2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やんばる(山原)エコツアー | トップページ | 沖縄戦の激戦地「シュガーローフ」 "Sugar Loaf" »

2014年10月19日 (日)

高田馬場周辺ウォーキング

昨日、18日(土)は、午前中にまた電鉄会社主催のウォーキングに参加し、高田馬場駅からいったん東の山手線の内側をしばらく歩き、西へ向かって、電車で3駅分を行くコースでした。公称約9キロです。
出発駅までが近くて時間がかからないし、後半は、日常の散歩圏内や、前に住んでいたところの近隣と重なっていて、解散駅からは歩いて帰れるので、時間的に楽な割に、ポイントは50ポイント付くので、我が家の隊長と一緒に参加しました。
コースの目玉は、覗坂という都内有数の急な坂でした。江戸川(神田川)の低地から関口台に上がる道で、環状5号線、明治通りの1本東側にあります。この辺りでは、明治通りに沿って都電荒川線が走っています。

Img_8573s

Img_8574s坂の勾配は、23パーセントといわれています。
都電と幹線道路の明治通りは、切通しでこの台地を横切っていて、台地上の目白通りとは立体交差しているため、傾斜はそれほど急ではありません。目白通りの橋は「千登世橋」で、コースは覗坂の上から千登世橋を渡り、学習院の前を通り過ぎて、山手線の手前でまた坂を下るようになっていました。
山手線の西側に出てからは、将軍の鷹狩のために森を残していたといわれる「おとめ山」に寄り、しばらく妙正寺川、西武線に沿って進んで、落合の四の坂から北へ折れ、落合の台地を越えてからまた西へ進みました。
途中、1時間ほどのところの沿道に神社があったので、休憩しようと、腰をおろして飴をなめていたら、隊長が消えてしまい、置いてけぼりされてしまうというハップニングがありましたが、あまり疲れることもなく、ウォーキングを終えました。隊長は、神社の写真をとるつもりで寄ったので、こちらがかけた声は聞こえなかったのだそうです。隊長の返事を確認してから行動するようにと注意されてしまいました!?

« やんばる(山原)エコツアー | トップページ | 沖縄戦の激戦地「シュガーローフ」 "Sugar Loaf" »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/60512771

この記事へのトラックバック一覧です: 高田馬場周辺ウォーキング:

« やんばる(山原)エコツアー | トップページ | 沖縄戦の激戦地「シュガーローフ」 "Sugar Loaf" »