Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

WW コンテストお気楽参加(無謀ランニング) Casual Running in WW Contest CW, 2015

週末は恒例のCQ WWコンテストCW部門がありました。
年に一度のお祭りなので、例によって気楽に少しだけ参加してみました。
河川敷への移動もちょっと考えたのですが、先週の土曜日にクラブ行事で移動運用をしたばかりで、連続の移動に出る元気が出ませんでした。
土曜日は二つ予定があって、まったくワッチしていません。
夜のローカル・ラグチューも忘れてしまいました。

29日(日)の8時JST、28日2300z過ぎから29日の10時Jくらい、午後は15時Jあたりから1時間半弱、本日、30日の8時J過ぎからほぼ最後まで、21メガでやってみました。
当局は、まだまだやっていないDXCCのエンティティーが多いので、未交信のところをじっくり探すべきなのでしょうけれど、呼んでもらうのが楽しみで、またまたほとんどの時間、無謀なランニングをしてしまいました。

当局のような微弱シグナルでは、他の局と重なったり、すぐ傍だったりしたら、拾ってもらうことは難しいし、頼みのリバース・ビーコンに出る可能性も低くなるので、空き周波数探しにはかなり時間をかけました。結局、だんだん上へ上へと上がっていって、一番上では21098KHzまで行きました。21100より上で出ている局もありましたが、スキマー局が受信していない可能性があるので、使うのはやめておきました。

ただ、日曜の0730z過ぎに21100より上をワッチして行ったら、21108.5に3V8SS、チュニジア、の高速CQを見つけました。さすがに次々と呼ぶ局がありましたが、あまり高い周波数のためか、パイルというほどではなかったので、呼んだら引っかかり、3回ほどコールを送ってQSOができたようです。
この局はたしか2~3年前にもコンテストで呼んで、交信したつもりでいたら、ログサーチにヒットしなかった記憶があります。3Vはまだコンファームできていないのですが、今度は大丈夫でしょうか。

今日の朝は、コンテストの常連局 W0AIH, K3LR, W3LPL からもコールがあり、Wの東海岸や中央部は難しいと思っていたので、うれしく感じました。
だぶん、これらのコンテスト局は、リバース・ビーコンを活用して未交信局のCQを拾っていくシステムを使っていると思います。WW のようにナンバーが決まっているコンテストでは、極端な話、こちらのコールとスタンバイのタイミングが分かればログに入れられるので、あちらにどの程度届いているのかは良く分かりません。

画像はリバース・ビーコンに当局のコールでサーチをかけた結果を少し加工したもので、一番下(時間的には初めの方)の数行以外、これで全部です。
Rbn_scrn_ww_cw_2015_ja1jcf_r
交信は、計68、28日午前29、午後23、29日午前16でした。

最後の最後、2356zにクラスターで見つけたTI5W、コスタリカを呼んで交信したので、ゾーン33と7だけ、やや珍しいゾーンがログに入りました。

当局のようなお気楽参加の場合は局数が少ないので、後からQRZ.comで交信局のページを開いてみています。多くが万を超えるルック・アップがある有名局で、中には100万超もありましたが、今回交信の中では、最初の頃にコールをもらった KO7SS局のものが興味深いと感じました。長年の夢がかなって、アリゾナ州の標高2,470mの山上にシャックがあるそうです。一方、アンテナは、住宅地としての制限が厳しいらしく、2エレのStepIRのようです。

2015年11月24日 (火)

晩秋の小平ウォーキング Waliking in Kodaira City, Tokyo

昨日、11月23日(月)は、久しぶりに鉄道沿線ウォーキングに参加して、西武新宿線小平駅から西武国分寺線鷹の台駅まで歩きました。
案内図によると、歩行距離約10km、歩行時間約2時間30分のコースです。
まず駅から「狭山・境緑道(多摩湖自転車道)」という上水道用水の導水管の上を通っている直線の道を東南東方向に約4km歩き、南側にある都立小金井公園の中を1kmほど歩いて玉川上水に出ました。そこから上水沿いの歩道を西の方へ約5kmひたすら歩くと鷹の台駅のそばに小平市立中央公園があり、その中にゴールがあるという、単純明解なコースでした。

