2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京都立狭山自然公園-無線編 Sayama Prefectural Natural Park - Portable Radio Operation | トップページ | 2016年リオ・オリンピック Olympic Games, 2016 »

2016年8月19日 (金)

東京都立狭山自然公園-散策編 Sayama Prefectural Natural Park - Sightseeing

日があいてしまいましたが、16日(火)に行った東京都立狭山自然公園では、午前中に六道山周辺を少しだけ散策しました。
もっとも、駐車した天王山東台からやや東の六道山展望台へ歩き、戻ってきて六道の辻から西の方の三角点広場まで行っただけで、1時間ほどの散策でした。
 
六道山まで、多少は登るのかと思っていましたが、石畑公園への道と六道山への道の分岐する出会いの辻というところからゆるい舗装された坂道を5分強行くと着いてしまい、少し拍子抜けしました。頂上付近に3階建てビルくらいの高さの煉瓦造り風の展望台があります。
この展望台の写真は、下の瑞穂町サイトをはじめウェブで簡単に見られますのでここでは紹介しません。
付近は都立野山北・六道山公園ということですが、町が整備したところもあるようです。
頂上付近の路側にも駐車は可能で、6~7台の車が止まっていました。
 
Img_1181s
70段ほどの階段を登って展望台に出て西を見たところです。あまり遠くは見えませんでしたが、森の向うに奥多摩の山並みが見えました。
 
Img_1189s
東側の東京方面を見たところです。森の中に多摩湖、狭山湖があるはずですが、見えません。展望台の下の道沿いの北側はずっとフェンスがあり、水道局の水源地として立ち入れないようになっています。
 
Img_1195s
六道の辻には榎の根元に庚申塔が立っています。文化十年(1813年)のもので、台座に六本の道筋が書いてあり、この低い峠から六方向に道が通じていたのが名前の由来だそうです。
西の方に土と丸太の階段の道があったので行ってみると、丘陵を南北に横切る谷間に通された道路の上を歩行者専用の橋で渡って、三角点広場に通じていました。
Img_1203s
明治29年に設置された標高194.03m の三角点だそうです。
この広場の手前には少し林が開けた場所もありましたが、後で自然公園区域が示してある地図を見たら、このあたりは区域からはずれているようでした。
 
Img_1208s
出会いの辻や展望台の周辺は公園としてそこここにテーブル、ベンチ、看板などが整備されていました。良い季節の休日には人も多いかも知れません。もっとも、丘陵地で木も多いので、蜂、蛇などには気を付けた方が良さそうです。
 

« 東京都立狭山自然公園-無線編 Sayama Prefectural Natural Park - Portable Radio Operation | トップページ | 2016年リオ・オリンピック Olympic Games, 2016 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/64083140

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都立狭山自然公園-散策編 Sayama Prefectural Natural Park - Sightseeing:

« 東京都立狭山自然公園-無線編 Sayama Prefectural Natural Park - Portable Radio Operation | トップページ | 2016年リオ・オリンピック Olympic Games, 2016 »