2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公園とアマチュア無線 Parks and Ham Radio | トップページ | 練馬-中井ウォーキング Walking from Nerima to Nakai »

2017年2月12日 (日)

バリL型チューナー An Antenna Tuner with a Variable Inductor

昨日、11日(土)は、お蔵入りしていたバリL使用のアンテナ・チューナーのバラックセットを少し改造し、長さを5cmほど短くして、プラスチックの箱に入るサイズにしました。
今日、12日(日)の午後に、ベランダに置き、現在仮設しているやや長さ不足(40cmくらい)の10メガバンド用のバーチカルのマッチングを試みました。
 
Img_1786s
SWR計の針が静電気のために振れてしまっていたりで、ローパワーでのSWR調整に難儀してしまい、受信音を聞きながら、ノイズのレベルが一番高いところへ合わせたところ、SWRはほぼ1となりました。
結果的には、コイルは最大巻数の24ターン、バリコンも最大容量のところになっています。広い範囲でマッチングをとるにはバリコンの容量が不足のようです。昔作ったので、容量を忘れてしまいましたが、10枚羽根です。
バリLは、アメリカのジャンクを通信販売で買ったものです。
異臭に耐えながら、ハンダごてで箱の縁に同軸ケーブルとアンテナ、ラジアル線を入れる切り欠きを作ったので、蓋はしっかりしまります。余程の土砂降りでないかぎり、防水は大丈夫でしょう。
Img_1787s
I made an antenna tuner using a used variable inductor long time ago. It was a barrack set and not water-proof.
It was shortened about 5 cm yesterday so that it could be housed in a plastic box. It is rain-proof on the balcony now. It is connected for a vertical for 30 meter band at present. I bought this used variable inductor from the U.S. by mail order. 

« 公園とアマチュア無線 Parks and Ham Radio | トップページ | 練馬-中井ウォーキング Walking from Nerima to Nakai »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/64885752

この記事へのトラックバック一覧です: バリL型チューナー An Antenna Tuner with a Variable Inductor :

« 公園とアマチュア無線 Parks and Ham Radio | トップページ | 練馬-中井ウォーキング Walking from Nerima to Nakai »