Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ビストロ・マルバ Bistro Malva | トップページ | 8J1INUBO, Lighthouse Special Station 犬吠埼灯台記念局 »

2014年6月 9日 (月)

QSL Card from French YL フランスのYLからカード

There was an envelope from a foreign country in our mailbox on May 27. A nice photo QSL card from F4FLX, with whom I had a contact from JAFF-048 only 5 days earlier, was in it. I had remembered the contact well, as the operator sent me her name, Jeannette, in our short contact and sent me “88” in a final message.
The station is at a town along the northern coast of Brittany and near a cape by the name of Le Cap Frehel-Bretagne.
Img_8115s The larger and clearer image of the card is in her web site.
I have seen her web site only briefly, but she appears to be quite knowledgeable about astronomy.

先日の洲崎、JAFF-048への移動では、F4FLXという局との交信が印象深いものでした。短い交信の連続であったときに、あちらからジャネットという名前を送ってきたので、こちらからも"NOBI"を送りました。名前から予想できましたが、ファイナルには88を送ってきて、YL局(女性局)と分かりました。
これだけでも、ラッキーと思っていましたが、帰ってわずか4日後の5月27日に、ダイレクトできれいな空中写真のQSLカードが届きました。こちらのQSLは、まだ作っていませんが、SAEは入っていなかったけれど、ダイレクトで送ってあげようかと思っています。
昨日の記事では、ノルマンジー半島に触れましたが、この局は、ノルマンジーの南のもう一つの半島である、ブルターニュの北岸、半島の中ほどから大西洋に突き出した岬の近くがQTHのようです。
ホームページがあり、ログやDXCCの成果も公開されています。世界各地のエンティティーにまじって、当局のコールがあって、ちょっと誇らしいような、気恥ずかしいような気がしました。先方は、岬と灯台のカードなので、こちらが洲埼灯台のナンバー、ARLHS JPN-601もアナウンスしていたことで、呼んでくれたのかも知れません。

« ビストロ・マルバ Bistro Malva | トップページ | 8J1INUBO, Lighthouse Special Station 犬吠埼灯台記念局 »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QSL Card from French YL フランスのYLからカード:

« ビストロ・マルバ Bistro Malva | トップページ | 8J1INUBO, Lighthouse Special Station 犬吠埼灯台記念局 »