Img_0587s出発して間もなく、左手に「小平ふるさと村」があり、古い民家を移築、保存してあります。納屋なども含めると数棟があるので、なかなか風情もあるところでした。
Img_0592s小金井公園は、どんよりした天気のためか、人影は少ないようでした。落ち葉が積もる武蔵野の晩秋風景です。
Img_0616s玉川上水沿いの歩道は、やはりゴールに近づくほど自然が残っていました。初めのうちは歩道が舗装されていましたが、終盤になると土の道になり、その方が足に心地よく感じられました。

午前9時45分ごろスタートし、ゴール到着は12時30分でした。ふるさと村をしばらく見物したり、数回休憩したので、だいたい標準の時間でしょう。
前回のウォーキング参加から7ヶ月以上経ってしまったので、以前に貯めたポイント650点がパーになってしまい、今回の50ポイントだけがカードに印字されました。

以下はおまけです。

Img_0610s当ブログの2013年6月3日の記事で取り上げた大アンテナと同じところを今度は反対方向に歩きました。
http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/big-antennas-in.html

あの時のクワッド・アンテナは無く、3段スタック八木のタワーも見えませんでした。高いタワーの八木アンテナは14メガ用でしょうか。あまり高くて、判定が難しいです。その後、ここの局長は、友人の昔のラグチュー仲間だったということが分かりました。

2015年11月22日 (日)

ローカルクラブの公開移動運用

昨日,、21日(土)は、ローカルのアマチュア無線クラブ(JH1ZIS)が例年と同じく近所の公園の野球場で開かれたSL運転などの主に子供向けのお祭りに参加して、公開移動運用とラジオ工作教室開催を行ったので、出かけて行きました。
好天に恵まれ、設営は予定どおりでき、教室も前よりも盛況でした。 参加クラブ員は6名、お孫さんサービスでSL乗車を優先し、クラブ局行事には不参加だったクラブ員1名、ゲスト4名でした。

8時半ごろに集合し、設営にかかりました。

立てたアンテナ
1.7MHz逆Vダイポール 10mグラス竿と屋根馬を利用
2.18MHz-28MHz 4バンドヘックス・ビーム フジポール3段伸ばし
3.430MHz8エレ八木 デベポール2段、幟スタンドで自立

リグ
1.FT-991 (新しいクラブのリグ)
2.IC-706MK2G (クラブ員がRTTYオンエアに使用)

10時過ぎにはいちおう設営を終わり、運用などにとりかかったのですが、FT-991はクラブ予算で新規に購入し、免許手続きが終わったばかりで、使い方が今一つ分からず、マニュアルと取り組んでいる時間が長くなってしまいました。

Img_0580ss
工作教室は、手持ちのキットが全部はけ、後から来た子供は残念ながらお断りしました。

Img_0574ss_2
ゲストの1人から「ちびっ子のラジオの完成で両親への報告の時の笑顔と、別れに講師とハイタッチしていた姿はとても良かったです。」というメールをいただきました。

ゲストの方々といろいろお話をしたほか、リグの使い方でアドバイスしていただきました。

交信の方は、18MHzCWで沖縄市の局と1局交信しただけで終わりました。 クラブ員個人コールでの7MHzのRTTYは数局できたようです。
なかなか分からなくて、運用時間に影響したのは、スプリットがオンになっていたのに、画面のスプリットの表示が青の小さい文字で、屋外でははっきり見えなかったことです。そのために、エレキーをオンにできなかったり、内蔵チューナーが働かなかったり、思うように操作ができませんでした。 VFOのAとBの表示がスプリットとそうでない場合はまったく違うのですが、初めてなので、気が付きませんでした。

3時ごろから撤収を開始し、3時半ごろに解散しました。

2015年11月20日 (金)

高尾山 Mt. Takao

我が家から一番行きやすい山というとやはり高尾山です。我が家の隊長のトレーニング場所にもなっていて、思い立つと前の日くらいに決めて、急に出かけていきます。
一昨日も、天気予報を見ていて、良くなりそうだし、ほかの予定がないから行ってくるとのことでした。こちらは5年ほど行っていないし、紅葉も良くなっていそうなので、誘われなかったのですが、一緒に行くというと、一緒だと遅くてトレーニングにならないとか、あれこれ論議になりました。
結局、今回は新しく高尾山口駅前にオープンした高尾山温泉に入ってみるという目的もあったようで、ケーブルカーで登って頂上へ行き、歩いて下るコースで決定しました。

6時に家を出発し、8時の始発ケーブルカーで上がって頂上へ行きました。薬王院から30分と書いてありましたが、15分足らずで着いたようです。

Img_0534sc高尾山の標高が599mという、電信、CWモード好きのものには見逃せない数字であることには、初めて気づきました。
The summit of Mt. Takao, Tokyo, is 599 meters high above sea level. It is a very familiar number for CW lovers! The sign also let us know that it is in the Meiji Memorial Forest Takao Quasi-National Park.

頂上から少し先の「もみじ台」まで10分との案内があったので、行ってみました。

Img_0549sc隊長が赤いカエデの葉を両頬に当てているところです。

雨上がりで、晴れていく途中という天候のためか、相模湾方向が良く見えていて、江の島がちゃんと分かりました。たびたび来ている隊長も、相模湾は初めてだそうです。

Img_0545s          もみじ台付近から江の島、相模湾を望む

Img_0568s          ケーブルカー駅付近から相模湾、江の島(画面中央)を望む

家で地図を見ると、高尾山から一番近い海は、東京湾ではなく、相模湾の大磯あたりの海岸です。鉄道路線や行政区域に影響されて、物理的な距離と心理的な距離がずれてしまっているようです。

真新しい温泉の入浴施設で汗を流し、昼食も館内で済ませました。ハイシーズン料金で1人1,200円というのは、ちょっと懐に響きますが、結構賑わっていました。駅に直結しているのは便利です。
帰りの電車は居眠りして早起きを埋め合わせ、帰宅したのは午後1時半でした。

夜に都心で立食の会合があったので、それから帰ったときには、流石に足に疲れを感じ、ペースの速い山下りがきいたのか、今日は脛のあたりが筋肉痛です。

2015年11月19日 (木)

Portable Kanozan (2) 鹿野山移動運用(2)

16日(月)の鹿野山での移動運用について、補足したいと思います。

・使用アンテナ
現地での写真は樹木や光線の関係で見にくいものになってしまいました。5日前の11日(水)にいつもの荒川の河川敷にテストに行ったときに撮った21メガ用ループの写真も載せておきます。

Img_0507ss30

玉網の竿のポールの下の白い部分は、38mmφのデベポールで、持ち合わせの関係で、65cmのものを2本つないで130cmの高さにしています。

・鹿野山からの眺望と付近の景観
運用をした頂上は、木立に囲まれていて、景色は見えませんでした。
頂上から北の方へ踏み跡が伸びていて、50mほど進むことができました。そこからは、樹木の間、ゴルフ場のフェアウェイの彼方に、北西の東京湾方面を望むことができました。

Rimg0006s          君津市方面 Factories in Kimitsu City and Tokyo Bay

Rimg0008s          東京湾アクアラインの橋梁 Tokyo Bay Aqua Line Bridge over Tokyo Bay

南の方は、山頂は展望がききませんが、車をとめた九十九谷公園(九十九谷展望公園)から房総半島の小刻みに侵食を受けた地形、「九十九谷」が良く見えていました。

Img_0518s          九十九谷 Kujukutani ("Ninety-nine Valleys") of the Boso Peninsula
Img_0514s          九十九谷公園 Kujukutani Park near the Shiratori Shrine
Rimg0012s       東側から見た白鳥神社 Shiratori Shrine seen from the east.

2015年11月17日 (火)

Portable Kanozan, SOTA JA/CB-002 (1) 鹿野山移動運用(1)

Kanozan is the second highest mountain in Chiba Prefecture. According to the legend, it was the base of a bad chief of a tribe once upon a time, when the region was still a part of the frontier for the mainstream Japanese, and was conquered by Yamatotakeru, a brave prince.
The area around the mountain has been developed as the site of a temple and shrines, a golf course, a commercial recreation facility, etc., and mostly in the Minamiboso Quasi-National Park, WWFF JAFF-0048.

Take, JA1FAQ, and I went to Shiratorimine, the highest peak of Kanozan, 379m above sea level, yesterday, November 16.
It is assigned SOTA reference number JA/CB-002. The peak is just like an island in the golf course and could be reached by climbing for five minutes from the Shiratori Shrine at the south side of the hill. The shrine was only five minutes from the Kujukutani Park.

Our amateur radio operation was possible with a much heavier style than those of most SOTA activators in that context; we used IC-7000 powered by 40Ah lithium-ion battery and a full size loop for 15 meter band. We set at 40 watts output on 15 and 17 meter bands and from 20 to 30 watts on 30 and 40 meter bands. We brought an ATU, AH-4, an antenna analyzer, a 2 liter water bottle, in addition.
There is a stone monument of the sword of Yamatotakeru at the peak and it is surrounded by many sugi trees, Cryptomeria japonica. We managed to find a minimum space to set up our station behind the monument.

Rimg0004s
Rimg0001s
We logged about 40 contacts altogether with stations in JA, W, VK, BA, UN, UT, I, etc.
I personally logged four contacts with JAs on 40m, and 2 VKs, 1 UR and 1 I on 15m, as a guest operator of JA1FAQ/p. It was a little cumbersome to send my own callsign after signal reports, but this practice was necessary in Japan’s regulation.
We were pleased to receive calls from North America and Australia yesterday, as we have not been able to have contacts with those areas in our WWFF activities. Many thanks to those who called, spotted and announced our plan in advance.

昨日はハムの友人と一緒に房総半島の鹿野山に行き、SOTA、サミット・オン・ジ・エアーとWWFF、ワールドワイド・フローラ・ファウナの両方のアクティベーションの移動運用をしてきました。

JST午前9時30分スタートをアナウンスしたので、そのとおりできるか、少し気がかりでした。結果として、9時30分くらいからIBPビーコンの受信をし、37分くらいにCQが出せました。
(起床4時〔予定の1時間前〕、出発5時35分〔同25分前〕、市川市の友人宅着6時30分〔10分前〕、九十九谷展望公園着8時25分〔10分遅れ〕、白鳥峰頂上着8時50分ごろ)
千葉市の周辺で若干渋滞があり、その分、駐車場到着が遅れました。

運用地は白鳥神社の裏山で、神域とも考えられましたので、まず白鳥神社にお賽銭を入れてお参りし、運用のご挨拶をしました。

神社から左手の道を登ったのですが、後で下ってみたら、右手からの道のほうが本来の道のようでした。

神社の社殿は南側の斜面に南に面して建っています。道も南から頂上のエリアに入りますが、写真の「大和武草薙」と刻んである剣の形の石碑は、東に向いて立っています。正面側の邪魔にならない碑の北西側に、辛うじてわずかなスペースがあったので、そこを使わせていただきました。
落ち葉が積もり、雑草も生えていて、あまり快適な場所とはいえませんでした。
山頂は杉の木のかなり密な林に囲まれています。北東の北米方向は、やや木の間隔が大きくて、それほど障害にはならないようでしたが、北西のヨーロッパ方向は、密植されていて、地盤の傾斜もあまり急でないので、やや障害になったかも知れません。
ステーのためにペグを打とうとしたら、土が柔らかで、持参の短いペグはきちんと刺さりません。仕方なく、樹木にロープを結びました。

天気は午前中は快晴で、午後からは曇りでしたが、暑くも寒くもなく、風も無く、移動には好適なものでした。
7時間ほど我々がいた間に登って来たのは、若い男性1人だけでした。
運用中にやや気になったのは、上空を飛行機がかなりしばしば通過して、爆音が響いてくることです。羽田か成田か、離発着の飛行コースが上にあるようです。

主に友人が運用し、当方はゲストオペレーターとして、7メガと21メガを各15分くらい、友人のコールで運用させていただきました。それぞれ4局、国内4局、DX4局と交信ができました。友人の交信数は、30前後と思います。

0630 UTCでQRTしたためか、ヨーロッパはあまりできませんでしたが、Wの方は、0030 UTC過ぎの開始でもまだ21メガバンドが開けていて、 はじめのころは、VKと入り交じってコールが続き、忙しそうでした。聞いていると、中にはぎりぎり取れるか取れないかのシグナルの局もあり、コールがあったのに交信不成立のケースも若干ありました。
ヨーロッパが主でほかの地域からのコールはあまり期待できないWWFFに比べ、SOTAは北米、大洋州にも熱心なチェイサーがいてコールしてくれることは、期待どおりでした。

あらかじめお知らせしてあった国内のWWFFハンターの数局からもコールがあったので、両プログラムを兼ねたQRVは、交信数を伸ばすためにも役立つと思われます。SOTAアクティベーターの皆さんにも、国立公園、国定公園の山からオンエアする場合は、WWFFへの参加をお勧めします。

2015年11月10日 (火)

Shopping at Akihabara 秋葉原で買い物

Went Akihabara, the famous town for the concentration of electronic parts shops, for shopping yesterday. It took about 45 minutes and cost 216 yen one way for me.

These were the items I bought.

Img_0496s
Dummy load, MFJ-260C, 300W maximum
Power cable for IC-7100
Coax cable, 3D2V, 5m
Connectors, type M
Wire, “Beamex-S (BX-S)” brand, 0.75mm sq (square), 100m
Battery case for UM-3 x 6
Lugs, washers, etc.

(Card of “Osteria La Pirica”, an Italian restaurant)

I have used the dummy load in the antenna tuner, Yaesu FC-700. It needs 8V DC power to activate a relay when dummy load mode is selected. I plan to supply 9V DC by UM-3 batteries.

The second power cable for IC-7100 will be cut shorter for outdoor operations.

The coax cable was cut to 4.7m and two connectors ware soldered after I came home. I intended it to be half wave length electronically at 21.050MHz, but it was a bit too long; it turned out to be resonant at 20.080MHz.

I started to use B Mex wire for antennas ten years ago. Its light weight is good for portable antennas. Two 100m coils, yellow and green, have been consumed mostly so far.

昨日は友人と移動運用を計画していましたが、天気予報が悪くなったので前の晩に止めました。その代わりに秋葉原へ行って買い物をしました。

先週、徒歩移動運用の準備で、リチウムイオン電池(11V) でIC-7100を使った場合に、CWがちゃんと出るか、ダミーロードでテストしたところ、使っているFC-700内蔵のダミーロードでは、トーンにハムが乗ってうまくないことが分かりました。そこで、外部電源のいらないダミーロードを買いました。
FC-700には、小さいAC/DCアダプターをつないでいたのですが、ACラインからの回り込みでハムが乗るのか、アダプターの直流がきれいでないためにハムが乗るのか、分かりません。FC-700も、せっかくあり、チューナーとしては役立つので、単三電池でリレーを動かせるようにしておこうと計画しています。

徒歩移動となると、同軸ケーブルも電源ケーブルもなるべく短い方が良いので、そこも改良しようと思い、買い物をしました。

ビーメックス線は、今までに100メートルを2巻買い、まだ20メートルほど残っていますが、ヘックスビームの18メガと21メガのエレメントが裸銅線なのを、色の違うビーメックス線に置き換えたいと思っているので、ブルーのものを買ってきました。ちょっともったいない感じもしますが、他にそれほどお金をかけていないので、良いことにしています。

秋葉原で遅い昼食をとろうと、袋小路の和定食屋さんに入ったら、まず焼き魚定食と煮魚定食は終わりましたといわれ、それではと、まぐろ丼を頼んだら、ご飯がもうありません、とのことで、他へ行かざるを得なくなりました。
結局、お茶の水へ行く坂の湯島聖堂の手前あたりまで行ったところにあって、何度か行ったことがある「ラ・ピリカ」というイタリア料理店でスパゲティーを食べました。秋葉原からはちょっと遠いので、重い買い物があると行きにくいですけれど、女性客やサラリーマンで賑わっています。たしか伊豆の温泉旅館の経営です。

2015年11月 4日 (水)

愛知県遠征移動運用余話 JAFF Activations in Aichi

10月21日~23日のJAFF移動運用愛知県遠征では、2箇所目の飛騨木曽川国定公園、JAFF-0059 の運用地として選んだアウトドアベース 犬山キャンプ場での最初の設営場所の不成績が教訓として残りました。
0415UTCから始めて0555ごろまで2時間近くの間に3交信のみということで、オートキャンプ区画内の運用場所としての不適は明らかですが、リバース・ビーコンのほうも調べてみました。
21日のJAFF-0060は始めた時間が0515UTCで遅かったので、それ以前のデータはありませんが、05UTC台のEUからのレポートのみ上段に並べました。
22日の前半は信号が弱かったためか、レポートも下段の分のみでした。

ご覧のとおり、歴然とした差があります。RBNに詳しいOMから、およその目安として、SNRが1桁では交信には厳しく、10dBを超えると交信が可能になり、20dB以上になると楽に交信ができるとのことと聞きました。
22日の0452UTCに、UA9HO局からコールがあり、レポートが599で"FB SIG"といわれたので、やや判断が甘くなったかも知れません。

Skimmer Band Date     Time  SNR
   
UD4FD   15m  2015/10/21 5:20    16
UD4FD   15m  2015/10/21 5:25    14
HA1VHF 15m  2015/10/21 5:25    33
HA1VHF 15m  2015/10/21 5:41    11
UD4FD   15m  2015/10/21 5:45    22
HA1VHF 15m  2015/10/21 5:53    21
   
   
UD4FD   15m  2015/10/22 4:50     7
UD4FD   15m  2015/10/22 5:31     4
UD4FD   15m  2015/10/22 5:46     6
HA1VHF 15m  2015/10/22 5:47     5

Img_0431s          22日の最初の運用場所からEU方向を望む。 
                      EU direction from the first set-up on Oct 22, in JAFF-0059.

なお、22日に駐車場に場所を変えたあとのデータは、21日に比べあまり悪くなっていませんでした。

W、アメリカでは地形と送信電波の打ち上げ角度の関係を分析するソフトが開発されて使われているようです。
それを利用した評価でも、遠くの山はあまり障害にならないけれど、目指す方向の近くの地形が高くなっているか低くなっているかは、影響が大きいそうです。
当ブログの2013年6月 8日 (土)の記事「 HFTA 短波のための大地(地形)評価」でこのソフトのことを紹介しています。

http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/hfta-b8d8.html

ついでに、10月21日のデータと10月26日のJA7IC/p局のJAFF-0004のデータ中の、当方で保存して比較できる0630UTC-0720UTCの50分間を比較してみました。

スキマー局ごとに、平均値を出してみました。括弧内はデータの数です。

                 当局     JA7IC/p   

UD4FD      27 (3)         23.3 (3)

ON5KQ   17 (2)         13.5 (2)

DQ8Z      14 (2)        11.5 (2)

F5RRS      なし       11 (1)

日によってコンディションは変わり、スキマー局の受信状態も同じかどうか分かりませんが、これから見る限り、21日のほうは、電波は良く飛んでいたようです。

2015年11月 2日 (月)

妙正寺池と妙正寺 Myoshoji Pond and Myoshoji Temple

1週間以上前のことで申し訳ありません。
10月24日(土)は愛知県方面の無線移動運用から帰った翌日でしたが、我が家の隊長から旅行中は無線ばかりで運動不足でしょうと図星の指摘があり、散歩に行きました。

自転車で西へ向かい、電車の駅で3つ分を行ったところで自転車を置き、妙正寺川沿いの道を上流へ遡りました。
途中に杉並区立の科学館があったので、立ち寄って展示を見て、さらに進むと公園に入りました。妙正寺公園で、その中の妙正寺池が家の近くを流れている妙正寺川の水源です。
行ってみたいと思っていましたが、実際に見るのは初めてでした。

Img_0470s          Myoshoji Pond. The source of the Myoshoji River.

昼を過ぎてお腹がすいていましたが、せっかくなので、2~3ブロック南にあり、川や池の名前のもとになった妙正寺に寄ってみました。

Img_0473s          Myoshoji Temple. Built first in the 14th century.

14世紀の南北朝時代創建とのことで、立派なお寺でした。門の構えからも想像できると思いますが、境内は広く、落ち着いた雰囲気がありました。

下井草駅まで20分ばかり歩き、商店街の洋食レストランで遅い昼食をとりました。
隊長の散歩コース作りのノウハウで、駅の近くの交番の若いお巡りさんに、どこか洋食のおいしいところはないですかと聞いてくれたところ、「らせん屋」という店が人気があるらしいですと教えてもらえました。行ってみると、らせん階段を上がった2階にある店でした。
なかなか雰囲気が良く、頼んだオムライスもおいしいと思いました。

暑くも寒くもない秋らしい日で、久しぶりのやや長時間の散策を楽しむことができました。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »