2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 光電子増倍管 Photomultiplier Tube | トップページ | 「ドナルド・キーンと日記」講演会 "Donald Keene and Diaries" »

2015年12月 6日 (日)

東久留米、田無(西東京)ウォーキング Walking in Higashikurume and Nishitokyo

前回の小平駅発のウォーキングからほぼ2週間経った昨日、12月5日(土)に今度は西武池袋線東久留米駅発の鉄道沿線ウォーキングに、我が家の隊長と一緒に参加しました。

この日のコースは、前回とは違い、何度も道を曲がって、東西南北、あらゆる方角に進むコースで、案内のポスターや一緒の参加者がなければ、難しいものでしたけれど、基本的には南の方、西武新宿線の花小金井駅、田無駅の近くまで行って、また北へ戻り、池袋線の一駅池袋側のひばりが丘駅がゴールでした。10キロということでしたが、8キロ地点付近にある東大田無演習林の中も30分弱歩いたので+2キロ弱、さらに朝に家から最寄り駅まで2キロ歩き、隊長の希望で、ウォーキング終了後、新宿に買い物に行ったので、正直なところ疲れました。

快晴で、コンディションは申し分のない日でした。
出発前に東久留米駅の展望デッキから富士見通りの中心に見える富士山を眺めました。市民自慢の風景だそうです。

Img_0654s
前にも歩いたことがある落合川沿いの道や「たての緑道」を進みました。この緑道は、昔は中島飛行機の工場への引き込み線だったのだそうです。
約4キロの地点あたりには、イオンのショッピング・モール東久留米がありました。駅からは遠い場所ですが、車での来店者用に大きな駐車場を備え、子供用のおもちゃの乗り物の形をしたカートがあったり、最新式のようでした。
そこから南に向かう道では、田無の電波塔、「スカイタワー西東京」が見え、これを目標にして進みました。このタワーは、新青梅街道沿いにあり、車でときどき下を通っていますが、歩いてアプローチしたのは初めてでした。

Img_0690sタワーとその南隣にある六都科学館のプラネタリュームのドームです。コース中間点を少し過ぎたところですが、長めの休憩をしました。
ここからは「FM西東京」というコミュニティーFM放送も行われていて、この局には「QRL」というアマチュア無線の番組があります。電信好きなローカル・クラブの会員が登場したり、最近は投書を取り上げて、SOTAのことを紹介しています。

ここからしばらく青梅街道(旧道)と新青梅街道(バイパス)の間にある東京街道という道を東へ1キロくらい歩きました。この辺りのコースは西武新宿線の北側に平行しており、一番近いところでは線路の北300メートルくらいまで行っていたようです。
田無駅の西北から北へ進んで新青梅街道を横切り、所沢街道を少し歩きました。この街道は、少し東で新青梅街道から北西に分かれています。
古い地図を見ても、田無は武蔵野台地上を西の方へ進む道が何本も分かれているところで、交通の要衝だったことが分かりますけれど、この日のようなコースどりでは、街道網の理解には向いていませんでした。

所沢街道の東に東大田無演習林があり、入り口も街道に面していました。この日は一般公開されていたので、中も歩いてみました。林学のための施設ということですが、めずらしい樹木もあるようでした。外国産のマツの並ぶ林や背の高いメタセコイアの木立などがありました。

Img_0696s天気が良かったので、紅葉も一段ときれいでした。

午前9時40分ころ出発し、ひばりが丘駅ゴールインは午後1時ごろでした。

« 光電子増倍管 Photomultiplier Tube | トップページ | 「ドナルド・キーンと日記」講演会 "Donald Keene and Diaries" »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/62820796

この記事へのトラックバック一覧です: 東久留米、田無(西東京)ウォーキング Walking in Higashikurume and Nishitokyo:

« 光電子増倍管 Photomultiplier Tube | トップページ | 「ドナルド・キーンと日記」講演会 "Donald Keene and Diaries" »