Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

小石川後楽園 Koishikawa Korakuen Garden

一昨日、28日(月)は高校のクラス会が小石川後楽園内の涵徳亭を会場にして開かれ、その前に午前11時から園内ツアーが企画されたので、行ってきました。
初めてではないことは確かですが、小学校か中学の遠足だったか、とにかく行ったのは遠い昔で、何も覚えていませんでした。

Img_0519s
西門から入って左手から時計まわりに行くと近いところに屏風岩がありました。
印象的だったのが、石の後ろに小さく見えている山です
ずいぶん高い築山を作ったものだと思ったら、ガイド役も兼ねた幹事が、自然の地形を利用したものだと書いてあるといいます。
Img_0521s
築山への登り道です。
現在は、平地の中にポツンと山があるので、ちょっと信じがたいのですが、昔の水戸藩江戸屋敷(はじめ中屋敷、後には上屋敷)は、小日向台地の伝通院あたりまで続く広大なもので、台地がつながっていて、その先端部分だったようです。だんだんと削られ、特に明治になって陸軍の工廠となって工場建設のために平地が広げられ、その後は学校のグランドになったりして、ここに孤立した山が残ったように推測されます。
都内には、類似の回遊式日本庭園として、皇居二の丸庭園、浜離宮、六義園などありますけれど、この山の高さは一番ではないでしょうか。少し性格の違う園地で、台地の上下にまたがっているものとしては、椿山荘、東大小石川植物園などがあります。
Img_0523s
山の斜面に蘭が咲いていました。
Img_0547s
桜の盛りにはまだ少し早かったのですが、木によっては満開に近くなっていました。

2016年3月27日 (日)

ビジター局チェイス Chacing Visiting Foreign Hams

このところあるホームページの作成にかかっていて、ブログのほうまで手がまわりません。
それでも細々無線はやっています。

このところ、日本でSOTAがスタートしたためか、VK、オーストラリアからスキーに来たハムが、山から無線もしたというケースが2人続きました。
ローパワーなので、交信はあまり簡単ではありません。SOTAワッチの専用クラスターのスポット(ここではセルフスポットもあり)を頼りに探して呼ぶことになります。

2月13日には、神奈川県城山移動のJR2YFM/1(オペレーター VK2IO)と28メガSSBで交信できました。この局は、蔵王から、JAFFの移動で出てくれたのですが、こちらに7メガのアンテナがなくて、その時は交信できませんでした。

先々週あたりから、JM8ITC局(オペレーター VK3MCD)がニセコアンヌプリから出るというインフォメーションがあり、山は難しくて、まわりの国定公園から出てくれましたが、これは聞けず、その後函館山からオンエアし、さらに先々週金曜日には関東に来て群馬の鳴虫山、先週金曜日には神奈川の大山と、寒い中エネルギッシュに移動し、昨日はSOTA JA幹事のJH0CJH局と一緒に城山に移動していました。
一昨日は、7メガ用のVCHバーチカルを仮設して待ったのですが、予告の時間が過ぎてもスポットもないので、ほかのことをしていたら、うっかりスポットを見逃してしまい、こちらのローカル局と交信を終わるところをかろうじて聞いたのですけれど、その後、クローズしたようで、呼ぶチャンスを逃してしまいました。

昨日の城山移動のJM8ITC/1局とは、午前中に、当局としてはまずあり得ない50メガのSSBで交信できました。
スポットがありましたが、現用の21-28のアンテナとはバンドが合わないので、声を聴くだけでもと思い、FT-450をつないで聞いてみたら良くきていました。
試しに内蔵ATUを入れてみたら、何とチューニングがとれてしまったので、呼んだら取ってもらえました。何とか1QSOができて良かったです。
SOTA MLのメールで当局とやりとりしたことも思い出してくれたようです。

5月ごろにはW、アメリカからSOTA愛好者が来るという話もあります。

せっかくVCHバーチカルを仮設したので、日曜日の10メガで区のサービスでもするかと、アンテナを10メガに合わせ、CQを出してみましたが、朝は北海道くらいしか開けていないようでだめ、11J過ぎに5局だけ交信できました。

Img_0511s_2 記事とは関係がありませんが、21日(月)には墓参りに行きました。写真の中央の奥あたりに我が家の墓があります。本堂にあたる建物はインド風です。電車で行きました。入り口付近の道路には車が7~8台、順番待ちをしていました。



2016年3月19日 (土)

Portable Daikanzan, SOTA JA/KN-014 and JAFF-0009 大観山移動運用

My third attempt of SOTA activation at Daikanzan, Hakone Mountains, Kanagawa, yesterday turned out to be unsuccessful.
There were perhaps two reasons. Since my back started to ache the afternoon of Thursday and I was not sure if I could climb to the activation zone, I did not post an alert on “SOTAwatch2”. I do not have a smart phone in addition. Those meant that I did not have help from the Inter-net.
The area around the summit of Daikanzan is occupied by a radar station and only the point at the southern shoulder of the summit area, about 20 meters below, can be used for radio operation. Propagation toward northeast, north and northwest seems to be hindered.

Img_0487sDaikanzan seen from southwest. The operating point was somewhere at the right shoulder of the relatively flat summit area. Thanks to JI1IHV, the first activator of this summit, for information.
I arrived at the point with less than ten minutes from my car parked at raodside, but a few parts of the trail were steep and covered by shallow snow and required careful climb. As space was limited, a vertical antenna for 15 meter band was set with two elevated radials.

Rimg0060s
Radio operation was started around 00 UTC, but nobody called me although I received W6WX beacon signals all right.
The signals of ZL2BLQ were copied twice on my frequency, but he appeared to have been testing his rig and did not become aware of my signals.
After about half an hour, I started to search the band to find stations to have contacts.
I managed to have contacts with B7/BA4DW, WH6WI, JF1CCH/6 in Okinawa and VK2AOH, and was able to add 6 points to my meager SOTA activator score.
Rimg0062sHatsushima and distant Oshima islands in the Sagami Bay toward southeast.
Rimg0053sMountain ridge of Izu peninsula to the south. Superb location towards these directions from the operating site.

The views of Mt. Fuji and Lake Ashinoko from the nearby view point.

Img_0484s
Img_0492s
After lunch and coffee at the “Sky Lounge”, I set the similar vertical antenna on top of my parked car and operated 15 meter CW for 2 hours and a half sending JAFF-009.
Img_0502s
12 contacts with OC, AS and JA stations were logged. It was too windy to set a loop antenna. I had not posted my message on the “WWFF Forum”, and I did not get help from the net for WWFF activity either.

Good weather, smooth traffic and good sceneries made this outing enjoyable for me anyway.

昨日、3月18日(金)は、箱根の大観山へ行って移動運用をしました。
運用場所までたいして登らなくて良いことと、国立公園区域内であることで、あわよくば北米サービスをと計画しました。
残念だったのは、前日にアンテナのラジアルの増設などの用意をしているうちに、ほとんど持病化している腰が痛くなり、中止の可能性も出てきて、事前のアナウンスができなかったことです。行くなら当日の朝にSOTAのアラートを出そうかと、原稿も可能な60字以内に縮めたものを用意していたのですが、現地で登れないことになってWWFFだけの運用になった場合、SOTAwatchのRBNholeのシステムでSOTAでないのに自動スポットが出ると混乱すると思いつき、アラートをやめました。
後知恵ですが、SOTAをしない場合は、アラートに出したのと違うように、"/p"でなく"/1" と送る方法もあったかと思います。
また、大観山の山頂部にはレーダー局があって入れないので、南側の山道(送電線管理用通路か)で尾根筋まで上がったところしか、アクティベーション・ゾーン内の運用可能地がありません。地形図上からも持参の高度計からも、ぎりぎりですが25mの高度差以内の基準は満たしていると判断しましたが、山頂部が障害になって北を中心に90度くらいの範囲にはあまり良く飛ばないようでした。
このためか、リバース・ビーコンもJA1LZR局に拾われただけで、つくばのJE1SGH局やDXにはまったく届いていませんでした。パワーも10Wで低いし、アンテナも道に沿って左右にラジアルを2本伸ばしただけのバーチカルなので、ロケーション上の不利が響いたと思います。

しばらくCQを出し続けてもコールがないので、CQを出している局を探し、呼んでみました。届かない局も2~3ありましたが、BAとKH6の局は1回のコールで取ってもらえました。3局目の沖縄移動局はJA全国から次々に呼ばれていて、何度も呼びましたが、なかなか順番が来ません。CQを出したりして時間調整して、また呼んだら、最後の"P"でひっかかりました。それからも、"/QRP"と返ってきたりして、難航しましたが、なんとか正しく取っていただけました。TNX. 平日でもワッチ局は結構たくさんいるようで、中には都内の知っている局もいて、599で強くきていたので、こちらの存在がネットなどで分かれば交信もできたのではないかと思いました。
0215 UTCころになってバッテリーの残量からも時間的にも限界が近いときに、SOTAサイトで見覚えのあるVK2AOHのCQを見つけました。なんとか559のレポートをもらい、交信成立、アクティベーター・ポイント獲得に最低限の4交信に届きました。0交信で帰ったほうがいさぎよかったかもしれませんが、せっかく設営したので、少しは交信したいという気持ちに勝てませんでした。

昼は展望スカイラウンジへ行き、温かいラーメンを食べコーヒーを飲みました。この辺は実に楽な山といえます。

午後は駐車場からWWFFのみでオンエアしました。面倒なので、21メガのバーチカルで上下含む3バンドでCQを出しました。たくさんのコールは期待できない時間帯で、交信は12局でした。VKが1局、あとはASで、JA, B, Rのほか、少し珍しいVU、インドとHS、タイからコールがありました。
朝は4時半起きだったし、天候も下り坂、JAFF-0009はだいぶんEUにサービス済みなので、06 Z 過ぎにQRTし、撤収して0630ごろ出発、0900ごろに帰宅して、いつもの夕食時間に間に合いました。

JAFF ML, SOTA JA ML, プラス若干の局にはメールでお知らせしたので、ワッチしていただいた方もあったようですが、上記の次第で、電波があまり飛んでおらず、申し訳ありませんでした。ワッチおよびQSOありがとうございました。

2016年3月15日 (火)

ARLHSの灯台アワード終了か?

やや旧聞で恐縮ですけれど、2月29日にARLHS、会員になっているアマチュア無線灯台協会からメールが来ました。会長(兼プログラムの実質オーナー)のジム、K2JXWが引退するとのことです。健康上の理由で運営が難しくなったようです。
プログラムを引き継いで運営しようという人が現れない限り、ホームページ、クラブ局その他の活動は、6月30日を持って終了するとのことです。

Txtinsideblackbkgrnds

灯台移動は先月に湘南港灯台で久しぶりに試みたくらいで、このところあまりしていませんが、SOTAに興味を持った余禄で、徒歩で磯などへ出てオペレートすることもありかなと思っていた矢先だけに、もし終了してしまうのなら、ちょっと残念です。
誰か引き継ぐ人が出てくると良いのですが、全体に高齢化が進んでいるでしょうから、希望者はあまりいないかも知れません。

<その後、2016年4月から、KX4O, John が後を継いで継続しています。 2018年3月記>

 

2016年3月 8日 (火)

Signals Recorded at SOTA JA/ST-017 簑山移動運用での録音

A part of the message from a station (I assume it was W7RV) requesting another contact after 00 Zulu date rollover. 2342 UTC, March 3, 2016.

「20160304_084224.wav」をダウンロード

QSO with NA6MG. 2343 UTC, March 3, 2016

「20160304_084321.wav」をダウンロード

There is a range between Minoyama and the large and populous Kanto Plain, as in the photo. The range seems to work as a barrier to keep noise level low, although it makes contacts with other JAs by ground waves difficult from this summit.

