Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ARRL 10m コンテストでの交信局 | トップページ | ヘックス・ビーム Hex Beam »

2014年12月20日 (土)

Japanese National Park Activator in VK3 Land 邦人ハムがVK3の国立公園で運用

There is a JA ham living in the VK3 land, Melbourne, Victoria, Australia, who operates from the national parks and summits in Victoria occasionally. I have found this in the Internet recently. His call-signs are VK3EHG and JM3EHG. He also holds call-signs of H4 and P2. He may become one of the rare CW portable operators in Australia. He has been to national parks for the KRMNPA, Keith Roget Memorial National Parks Award, but I hope he will take part in the WWFF program also in the future.

最近、ネット上で、VK、オーストラリアのメルボルン駐在で、JM3EHG/VK3EHGのコールを持つ方が、ヴィクトリア州の国立公園アワードである、"KRMNPA"、「キース・ロジェイ記念国立公園アワード」に参加して、同州の国立公園からオンエアされていることを発見しました。SOTA、サミット・オン・ジ・エアーに参加されて、山頂から運用されたこともあるようです。
KX3でのローパワー運用が多いようですが、VKのポータブル運用者には珍しくCWもされるようなので、JAからVKの国立公園での移動運用と繋がる可能性が増すのではないかと期待しています。WWFFにはまだ参加されていませんが、そちらもお願いしたいところです。
お許しを得ましたので、同局のブログのトップと、KRMNPA紹介の記事へのリンクを置いておきます。
トップ: http://jm3ehg.exblog.jp/
KRMNPA: http://jm3ehg.exblog.jp/19852902/
なお、キース・ロジェイさんは、VK3YQ(sk)だったそうです。DXのハンター向けのアワードもあります。

VKでのWWFFについては、ちょうど1年前、昨年の12月18日に記事を書いていて、その中でもKRMNPAに触れていました。
http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/vkff-8666.html
VKFFは、その後、相当に盛り上がって、いまやWWFFログサーチのVKFFランキングは様変わりし、多数のアクティベーターがいますし、ハンターのスコアも増えています。

メルボルンには、2006年の9月に行ったことがあるので、ブログを見ていて懐かしく思い出しました。記事とは直接の関係がありませんが、3枚ほど写真を載せてみます。

Kif_1527sフリンダース・ストリート駅。メルボルンで一番大きい駅で、1854年にできたそうです。

Kif_1542sシュライン・オブ・リメンブランス。第一次世界大戦戦没者の記念堂ですが、第二次世界大戦の戦没者もまつられているようです。展示館に、旧日本軍の遺品などもありました。

Kif_1563sヤラ川と河畔の公園。広い公園が多い、住みやすそうな都市と感じました。





« ARRL 10m コンテストでの交信局 | トップページ | ヘックス・ビーム Hex Beam »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Japanese National Park Activator in VK3 Land 邦人ハムがVK3の国立公園で運用:

« ARRL 10m コンテストでの交信局 | トップページ | ヘックス・ビーム Hex Beam »