2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 玉川上水-野火止用水ウォーキング Walking along Waterways | トップページ | 西川材 Nishikawa Timber (Sugi/Hinoki Timber from the Western Rivers) »

2015年3月14日 (土)

五常の滝-日和田山ウォーキング Hiking in Okumusashi

一月ほど前から3月14日は沿線ウオーキングのコースが登りのあるところなので絶対参加するから予定をしておくようにと、我が家の隊長から申し渡されていました。心中ひそかに天気予報が悪いことを願っていたのですが、大気の状態が不安定とはいうものの、朝は青空で、一日空けただけでまたウォーキングに行きました。

西武秩父線の武蔵横手という駅からスタートして、高麗川の谷の北側に伸びている尾根に上がり、ほぼ尾根伝いに東南方向に下りながら進んで昨年9月23日に歩いた高麗郷に下りる約10キロのコースでした。標準コースタイムが3時間30分となっていましたが、途中の休憩も含めて3時間20分ほどで歩きました。

スタートから30分ほど沢に沿った緩傾斜の舗装道路を進むと、五常の滝に着きました。
Img_9102s

滝から道も急になり、40分ほど標高差180mほどを汗をかきながら登って尾根筋にある北向地蔵に着きました。(標高約380m)
Img_9106s
ここからは大部分は歩きやすい尾根道で、40分ほどで物見山(375m)の頂上に着きました。名前から期待したような眺望はあまりなく、ベンチがかなり多くあったので持参のパンを食べて早めの昼食代わりにしました。
Img_9112s
しばらく下って車道と合流する駒高というあたりには休憩ベンチの近くにマンサクやロウバイが咲いていました。
さらに尾根沿いに行くとNTTの無線中継所の鉄塔がありました。高指山というそうです。
Img_9124s
鉄塔にはアンテナらしいものが見当たらないので帰宅後調べたら、マイクロウェーブによる中継は2006年で終了してアンテナは各地の塔から撤去されているとのことです。光ファイバー網が整備されてマイクロ派中継はその役目を終えたそうです。

日和田山(305m)の山頂には11時30分ごろ着きました。直前に高度差50mほどのかなり急な登りが必要でした。ここからは東の方に日高市の市街が良く見えました。JR八高線、川越線の高麗川駅周辺です。
Img_9129s
山頂からは高麗の巾着田は見えず、15分ほど下った金刀比羅神社の社殿の前から良く見えましたが、残念ながら空模様が良くなく、景色もパッとしませんでした。ヒガンバナがあまりにも有名になって、巾着の中に駐車場などができていることもあります。
Img_9134s
写真の右端あたりにある高麗駅には12時20分くらいに着き、ちょうど来ていた電車に乗って帰途につきました。
今日のコースは埼玉県立奥武蔵自然公園内でしたが、山頂付近の一部を除いて終始杉林の中で、自然観察の見どころはあまりありませんでした。

« 玉川上水-野火止用水ウォーキング Walking along Waterways | トップページ | 西川材 Nishikawa Timber (Sugi/Hinoki Timber from the Western Rivers) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/61280569

この記事へのトラックバック一覧です: 五常の滝-日和田山ウォーキング Hiking in Okumusashi:

« 玉川上水-野火止用水ウォーキング Walking along Waterways | トップページ | 西川材 Nishikawa Timber (Sugi/Hinoki Timber from the Western Rivers) »