2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 飛騨木曽川国定公園移動運用 Portable Operation in JAFF-0059 | トップページ | 妙正寺池と妙正寺 Myoshoji Pond and Myoshoji Temple »

2015年10月30日 (金)

応夢山定光寺 Jokoji Temple, Seto City, Aichi

先週の木曜日、10月22日には、定光寺自然休養林の丸根山で無線をしたあと、近くの応夢山定光寺に行ってみました。
南北朝時代創建の古いお寺で、尾張徳川藩初代藩主の徳川義直の墓があります。

詳しい解説は、お寺のホームページをご覧ください。

Img_0409s          本堂です。こけら葺きの屋根にあたたかさを感じました。

本堂には「無為殿」という額がかかっています。
参道の雰囲気も良さそうでしたが、本堂の横手の駐車場まで車で上がってしまって歩きませんでした。

本堂の右の裏山に徳川義直の墓所、「源敬公廟」があります。緩い傾斜の石の階段を登って行くと、湯島聖堂を小さくしたような空間が現れ、奥の一段高いところに墓がありました。

Img_0400s          石柱には「二品前亜相尾陽候源敬公墓」と彫ってあります。
          Tomb of Tokugawa Yoshinao, the first lord of Owari-han (1600-1650).
                      He was the ninth son of Tokugawa Ieyasu, the first shogun of Tokugawa.

徳川幕府草創期の建造物として、江戸城、日光東照宮など大がかりなものがありますが、ここも、さすがに御三家の筆頭の格式と東海道の枢要地に62万石の藩領を持つ尾張藩の実力を実感できました。
この辺りからは庄内川の対岸に春日井市の市街や丘陵が良く見えます。義直は名古屋から春日井辺りに鷹狩りに出かけていたそうです。
Img_0413s          定光寺駐車場から西を望む。





« 飛騨木曽川国定公園移動運用 Portable Operation in JAFF-0059 | トップページ | 妙正寺池と妙正寺 Myoshoji Pond and Myoshoji Temple »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/62581919

この記事へのトラックバック一覧です: 応夢山定光寺 Jokoji Temple, Seto City, Aichi:

« 飛騨木曽川国定公園移動運用 Portable Operation in JAFF-0059 | トップページ | 妙正寺池と妙正寺 Myoshoji Pond and Myoshoji Temple »