Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

イイギリの花 Idesia polycarpa

家からの徒歩圏内に、3つ大きな公園があり、その特長から、芝生の公園、森の公園、お堂の公園と呼ぶことにします。森の公園では月に一回、自然観察会があり、一時はかなり良く行っていましたが、このところサボっていました。25日(日)に久しぶりに行ってみました。
前よりも子供たちの数が多かったようで、幹事役の人たちも張りきっているようでした。
イイギリの花について教えてもらい、ほのかに良い香りがすることを初めて知りました。Img_8103s 学名は、Idesia polycarpa で、現在はヤナギ科に分類されるそうです。

2014年5月26日 (月)

Portable JAFF-048, Minamiboso Q-NP 南房総国定公園移動運用(2)

It was difficult for me to sleep well in my vehicle during the night of May 22-23 local time. I had planned to get up at 1800 UTC (0300 JST), but I got out of the sleeping bag at 1700 and put the hex-beam on top of the pole helped by the light of a cap lamp.
My radio transmission was started at 1735 on 17 meter band and calls mostly from Europe kept coming for half an hour until 20 contacts were logged. It was a bit surprising that N7KSB called me at 1752.
There were only a few callers after that. 7 contacts were logged between 1828 and 1939.
雷雨のときから寝袋に入って寝ていましたが、良く眠れずにだんだん時間が過ぎていきました。アラームを3時JSTにセットしていましたが、どうせならと、2時に起きてアンテナをポールに載せました。1735UTCから18メガで運用を始め、30分ほどの間に20局と交信しました。その後は、あまり呼ばれなくなりました。

Img_8053s The hex-beam seen from below down the slope about 15m towards northwest. (Shot at 2011 UTC) 運用地の下、磯のレベルから見上げたところです。15mくらいの高台になっています。

I turned my beam to northeast and called CQ looking for North American stations intermittently. I had a contact with WD9Q at 0024 UTC, May 23 on 15 meter band.
その後、2100 UTC過ぎからは、アンテナを北東方向に向けて、北米方面との交信を試みましたが、聞こえる局はあるのですが、コールはなく、0024にWD9Q局と交信したのが、唯一の呼ばれての交信でした。
Img_8079s View towrds northeast, the direction of North America.
上の写真は、北東方向を見たところです。館山湾を挟んで向こう側にある大房岬まで約5キロあります。

As I announced my plan to look for VK WWFF hunters by SSB every hour on the hour on May 23 in the BBS of the WWFF Australia Yahoo Group, I turned my beam to south and went on the air on various bands according to my schedule. It was really exciting to hear the voice of ZL3GQ at 0508 on 10m band. Another phone contact was made with ZL3ADT about ten minutes later. I am sorry to report that I could not log any VK station, but those contacts with ZL stations seemed to suggest that phone contacts with Australian stations were not impossible.
今回は、できればオーストラリアのWWFFハンターと交信ができないかと、VKのWWFFの掲示板に移動予定を書き込み、23日は、00 UTCから06 UTCまで、毎時にSSBで電波を出すとアナウンスしたので、ほぼそのとおり、マイクを使いました。0500からのとき(28メガ)、そろそろやめて、CWに移ろうかというころに、ZL3GQからコールがあり、交信ができました。同局がクラスターに上げてくれたので、ZL3ADTとも交信できました。普段フォーンにあまり出ることがなく、ましてやDX向けにCQなど出したことがない当局としては、このようにDXから呼ばれるのは、初めてのことかも知れず、ちょっと心が躍りました。
Img_8058s Shot at 0200 UTC.
真昼の時間の運用風景です。

After the contact with RX3DE at 0614, we closed our radio operation and headed home around 0800.
I logged 123 contacts altogether. Those were mostly with oversea stations but 7 Japanese stations were logged. I would like to thank all the callers, and hope to see them again soon.
午後は、0600 UTCから15分ほどの運用を最後にQRTし、撤収作業をして、帰途につきました。当局は、合計で123交信(うちJAは7局)をログしました。呼んで下さった各局、どうもありがとうございました。
また、お台場海浜庭園キャンプ場は、チェックイン・チェックアウト時間変更などに柔軟に対応していただき、キャンプ料金とAC電源使用料で、\6,000ですみました。ありがとうございました。
キャンプ場ホームページ http://www.odaibakaihinteien.jp/

2014年5月25日 (日)

Portable JAFF-048, Minamiboso Q-NP 南房総国定公園移動運用(1)

