Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ARRL 10 Meter Contest, 2014 10メーター・コンテスト | トップページ | ARRL 10m コンテストでの交信局 »

2014年12月16日 (火)

Where were you, Dan san?

I have looked some “QRZ.com” pages of the stations I had contacts the day before yesterday in the contest with my priority on longer call-signs such as 2x3 and 1x3 (prefix x suffix) assuming they were likely to be single operator entrants.
I came to realize that WA6URY called me at 0018z. As I wrote in this blog on 5 November 2012, this call-sign is another one of 7J1ABD, Dan san, who lives in Suginami-ku, Tokyo. He is said to have a remote control system for his station in California from Tokyo. I wonder where he was when we had the contact. Thanks Dan san, anyway.

I also found that K6WSC, with whom I had a contact at 0037z, uses a K4KIO hex beam.

当局のようなコンテスト参加形態の良いところは、交信相手が少ないので、後からQRZ.comでどんな局か見ることができることで、ときどき面白い発見があります。
昨日、シングル・オペレーターで運用している可能性が高いと思われる、コールが長い、2x3か1x3の局の一部を見ていたら、以前にブログで取り上げた(2012年9月5日)WA6URY局と交信していたことに気が付きました。遠隔操作で杉並区からカリフォルニアの局を運用しているらしいのですが、日曜日はご本人はどちらにいたのでしょうか。
また、K6WSCは、カムバック・ハムで、最近は入賞もするほど熱心にコンテストに出ているようですが、K4KIOのヘックスビームを使用しているようです。QSOは、ヘックス-ヘックスのものだったわけです。

« ARRL 10 Meter Contest, 2014 10メーター・コンテスト | トップページ | ARRL 10m コンテストでの交信局 »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Where were you, Dan san?:

« ARRL 10 Meter Contest, 2014 10メーター・コンテスト | トップページ | ARRL 10m コンテストでの交信局 »