2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [ | トップページ | 都道府県立自然公園がJAFFリストに Prefectural Natural Parks Added to JAFF List »

2016年7月16日 (土)

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 "Anja the Liar Has Revealed Truth Finally"

ちょっと急に思い立って本を一冊読みました。米原万理著「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 、2001年、角川書店刊、です。
水曜日に久しぶりに会った従姉から故人の米原氏とその妹、井上ユリ氏(作家、故井上ひさし夫人)と面識があるとの話しを聞いたのですが、翌日の木曜日の昼のNHKTV番組「サラめし」が井上ひさしの好んだ昼飯を取り上げ、その中で井上ユリ氏が登場しました。この偶然に、ちょっと驚き、この際、米原万理の本も読んでみようと思い立って、近くの図書館で探してみました。4冊ほどあった中で、題から何のことだろうと中身を知りたくなって、この本を選んでみました。
読み始めたら面白くてやめられなくなり、木曜日の夕方から夜に2章を、昨日、金曜日の午後に最後の第3章を読み終わりました。
数ページを読むと分かりますが、1950年生まれだった著者は、父親が当時チェコスロバキア共和国の首都プラハにあった国際共産主義運動の理論誌の編集局に勤務していたため、1959年から1964年まで、小学校の中学年から中学の低学年までを、プラハのソビエト学校に通ってロシア語で教育を受けるという、当時の日本人としては稀有な体験をします。ソビエト連邦がなくなった今日では、歴史的に見ても貴重な体験だったといえます。
3つの章は、その学校で親しくなった3人の少女のことと、約30年後、(1995年か)に探偵顔負けの捜索の後に3人と再会を果たして、それぞれの辿った人生から舞台である中欧、東欧、ひいてはヨーロッパや東方の大国ロシアについて考えたことなどが書いてあります。
その過程で著者が直接足を運んだ土地は、プラハ、ドイツのフランクフルト近郊のナウハイム、ブルガリアのブカレスト、セルビアのベオグラードと、多岐にわたっています。
これは、本当にそうだったのか、疑う必要もないと思いますけれど、著者が学校で親しくなった友達には、ソ連人もチェコ人もおらず、ギリシャ人、ブルガリア人、当時のユーゴスラビア人だったようです。
ギリシャ人のリディアは医師となってドイツに住んでいました。
ルーマニア人のアーニャは、なかなか見つからず、ブカレストで両親や弟と会ってロンドンに住んでいることが分かり、プラハで再会を果たします。その過程で、両親はユダヤ系であったことが分かります。
ユーゴスラビアから来ていたヤミンスカは、親がボスニア出身であったために、その後の国の分裂、内戦という状況で、本人のベオグラードでの立場が危うくなり、落ち込んでいました。
ヨーロッパの複雑さが分かり、最近の英国のEU離脱という出来事も、もともとの西欧各国だけなら良いが、東に大きく拡大したEUとは付き合いきれないというような西の端の英国民の感情が根底にあるのかなと思いました。
この本に出てくる場所では、20年ほど前にプラハに行ったことがあります。そのときにブルガリアにも行き、10数年前に旧ユーゴスラビアのクロアチアに観光旅行に行きましたから、ある程度の予備知識もあって、納得しながら読みました。
Img_1130s               プラハのお土産に買ってきた(と思う)
               ボヘミアグラスのワインカップ
もう一つ、この本で新鮮に思ったのは、学校や父親の勤務の特殊性から、友だちの親がみな革命運動や反ファシスト闘争の闘士であったことです。戦史、戦記を読むのがが好きで 、昔の戦士の物語はずいぶん見ましたが、運動の闘士の物語というものもあることに気づかされました。 考えてみれば、日本でも幕末維新の人物伝などは似たようなものかも知れません。同じ闘士でも、権力を持つ側に立つようになった者と、ついにそうならずに運動家で終わった者の辿る道の違いにも考えさせられる本でした。
I finished reading "Anja the Liar Has Revealed Truth Finally" by Mari Yonehara, 2001, yesterday. She was a famous professional translator of Russian and Japanese and an essayist. She passed away about ten years ago. The book tells her personal experiences in the Soviet school in Prague when she was at the age of from about nine to fourteen, and her meetings with three of her old friends after almost thirty years. Those friends were from Greece, Romania and Yugoslavia, and were living in Germany, England and Servia respectively when the writer succeeded in locating them. I think it is a good book to know the complex nature of the peoples and states of Europe.
 

« [ | トップページ | 都道府県立自然公園がJAFFリストに Prefectural Natural Parks Added to JAFF List »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/63923377

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 "Anja the Liar Has Revealed Truth Finally":

« [ | トップページ | 都道府県立自然公園がJAFFリストに Prefectural Natural Parks Added to JAFF List »