JA1FAQ and I operated portable JAFF-048 on Thursday, May 22nd and Friday, 23rd.
22日(木)と23日(金)に、JA1FAQ局と一緒に、南房総国定公園から移動運用をしました。
Arrived at the Odaiba-kaihinteien (seaside battery garden) camping ground before local noon (03 UTC).
日本時間のお昼前に「お台場海浜庭園キャンプ場」に到着しました。

The weather was fine then. Izu Oshima Island could be seen to the southwest. (Shot at 0307 UTC) 到着後の南西方面の展望で、伊豆大島が見えていました。ただ、東京湾方面には、雲がかかっていて、予報のにわか雨が来るのかどうか、気にしながらの設営、運用でした。
Img_8032s
The Suno Saki Lighthouse, ARLHS JPN-601. (Shot at 0309 UTC) It stands about 300m inland to the southeast from our operation site.
The height of focal plane 45m, the height of tower 15m, and the range 15 miles.
洲埼灯台が南東側の300mほど内陸側にあります。運用場所は、灯台と岬の先端の間で、風が強いことが特徴?です。
Img_8039s
The camping and the first antenna, a dipole for 40 and 15 meter bands, were ready. The volume of cloud was increasing. Shot at 0559 UTC looking south, VK direction.
にわか雨の来襲可能性などを考え、テント、テーブルなどのセットと、7・21メガ用のダイポール設置をまず行いました。写真は、VK方向です。0700Zごろ?からFAQ局がオンエアをはじめました。
Img_8044sr
At 0700 UTC, started to assemble a hex-beam and it was completed before 0800. Started to operate on the 15m band at 0805, on a camping table and called by UX7LA two minutes later. After working mostly EU 17 stations in 20 minutes, we realize it was going to rain. We went QRT and rushed to bring rigs inside our vehicles and pulled down the hex-beam.
にわか雨が来ないので、意を決して0700Zころからヘックス・ビームの組み立てにかかり、0800ころには、SWRチェックも終えました。0805から21メガCWで、ビームによる運用を開始しました(AC電源)。20分ほどすると、雨が近づいてきたことが分かったので、急いでリグを外のテーブルから車の中に移し、アンテナも風に備えてポールからはずして地面に下ろしました。

It rained light while we had supper under a parasol.
すぐに降り始め、夕食をしている間、降っていましたが、そのときは、しとしと雨で、たいしたことがなく、パラソルで凌げました。

As it stopped raining, I set the beam again and started to work radio in my vehicle again at 1109 UTC. Worked 69 stations in a little less than one hour, but it appeared that a thunder storm was closing in to our QTH. We shut the station down again, gave up the operation during local evening hour. I saw and heard severe storm in my sleeping bag in vehicle rolling by strong winds. We were lucky that our tent was not blown, but the inside was inundated making it unusable.
食後、雨が止んだので、アンテナをセットし、車の中で、バッテリー電源で運用し、21メガで、1時間弱の間に69局と交信しました。時間が少なくなったので、能率を上げるため、1アップのスプリットにしました。12Z過ぎから、午後という予報よりもだいぶん遅れて、激しい雷雨になりました。強風で揺れる車の中で、寝袋に入り、そのまま寝る体制で、終わるのを待ちました。13Z過ぎには、雨も上がったと思います。テントに雨漏りがして、使う予定だったFAQ局は、小さい車のシートで寝ることになり、申し訳ないことになりました。地面に下ろしたビームも少し動いていましたが、幸いに損傷はありませんでした。

Img_8049s The photo above was shot at 2007 UTC, early morning local time, looking northwest, EU direction. The beam was used at the height of about 4 meters, but it had been set higher with one more section of the pole, 1.5m, extended during the first series of operation.
上の写真は、2007Z、JSTの5時過ぎの早朝に撮った、北西、EU方向の写真です。完全に晴れていれば、三浦半島の先端、城ケ島や剣崎が見えるはずです。ヘックスビームは、5段8メートルのフジポールを1段だけしか伸ばしておらず、ノーステーです。一番最初の運用のときだけ、もう一段伸ばしましたが、風で、下げるのがたいへんでした。
無線のロケーションとしては、とても良いところですが、

(To be continued. 続く)



2014年5月18日 (日)

