局、UA3 1局と、かろうじてEUを4局ログしました。
残念ながらコンディションが良いとはいえないようで、バンドもおおむね静かでした。途中、コールが無いので眠くなってしまう有様でした。
とりあえず、計44交信を超えることはできました。合計では26Q、オーバーシーは半分の13Q でした。
JAFF MLのメンバーとは、5局と7交信ができました。ワッチ、コール、またクラスターへのスポットをどうもありがとうございました。
南方向のロケーションはあまり良くないにもかかわらず、複数のVKからコールをもらったことは、新しい経験でしたが、この調子では、3月中旬、4月になってコンディションが良くなって来るのか、心配になってしまいます。
 
アンテナのラジエーターのエレメントは、21メガ用の垂直ダイポール・アレー(2エレ)用のラジエーターの長さから、14メガ用のバーチカルの長さを引いた残りの長さの線を用意し、これをベントして前方に伸ばしました。ただ、この状態でアンテナ・アナライザーで測ったら、13.6MHzあたりに共振点があるようでした。
ダイポールの中心以外、オフ・センターで同調点を測ったときに、どのようなことになるのか良く知らないので、そのまま調整などはせずに使いました。周波数が思ったより低いのは、一つには、垂直部分は、14用に調整して折り曲げた分も伸ばしたので、長くなっていること、ベントの水平部分は150cmほどですが、車のボディーや地面に近いので、何もない空間で、垂直に伸びている場合とは違うものになっている可能性があります。
 
天気は良く、夕方の撤収時以外は寒さもあまり感ずることがなく、車内では汗ばむくらいでした。ただ、風はときどき強く吹き募り、ループアンテナなどは無理な状況でした。駐車場に車がかなり来ていたのは意外で、トレイル・ランニングのトレーニングや愛犬の散歩の人たちがいました。
 
Went to Monomiyama park, Higashimatsuyama City, Saitama, yesterday to activate JAFF-0216, Hiki Kyuryo Prefectural Natural Park, intending to increase oversea contacts. Am sorry to report that band condition was not favorable and logged only 13 oversea contacts on 15 and 17 meter bands. Had contacts with 5 VK stations on 15m. Four contacts with EU were logged: 3 URs and 1 UA3.
An off center fed vertical dipole array for 15m was tried but there seemed to be much to study and improve this antenna.

2017年3月 1日 (水)

「モービルハム」誌バンクナンバー Back Numbers of "Mobile Ham"

古い本などを整理したら、「モービルハム」のバックナンバーが出てきました。(この雑誌はすでに廃刊になっています。)
揃ったものではなく、年に1冊から5冊ほど、31年前の1986年1月から、最新は、1994年3月の間の25冊がありました。もう処分しようと思っています。
変色してきており、資源ゴミとして出すしかないと思いますけれど、記事の中には面白いものもあると思います。どなたか、ざっと見てみたいという方がありましたら、差し上げます。
事情の変化により、上の申し出は撤回いたします。(3月28日記)
 
Img_1809s
Img_1810ts
 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »