Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 「明治の女子留学生」 | トップページ | レストラン「チッチョベッロ」 "Cicciobello" »

2015年1月 2日 (金)

謹賀新年

新年おめでとうございます

     平成27年 正月

   少し遅くなってしましましたが、新年のご挨拶を申し上げます
   本年もどうぞよろしくお願いいたします

Img_8795s
              我が家に伝わるお屠蘇入れの写真を載せてみました。

木箱の蓋の裏に祖父が約80数年前の昭和6年に由来を書いていて、その約60年前に佐賀の下級の侍だった3代だか前の先祖が自身で亀の形の意匠を考え、窯元に焼かせたものだとあります。今から140数年前の幕末維新のころでしょうか。祖父が元気なころは、毎年のお正月にこの器からお屠蘇をいただいていましたが、相当以前から、割るといけないので、漆塗りの別のお屠蘇入れを使うようになっていました。我が家の隊長は、見覚えがないそうです。昨年、古い物の置き場所を少し変えたことや、家族に新しい顔が加わったので、すいぶん久しぶりに出してみました。

(1月7日 補筆) この器をしまうときに、箱の蓋をよく見たら、祖父の曽祖父が「大川内皿山詰」のときに考案して作らせたものと書いてありました。佐賀藩の窯が、有田から少し離れた大川内にあったようですが、先祖はそこに詰めていたことがあるようです。実際に何をしていたのか、まったく分かりませんが、機会があったら行ってみたいものです。
            

« 「明治の女子留学生」 | トップページ | レストラン「チッチョベッロ」 "Cicciobello" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 「明治の女子留学生」 | トップページ | レストラン「チッチョベッロ」 "Cicciobello" »