Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ヤエスFT-991 Yaesu FT-991 | トップページ | VKのSOTA移動局SWL Chasing VK SOTA Activators »

2015年12月27日 (日)

妙な工作 Strange Tools

もう2週間前ですが、妙なものを作ってみました。何かお分かりですか。

Img_0756s
11月に鹿野山に行ったときに、長男のお古のザックを使いました。いちおうブランドものらしいのですが、ザックの下に、ベルトの輪が二つ垂れており、背面上部には輪状になったゴム紐が左右に一つずつ付いています。何だろうと不審に思い、ネットで調べてみたところ、ピッケル・ホルダーと分かり、スポーツ用品店だかのサイトには、動画による正しいピッケル装着法もありました。
もっとも、上部のゴム輪の使い方は、ネットでも分からず、知恵の輪のような感じで、ああでもない、こうでもないといじくっているうちに、やっと正解らしい止め方が分かりました。

そこで、せっかく付いているものを、無線のアンテナ用のポールや竿運びに使えないものかと考えてみました。

破魔矢の矢柄を16㎝ほどにカットし、これに25φと32φのグラスファイバー・ポールのゴムのキャップをネジ止めしてみました。

移動運用時に良く使っている、90㎝の25φと65㎝の32φを、作ったものを使って、ザックの背に留めてみました。
540㎝の釣り竿は、仕舞って、32φの中に差し込むことができますから、いちおう、65+90-25(差し込み部分)+540=670㎝のポールを立てることができます。バーチカル・アンテナか、なんとか工夫してハイ・バンド用の片持ちループを支持できないかと考えています。

Img_0754s
実際に使うかどうかは別として、ザックの使い方の謎が解け、無線にも使えそうと分かって、うれしくなりました。

The backpack I took to Mt. Kaonozan in November has ice axe holders. The rubber caps for glass fiber poles were screwd to wooden rods to make poles like ice ixes.

« ヤエスFT-991 Yaesu FT-991 | トップページ | VKのSOTA移動局SWL Chasing VK SOTA Activators »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙な工作 Strange Tools:

« ヤエスFT-991 Yaesu FT-991 | トップページ | VKのSOTA移動局SWL Chasing VK SOTA Activators »