2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 埼玉県立狭山自然公園ウォーキング Walking through Sayama Hills | トップページ | 携帯用パドル New Manipulator »

2016年4月23日 (土)

牡丹寺・おとめ山散策 Peony Temple and Otomeyama Park

今日はどんより曇っていて、たまに日が差すなど、はっきりしない天気でしたけれど、暑くも寒くもない、外を歩くには適した日でした。我が家の隊長は、今日も狭山丘陵、今度は東京都側の都立狭山自然公園の区域内などのコースのウォーキングに出かけました。こちらも行くつもりだったのですが、ちょっと都合が悪くなり、止めました。いつも、誘われてやや渋々ついて行くことが多いのですが、人の心理は妙なもので、行けないとなると、何か残念です。
昼前からカメラ持参で、家の東の方へ、長めの散歩に出ました。

先日見付けた、お堂の公園の近くにある「茶房 舞む」という少し妙な名前の店で、シーフード・ドリアを食べました。

Img_0816s
店の構えもバス通りから枝分かれする下り坂の道の入り口付近の大きな建物の半地下で、普通の喫茶店などとは少し違います。聞くと、舞踊集団「菊の会」という日本舞踊の団体の稽古場などの建物で、経営もこの団体のようでした。なるほど、店の名前に「舞」が入っているわけです。
ランチタイムには、スパゲティー、オムライスなど洋食が食べられ、店内はまずきれいです。女性2人でやっていましたが、踊りもする人なのか、分業なのかは分かりません。昨日と今日は5時で閉店します、と貼り紙がしてあったところや年ごろ雰囲気を見ると、兼業なのかも知れません。

ここから台地の上に上がったり、下がったり、少し回り道をしながら、牡丹寺といわれている薬王院というお寺まで行き、久しぶりにボタンの花を見ました。

Img_0842s

          Paeonia suffruticosa, Peony at Yakuoin Temple, Shinjuku-ku, Tokyo

ここからさらに東に足を伸ばし、江戸時代は将軍の鷹狩のために樹木の伐採を禁じられていたという、おとめ山公園へ行きました。近年、少し拡張されて、芝生の広場なども整備されたようで、子供連れの人々などがかなり来ていました。
往復2時間以上は歩いたので、かなりの運動になりました。

 

« 埼玉県立狭山自然公園ウォーキング Walking through Sayama Hills | トップページ | 携帯用パドル New Manipulator »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/63526124

この記事へのトラックバック一覧です: 牡丹寺・おとめ山散策 Peony Temple and Otomeyama Park:

« 埼玉県立狭山自然公園ウォーキング Walking through Sayama Hills | トップページ | 携帯用パドル New Manipulator »