2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月24日 (金)

片瀬江の島 Katase-Enoshima

昨日、6月23日(木)は、たいしたことではありませんが、用があって片瀬江の島まで往復しました。
寝坊してしまったので時間に余裕がなく、島の上までは行けず、橋の途中、砂洲が途切れるあたりまで歩いて戻りました。Img_1100s
多くの方々がご存じのように、左手が東浜、右手の片瀬川の向うが西浜です。小雨でしたので、人出は少なかったのですが、夏になると混雑します。
そういえば、先日、ネットを見ていて、アマチュア無線のアワードに、BOTA, Beaches On The Air、ビーチズ・オン・ジ・エアーなるものがあるのを見付けました。
ルールが今一つはっきりしませんけれど、登山が苦手で楽な移動運用がしたい当局は少し興味を持ちました。もし日本が参加すると、たぶん海に面した都道府県が一つの単位になるようです。
17日(金)に来日したVK3ARR局を囲むSOTA参加者のアイボール会があり、当方も一昨年に同局に会えなかったので、参加しました。そのときに、話してみたら、同局をはじめ、日本の2~3の方々も知っていました。
 
Img_1098s
橋の途中に日時計がありました。裏にある表に、日時計と日本標準時との差を示すグラフがあって、ちょっと目を引かれました。Img_1097s_2
今までは、太陽の正中と日本標準時との差は、関東では約20~30分で、関東が早いと思って、冬の布団干しなどをしていましたが、このように年間に変動があるとは知りませんでした。もう少しこまめに暦を見ないといけないのだと勉強しました。
 

2016年6月16日 (木)

JAFF移動局ワッチなど JAFF Hunting

この数日は、たまたまアマチュア無線のWWFF、ワールドワイド・フローラ・ファウナ・プログラムに参加して、JAFFで始まるナンバーが付いた日本の自然公園からのオンエアが続き、そのワッチなどをしていました。
 
11日(土)夜には、九州のJP6NWR局が、JAFF-0081、耶馬日田英彦山国定公園から、QRPの特別局、8J6VLP/6と、ホームコールでオンエアしたので、それぞれと交信しました。
 
13日(月)の夜には、前日に宮城県を出発したJA7GAX局が北海道に渡り、函館の北の大沼国定公園、JAFF-0038からオンエアされたのを10メガで聞き、アンテナがないのにリグのアンテナ・チューナーでマッチングをとってコールして、拾ってもらいました。
 
14日(火)の朝は、JP1QEC局が、当局が3月の初めにオンエアしたのと同じ、秩父市の簑山、SOTA JA/ST-017からオンエアしたので、ワッチしました。この山はあまり高くなく、東京との間に山地があるので、聞こえないのではと思っていましたが、幸いに519で聞こえたので交信することができました。
 
JA7GAX局は、大沼からまっしぐらに北海道の北の端へ進み、14日は稚内の南約100kmの道の駅で車中泊、15日(水)に利尻礼文サロベツ国立公園サロベツ地区、JAFF-0107へ入られました。
同局の北海道旅行の全体像はこちらには分かりませんが、あちこちまわりながら、また道南に戻られるようで、JCC/G、道の駅、湖沼など、いろいろな国内アワード対象地のほか、途中に適地があれば、JAFFもアクティベートしていただけるそうです。
 
Hokkaido_nature_p_map_03
 
上は、北海道庁の自然公園サイトのインデックス・マップです。
はじめは、15日の朝からJAFF-0107でオンエアするとのインフォメーションをいただき、無線部屋に出たり入ったりして、なるべくフォローしていました。結局、15日の朝は、少し到着が遅れたのと、運用予定のペンケ沼の園地にいたカメラマンと話がはずんで、運用がなく、コンディションを見ながら15日から16日(木)の早朝までそこにいて、適宜オンエアするとのことでした。
こちらは、常設アンテナが21メガ、28メガ用しかないのですが、DX向けには14メガがメインになりそうだったので、午後から久しぶりにベランダに14メガ用のバーチカル(ラジアルをかなり垂直に近く引き下ろしているので、垂直ダイポールに近いもの)を仮設しました。
 
結果的には、午後のハイバンドの国内コンディションが良く、16JST以降、18、21、28、24、14メガと順次多数のバンドで交信することができました。
 
ただ、あちらからの問い合わせに答えること、いただくインフォメーションを適宜、MLやWWFF Forum、WWFFホームのAGENDAに送ること、交信できたらDXクラスターやJクラスターにスポットすることなど、することがいろいろあり、混乱状態で、バカな失敗をいくつもしてしまいました。年齢が関係していると思いますけれど、情けないことです。
・せっかく14メガのアンテナを立てたのに、21-28のアンテナで18、24もやったのにつられて、14も同じアンテナでやってしまいました。仮設アンテナでは、調整後、試しにリバース・ビーコンに出るかどうかCQを出してみたら、いきなりHL、韓国からコールされて慌てて済ませた1交信しかまだしていません。
・13日ですが、JAFFナンバーを間違ってスポットしてしまいました。前にプリントしたリストが番号と公園名が斜めにずれてしまっているので、間違えました。また、DXクラスターにスポットをしたつもりが載らないので、さらに2回重ねてやったのですが、違うバンドのフィルターをかけていたのを忘れていました。
今日、16日(木)の早朝は、14メガでEU向けにサービスされるということで、いちおう寝床から出てパジャマのままワッチとPCチェックをしてみましたが、残念ながら、出ているかどうかもEUからのコールも分からず、そのうちにDXクラスターにまずJA5局、次にR7局からスポットが出たのを見て、寝床に戻りました。
仮設の14バーチカル、約50Wでの当局のCQがBYのスキマー局(北京)に拾われたので、JA7GAX/8局もRBNに出るのではないかと見ていましたけれど、ロケーションの違いか時間のずれか、ワッチしていた間には出ませんでした。
 
今後どこへ行かれるのか、確実なことはうかがっていません。道央、大雪山国立公園方面が有力候補のようです。
 

2016年6月13日 (月)

A Guest from Ohio オハイオ州からの客人

We had a guest yesterday to our home. My wife is attending to an English conversation class once a week, and that class had only two students at the beginning as it was an advanced class on weekdays. As the other student quit, my wife is the only one remaining. She offered her young teacher from the U. S. to go for a walk in Higashimurayama City to see iris flowers and the Hachikokuyama Green Park.
The first half of the walking I went on Saturday, June 4, was a reconnaissance for yesterday.
Img_1036s
                    A passage in Hachikokuyama. (June 4, 2016)
After the walk of the Shofukuji Temple, the Kitayama Park with iris flowers and Hachikokuyama, my wife took this young lady with her to our home for a Sushi dinner.
Two of my sons and a daughter-in-law joined us. Since the guest has been in Japan for ten months and does not speak Japanese, and our English are poor and rusty, we had some silent moments, but I hope the guest enjoyed her experience of visiting ordinary Japanese home.
With our small vocabulary, it was natural to ask where she was from. The answer we received was a city in central Ohio, whose name none of us had known. It was somewhere at the apex of the triangle whose bottom line is formed by Columbus and Dayton. She told us there was nothing particular to say about the city but there was the highest point of the state nearby.
I looked up the "Rand McNally Road Atlas" this morning and found Campbell Hill, 1,550ft (472m) high. The hill, I found, is one of the summits in the SOTA. The number is W8O/CT (Central) -001 and it is the only 4 point summit in Ohio.
Ohio has 105,528 square km of land area. Considering that it is three times larger than the Kanto area (32,424 sq. km), and 30 per cent larger than Hokkaido (78,514 sq. km), we know how flat the state is.
By the way, my wife showed my radio room to her, but she did not know amateur radio, nor the Dayton Hamvention.
昨日の日曜日は、オハイオ州出身のアメリカ人が我が家に来ました。我が家の隊長が英会話を忘れないようにと週に1回通っているレッスンの女性の先生です。はじめは2人いたそうですが、現在は個人教授のようになってしまっていて、住まいが狭山丘陵に割に近いので、隊長が菖蒲祭りなどに誘い、4日に当方も歩いたコースを歩いて、済んでから家に来ました。
出身の町は、近くに州で一番高い場所があるくらいしか特徴がないそうです。
今朝、地図で調べて見ると、キャンベル・ヒルという472mの丘で、SOTAのナンバーもありました。オハイオ州の面積は、関東(山梨県含む)の3倍もあるのに、最高点がこの高さですから、アメリカ中西部の広さ、平さを改めて認識しました。
世の中にアマチュア無線というものがあることを知っていませんでした。同じ州のわりに近くにあるデイトンのハムベンションのことも、当然にご存じありませんでした。

2016年6月 6日 (月)

ARLHS継続 ARLHS Succeeded by KX4O

3月15日の記事で、ARLHS, アマチュア無線灯台協会が終了するかもしれないことを書きましたが、昨日、久しぶりにホームページを見たところ、まったく模様替えされていて、4月にヴァージニア州のKX4O局が従来の運営者であったK2JXW局からプログラム全体を承継したことが最初のニュース(4月23日ポスト)に書かれていました。
アワードも6種類だか発行されるようです。
これで、今まで当局の灯台移動運用を呼んでくださってQSLカードをお持ちの方々も、引き続き、将来、ご希望ならばアワード取得に活用していただけることになり、安心しました。
新ホームページのロゴマークは赤いもので、従来はサブとして使われていたものと思います。
ARLHSの灯台リストは、WLOL, World List Of Lights というサイトにあり、灯台名、カントリー名その他から探すことができて、地図も表示されます。ただし、日本のリストの灯台の位置は、古い灯台表によって作られたらしく、測地系の変更が反映されていないので、こちらから新しい位置のデータを送らないと、本当の位置とは少し離れたところにマークが出ますので、注意が必要です。
この際、当局が2月12日に運用した湘南港灯台、ARLHS JPN-609 のスクリーン・ショットを載せておきます。この灯台の位置は、だいぶん以前にデータを送りましたので、正しい位置になっています。
なお、このサイトは今のところ従前のままで、ロゴ・マークも前のものになっています。
Wlol_jpn607

2016年6月 4日 (土)

東京都内の狭山丘陵散策 Walking through Sayama Hills in Tokyo

今日はまた狭山丘陵へ行きました。先日の2回は埼玉県内でしたが、今度は東京都で、行政上は東村山市と東大和市でした。
我が家の隊長が近くアメリカ人を案内して菖蒲苑などに行くので、下見をしておきたいとのことで、一緒に行きましたが、途中からは別行動をしました。
西武新宿線の東村山駅で下車し、西へ向かって行くと、右手に金剛山正福寺というお寺があります。その千体地蔵堂は、室町時代の応永14年(1407年)の建立で、東京都内で唯一の国宝建築物だそうです。1月に見た別所温泉の安楽寺三重塔よりは100年強下りますが、当時の様式を残す貴重な古建築です。
Img_1007s
正福寺の本堂へ進み、横を北へ向かうと、市立北山公園があり、今日から菖蒲祭りが始まっていました。花はまだ満開ではないようでした。
Img_1035s
北山公園の北側の丘が八国山緑地です。多摩湖(村山貯水池)が作られた谷の北側の丘陵が東側に伸びているものです。
公園の西隣の小学校の裏手から都立八国山緑地に入り、林の中の土の緩い登り道を行って、尾根道へ出ました。この尾根道が東京都と埼玉県の境界になっていて、埼玉県側は県立狭山自然公園の区域ですけれど、東京都側は自然公園の区域には入っていません。
西へ進んで、緑地を出ると、間もなく西武西武園線の西武園駅でした。
さらに車道を西へ進んで西武多摩湖線の西武遊園地駅へ着きましたが、せっかくなので、少し先の多摩湖の北東の湖畔の園地まで行き、持参のパンで早めの昼食をしました。
ここから、隊長は西武山口線で西武球場駅へ向かい、百合苑を見るということでしたが、こちらは村山貯水池の堰堤を南へ渡り、都立東大和公園に向かいました。
Img_1060s
村山貯水池と山口貯水池は風景が良く似ていて、混線してしまいますが、こちらは取水塔が二つあります。今日も奥多摩の山々が遠くに見えていました。
東大和公園は、地図からは、多摩湖の南側の丘の続きのように考えていましたが、行ってみたら、もっと西の方、東西に長い多摩湖の真ん中辺から西南に枝分かれした別の丘の一部で、湖畔の周回道路から住宅の並ぶ中を南に下って行くと、谷筋に公園の北の入り口がありました。ハルゼミ口というところから、雑木林の中の園路を登り、ハルゼミの丘を経てアカマツ広場という高みにある少し開けたところを通って、公園の北西にある正門に出ました。
Img_1066s_2
この辺りは、都立狭山自然公園の区域内なので、JAFFのナンバーが付けば、徒歩での移動運用の候補地になりそうでした。園内は土曜日なのにまったく人気がなく、八国山よりも静かでした。
 
Akamatsu_hiroba_s
上の地図が都立狭山自然公園の区域(ProtectedPlanet)で、〔1〕がアカマツ広場です。
 
公園の正門からは車道で、丘陵の南の裾を東西に通る道路に出ると、そこは「奈良橋」という交差点付近で、ちょうど旧青梅街道が南から来て丘陵に突き当たり、西へ方向を変える地点でした。青梅とは反対の方向へ道を東に向かうと、西武多摩湖線の武蔵大和駅に着き、そこから電車で帰宅しました。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »