2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« DXのサミットと初交信 My First QSO with a DX Summit | トップページ | 湘南港灯台移動運用 Portable Operation at the Shonan Ko Light »

2016年2月11日 (木)

鉄道沿線ウォーキング 元加治から入間市へ Walking in Iruma City, Saitama

昨日、2月10日(水)は、久しぶりに我が家の隊長と一緒に西武線沿線ウォーキングに行ってきました。
「上橋から寺社と歴史ある高倉寺周辺を歩く!」というもので、西部池袋線の元加治駅(飯能の一つ手前、駅周辺は飯能市)から池袋寄りの入間市駅まで、2駅分をジグザグのコースで歩く約8キロでした。
入間川に沿って真直ぐに行けば、距離はもっと短いのですが、途中から南の青梅市方向に折れて、飯能市、入間市と青梅市との間にある丘陵地をかなり歩くことで、コースに変化が付けられています。

Img_0235s仏子駅から南に進み、写真のつづら折りのところを登りました。後で地形図を見たら、入間川沿いの辺りが海抜約73m、登り切った辺りに八坂神社がありますが、その境内が約154mで、高度差は80mほどでした。
八坂神社からは、秩父方面の山々が良く見えました。しばらく高台を進んで東金子公園の前に出ました。
この辺りからは、南から東へかけての眺望が開け、真っ白な富士山や丹沢山塊が良く見えました。御岳山に続く大岳山も見えていました。そこから墓地の中の坂道を下り、東光寺というお寺に出ました。

そこがほぼ中間点で、休憩所が設けられ、熱い狭山茶のサービスがありました。東光寺にはタラヨウの大木があり、これは市の天然記念物だそうです。
1キロほど東に行くと、中野原稲荷神社に着きました。参道に真っ赤な鳥居がびっしりと立っていました。少し東で、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の上に架かる橋を渡り、これに並行している4車線の国道299号(秩父へ行く道路)を信号で横断しました。この辺りもまだ丘陵地なので、高速道路は堀割りになっています。

その先は、茶畑の中を行く土の下り道で、左手には丘の斜面の雑木林が見え、コースの中では最ものどかなところでした。

Img_0278s
さらに北東に進むと、光昌山高倉寺(こうそうじ)という曹洞宗のお寺に着きました。本堂の左手にある観音堂は、江戸時代に別の寺から移築されたものですが、室町時代初期の建築とされ、国指定重要文化財だそうです。

Img_0291s
観音堂の裏手からも秩父の山並みが良く見えました。残念ながら山名を知りませんが、送電線が並ぶ低い丘から続く山が以前に歩いた物見山、丸山ではないかと思います。左手の山の中には武甲山などがあるはずです。写真はまず左(西)、次に右(北)と少しズームをきかせて撮りました。Img_0299s
Img_0300s
高倉寺の境内が海抜100mほどのようです。坂を下りて霞川という入間川の支流の川に沿ってしばらく行き、西武線に突き当たって入間市駅に着きました。

これも後で地形図を見たら、霞川は青梅の扇状地の北の端あたりを流れて、荒川水系の入間川に合流するという、ちょっと変わった流れ方をしているようです。

強風が心配でしたが、それほどでもなく、良く晴れていて、気持ちの良いウォーキングができました。この程度の距離だと、あまり疲れもせず、午後1時過ぎには帰宅できて、1日を有効に使った気分でした。

« DXのサミットと初交信 My First QSO with a DX Summit | トップページ | 湘南港灯台移動運用 Portable Operation at the Shonan Ko Light »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/63196923

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道沿線ウォーキング 元加治から入間市へ Walking in Iruma City, Saitama:

« DXのサミットと初交信 My First QSO with a DX Summit | トップページ | 湘南港灯台移動運用 Portable Operation at the Shonan Ko Light »