2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ☆カシューナッツの世界☆ "The World of Cashew Nuts" | トップページ | ARLHS継続 ARLHS Succeeded by KX4O »

2016年6月 4日 (土)

東京都内の狭山丘陵散策 Walking through Sayama Hills in Tokyo

今日はまた狭山丘陵へ行きました。先日の2回は埼玉県内でしたが、今度は東京都で、行政上は東村山市と東大和市でした。
我が家の隊長が近くアメリカ人を案内して菖蒲苑などに行くので、下見をしておきたいとのことで、一緒に行きましたが、途中からは別行動をしました。
西武新宿線の東村山駅で下車し、西へ向かって行くと、右手に金剛山正福寺というお寺があります。その千体地蔵堂は、室町時代の応永14年(1407年)の建立で、東京都内で唯一の国宝建築物だそうです。1月に見た別所温泉の安楽寺三重塔よりは100年強下りますが、当時の様式を残す貴重な古建築です。
Img_1007s
正福寺の本堂へ進み、横を北へ向かうと、市立北山公園があり、今日から菖蒲祭りが始まっていました。花はまだ満開ではないようでした。
Img_1035s
北山公園の北側の丘が八国山緑地です。多摩湖(村山貯水池)が作られた谷の北側の丘陵が東側に伸びているものです。
公園の西隣の小学校の裏手から都立八国山緑地に入り、林の中の土の緩い登り道を行って、尾根道へ出ました。この尾根道が東京都と埼玉県の境界になっていて、埼玉県側は県立狭山自然公園の区域ですけれど、東京都側は自然公園の区域には入っていません。
西へ進んで、緑地を出ると、間もなく西武西武園線の西武園駅でした。
さらに車道を西へ進んで西武多摩湖線の西武遊園地駅へ着きましたが、せっかくなので、少し先の多摩湖の北東の湖畔の園地まで行き、持参のパンで早めの昼食をしました。
ここから、隊長は西武山口線で西武球場駅へ向かい、百合苑を見るということでしたが、こちらは村山貯水池の堰堤を南へ渡り、都立東大和公園に向かいました。
Img_1060s
村山貯水池と山口貯水池は風景が良く似ていて、混線してしまいますが、こちらは取水塔が二つあります。今日も奥多摩の山々が遠くに見えていました。
東大和公園は、地図からは、多摩湖の南側の丘の続きのように考えていましたが、行ってみたら、もっと西の方、東西に長い多摩湖の真ん中辺から西南に枝分かれした別の丘の一部で、湖畔の周回道路から住宅の並ぶ中を南に下って行くと、谷筋に公園の北の入り口がありました。ハルゼミ口というところから、雑木林の中の園路を登り、ハルゼミの丘を経てアカマツ広場という高みにある少し開けたところを通って、公園の北西にある正門に出ました。
Img_1066s_2
この辺りは、都立狭山自然公園の区域内なので、JAFFのナンバーが付けば、徒歩での移動運用の候補地になりそうでした。園内は土曜日なのにまったく人気がなく、八国山よりも静かでした。
 
Akamatsu_hiroba_s
上の地図が都立狭山自然公園の区域(ProtectedPlanet)で、〔1〕がアカマツ広場です。
 
公園の正門からは車道で、丘陵の南の裾を東西に通る道路に出ると、そこは「奈良橋」という交差点付近で、ちょうど旧青梅街道が南から来て丘陵に突き当たり、西へ方向を変える地点でした。青梅とは反対の方向へ道を東に向かうと、西武多摩湖線の武蔵大和駅に着き、そこから電車で帰宅しました。

« ☆カシューナッツの世界☆ "The World of Cashew Nuts" | トップページ | ARLHS継続 ARLHS Succeeded by KX4O »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/63730392

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都内の狭山丘陵散策 Walking through Sayama Hills in Tokyo:

« ☆カシューナッツの世界☆ "The World of Cashew Nuts" | トップページ | ARLHS継続 ARLHS Succeeded by KX4O »