The main body of the ICOM IC-7100 with the memory card was placed on the cart as a stabilizing weight. The battery was also put on it with its LED lamp power indicator facing the operator.

Rimg0045s
簑山と関東平野の間には写真に見えるように山が連なっています。このためにノイズも抑えられているようですが、地上波で交信できるJA局は少ない場所です。
録音用SDメモリーカード入りのリグの本体とバッテリーをプルカートの重しにしました。バッテリーは、残量表示用LEDが見えるように斜めに置いています。

2016年3月 6日 (日)

埼玉県小川町の仙元山 Sengenyama, Ogawa Town, Saitama

4日(金)は、無線が早く終わったので、帰りに比企郡小川町の仙元山に寄り道をしました。SOTAリストではJA/ST-021で、埼玉県で一番低く、場所も練馬インターから近いところなので、もしかしたら楽ちんSOTAが可能かも知れないと、下見してみたかったし、美の山公園だけでは運動不足になってしまうということもありました。

道が良く分からないので、あらかじめインターネットで見ていた埼玉伝統工芸会館をカーナビに入れて、まずそこを目指しました。道の駅の中にあるのですが、それを知らずに入り口を少し行き過ぎてしまい、戻るのにやや難儀しました。
ここで町の観光マップをもらい、見晴らしの丘公園経由で仙元山に登れること、公園に駐車できることを教えてもらいました。道の駅の200mくらい西の薬屋「ウエルシア」の先を左折して道なりに進むと、公園へ行く林道の入り口がありました。

見晴らしの丘公園の駐車場は標高200mくらいのところにあり、展望塔や大きなローラー滑り台がありました。案内板に仙元山山頂まで25分とあり、案内図もありました。山頂を目指してスタートしたのが、12時35分ごろでした。

Img_0427s

いかにも里山らしい落葉樹の林の中の道をしばらく進みました。2箇所くらいやや急な坂を登り、298.9mの三角点がある頂上には午後1時に到着しました。

Img_0446s

頂上付近は杉の植林地でした。上は南方向を見たところです。
The summit of Sengenyama, SOTA JA/ST-021.

Img_0439s
北東、北米方向です。杉があり、登ってきた尾根道のこぶもあって、あまり開けていません。Looking northeast.

Img_0438s
北西、ヨーロッパ方向は小川町の中心部を見下ろすことができ、開けていましたが、展望ポイントなので、ほかの登山者の邪魔にならないようにアンテナを立てるには工夫がいりそうです。Looking northwest.
標高差100m以下のこれくらいの登りなら、現有の重い無線用装備でも登れないことはなさそうでした。しかし、下りてから公園の駐車場で厳しい現実を知りました。

Img_0457s
開園時間が9:45~16:30までとのことで、林道入口も閉門になるそうです。このため、北米やヨーロッパの開けそうな時間帯に頂上に行くには、公園の駐車場は利用できず、下から登らなければなりません。

Img_0478s
展望塔下の園地には桜が満開でした。河津桜でしょうか。この後、コカコーラを買って飲んで休憩し、家には午後4時ごろ着きました。

2016年3月 5日 (土)

Portable SOTA JA/ST-017 簑山移動運用

It was a very good day for outdoor activities here yesterday; sunny, warm and calm.
I drove to Chichibu City, the western-most city in Saitama, and went up to the Minoyama Park. The park is well in the activation zone of the SOTA reference JA/ST-017, and I tried an easy-going activation of this summit.
I arrived the upper parking space that is only ten steps below the paved park area or lawn at 2230 UTC.

Img_0413s
After some scouting and photo shooting, a full size loop for 15 meter was erected.

Rimg0047s               Looking northeast.

I used a picnic table as my back rest.

Rimg0046s
I ended up working two stations short of my target of ten unique North American stations. Four Australian stations and one Japanese station were also logged by CW. Total number of contacts was 17 as a few stations called again after the 0 UTC rollover  for additional points.
I missed one station, K6EL, as it did not come back to my report.
It may have been better to select local Monday morning, but the weather forecast was not very good for March 7.

As I do not have a small transceiver I used IC-7100 running about 10 watts out. The weak point was my battery; the 11V, 20Ah Li-ion battery for fishing had been maintained poorly and could keep necessary power for a little more than one hour even though I tried to operate sparingly.

I left the park around 02 UTC and headed for a hiking around Sengenyama, SOTA JA/ST-021, the lowest summit in Saitama.

昨日、3月4日(金)は、移動運用には好適な寒くない日でした。秩父の簑山、SOTA JA/ST-017のアクティベーションに行ってきました。山といっても、美の山公園という公園になっていて、一番上の駐車場からは階段を10段登ると園地になり、一帯が頂上から標高差25メートル以内の運用OKゾーンになります。
まず下見をしてどこが良さそうか見当をつけ、若干写真を撮ったりしてから車に戻り、荷物を運びました。家ではリュックサックだけで行くつもりでしたが、下見で園地の柵が華奢なことが分かり、アンテナを立てるのにプルカートを使うことに方針を変えました。ザックも階段以外カートで運びました。移動距離は200m以下でしょう。

Img_0416s
アンテナは江の島でも使った21メガ用片持ちループです。バーチカルやダイポールより少し良いのではと、ループにこだわっていますが、写真のように給電部が低いので、あまり良くないかも知れません。

“SOTAwatch2”に前の晩に出しておいた3日2330UTCの予告時間に2分遅れくらいで電波を出すことができました。まず”VVV”と送ったら、待っていたのでしょう、もうW7RV局からコールがありました。4日0050UTCにQRTするまで、合計13局(W 8, VK 4, JA 1)と17交信でした。

装備の弱点はバッテリーで、釣りの電動リール用11V, 20Ahのリチウムイオン電池です。マニュアルが求める放電状態での保管をまなけていたので、使用可能容量が低下しているようでした。前日に一度使ってある程度リフレッシュしたつもりですが、休み休みCQを出すなどで節約しても、1時間を超えると4つある残量表示LEDが1つしか点かない危険水域になってしまいました。(送信出力約10W)

早めに撤収したので、帰り道に埼玉県で一番低いサミットである小川町の仙元山に寄り道をしてハイキングをしました。これは別の記事にしたいと思います。

2016年3月 2日 (水)

ARRL DX CW 2016 (2) 録音 Recorded Signals

2月21日(日)にARRL DXコンテストCW部門に移動運用で電波を出しました。移動地は、カーナビ写真のとおりです。

Img_0380s
一部を録音したので、載せてみます。IC-7100にSDメモリーカードを挿入し、初めて録音機能を使ってみました。

当局の交信です。
相手局 K7JQ「20160221_093827.wav」をダウンロード
もう1局呼んでいましたが、スローペースを待ち切れなかったのか、次には呼んできませんでした。時刻は0038 UTC。
録音は、受信と送信で別ファイルになるので、つなぐのが少し面倒でした。

JP6NWR局 「20160221_104222.wav」をダウンロード
相手は、KA6MLE, W8TK。 こちらのアンテナは3エレ垂直ダイポールアレー、SVDAですが、サイドもバックも切れていない感じです。Hi. 調整していないので、仕方ありません。0142 UTC.

E21EIC局 「20160221_105839.wav」をダウンロード
相手はAE6C。残念なことに、コンテストのルールを知らないのか、E2もWかVEと思っているのか、JA局、それも複数が呼んでいるようで、"SRI ONLY NA" と打っていますが、それでもQRMが止まないのと、こちらには強く聞こえてもタイでは弱いのか、なかなか交信が成立せず、この後2分以上かかってようやくナンバー交換にこぎつけていました。後の方ではJA局のコールも分かるのですが、カットしています。0158 UTC.

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »