2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南魚沼 その3 六日町まち歩き | トップページ | 世界自然保護区データベース WDPA, The World Database on Protected Areas »

2015年9月 4日 (金)

東久留米寺めぐり Temples at Higashikurume, Tokyo

昨日は我が家の隊長の月末予定のグループ・ウォーキングの下見に付き合って、西武池袋線の東久留米駅を起点に、3つほどお寺をまわりました。蒸し暑い日で、10分も歩くと汗びっしょりでしたが、曇っていたので、なんとか頑張れました。

昨年の1月6日の記事で書いたコースとだいぶん重複していますが、そのときのウォーキング本番は、都合で半日で切り上げていて、月末は主にその残りまわることになったのだそうです。2年近く経って、コースタイムなどをほとんど忘れてしまったので、もう一度見に行くとのことでした。

まず、駅の北、10分ほどのところにある曹洞宗のお寺の浄牧院に行きましたが、ここは当方は初めてでした。

Img_9991s          浄牧院の総門。The main gate of the Jobokuin Temple.

境内はかなり広く、本堂や脇にある会館なども大きいものでした。遅くとも江戸時代の初期にはあった寺です。ただし、建物は新しいもののようです。

Img_9995s          境内のカヤの大木。説明板では樹齢約400年。Torreya nucifera.

Img_9997s          カヤは実をつけていました。

駅へ戻り、南口から大通りを南に向かい、途中で早めの昼食をとりました。下見を兼ねているので、大きめのピザ店でした。

その後、昨年も行った米津寺から黒目川の左岸の道をしばらく北上して大圓寺にまわり、同じ東久留米駅から帰途につきました。
米津寺は、江戸時代にこの地域を領地としていた小さな譜代大名である米津氏の菩提寺で、本堂裏手の墓地になぜか2・4・6・8代目の偶数の代の当主の墓がありました。東京都の23区以外では、大名の墓はここだけだそうです。米津は「よねきつ」と読むのだそうで、難読名字です。
ただ、古い寺らしい風情は大圓寺のほうが勝っていて、門前に古い庚申塔や道しるべを兼ねた馬頭観音石塔がありました。
http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/walking-in-higa.html

« 南魚沼 その3 六日町まち歩き | トップページ | 世界自然保護区データベース WDPA, The World Database on Protected Areas »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/62218539

この記事へのトラックバック一覧です: 東久留米寺めぐり Temples at Higashikurume, Tokyo:

« 南魚沼 その3 六日町まち歩き | トップページ | 世界自然保護区データベース WDPA, The World Database on Protected Areas »