庭仕事など

しばらく投稿を怠けてしまいました。
必ずしも種がなかったわけではありませんが、書く余裕がありませんでした。ここのところの出来事をざっと書いておこうかと思います。

8日(木) 外出から帰ると、郵便受けに紙とビニール製トートバッグが入っていて、西隣の木造の家屋を次の月曜日から解体するので挨拶にきたようです。以前から塀のことで懸案事項があったので、急いで電話連絡し、翌日に施主(家主の息女の方)に来ていただいて、相談をしました。幸い良い方で、こちらの要望を受け入れててくださり、ほっとしました。先週の作業で、今日現在では、1階の柱と梁だけになっています。跡地の利用は未定のようで、当面は、家にまともに西日が当たることになり、この夏の暑さがちょっと心配です。

10日(土) 連休にはうまく都合が合わずできなかった家族の顔合わせが、母の日前日になって、急に決まり、行きやすい近場のビルの20階にある店で、皆で昼食をしました。長男の婚約者も来て、8人が集まりました。途中の会の宴会場で、スピーカー・ヘッドフォーンのフェアのようなものが開かれていて、なにやらロビーやエレベーターが混雑していました。

11日(日) 午後、ローカルの無線クラブの定例ミーティングがあり、出席しました。当方からは、高尾山移動、浅間高原移動の報告をしましたが、特殊な分野なので、ほかの会員の皆さんにはちょっと退屈だったかも知れません。

12日(月)-14日(水) ほぼ3日がかりで、固定局免許の電子申請手続きをしました。戦前の”J”一文字ではじまるコールをお持ちだった大OMが、お身体のお具合のため、クラブ会員の誰かが活用するならと、TS-850Sを提供してくださいました。とくに希望者がなく、我が家で預かっていたのですが、生かして使わせていただくことにしました。また、いつか、相互運用協定による外国移動運用をするかも知れませんが、そのときに、100ワットの免許があるほうが好都合なことがあります。保証認定が必要で、話題のTSS社にネットでの申請を出しましたが、先方にちゃんと届いたかどうかは未確認です。

14日(水) 夜、自主登録制のアマ無線局のデータ・ベースであるQRZ.comの当局のページを開いてみたら、なんと、最初の1行を除いて、全部消えてしまっていました。少しづつ書き加えて、簡単には再現できないものになっていたので、びっくり仰天、急いで問い合わせのメッセージを送りました。幸いに、翌日、元どおりになおっていました。回答では、データベースのアップデート作業中に、間違って意図せずに消してしまったもので、お詫びする、とのことでした。

15日(木) 懸案だった庭仕事をしました。まず、カイズカイブキが西北側に傾いて、となりのヤマボウシを圧迫しているので、幹にアルミ針金でべニア板を巻きつけ、そこから針金でステーをとって、東側に引っ張り、まっすぐ立つようにしました。
次に、5年くらい前に実生から育てて、鉢植えのまま3メートルくらいに伸びてしまったカリンの木を定植しました。掘った穴が適当な大きさになったので、カリンを鉢から出そうとしたら、底に穴がたくさん空いた鉢で、穴からたくさん根が張り出し、まったく抜けません。仕方がないので、プラスチックの鉢を鋸で切断し、底の部分だけにして、底は着けたまま、穴に埋めました。鉢植えでは、極めて不安定で、風が吹くたびに倒れていたので、これで一安心です。定植した場所は、南隣の家と物置に囲まれて日当たりが良くないので、うまく根着くかどうかはちょっと気がかりです。

Img_8020rs ヤマボウシの花が咲いています。(今日撮影) 我が家の隊長の希望で、ピンクの品種のはずですが、下のほうの花は白いようです。うまく写真に撮れないので、色を少し調整してみました。カリンは、今年はじめて花が咲いて、写真を撮ったのですが、ファイルをうっかり消してしまいました。


2014年5月10日 (土)

New JAFF references 新しいJAFFナンバー

Two new national parks in Japan now have WWFF reference numbers in the revised directory.
http://www.dcia.it/iffa/index.php/downloads/category/5-worldwide-flora-fauna

The Yakushima National Park became independent from the Kirishima-Yaku National Park on March 16, 2012. The number is JAFF-090.
http://www.env.go.jp/en/nature/nps/park/parks/yakushima.html

The former Kirishima-Yaku National Park, JAFF-014, was renamed as Kirishima-Kinkowan National Park.

The Keramashoto (Kerama Islands) National Park was newly designated on March 5, 2014. The number is JAFF-092.
The home page of the Ministry of Environment does not have English page for this park yet.
http://www.env.go.jp/park/kerama/index.html#
Here is the link for Google translation of the page.
English

The Sanriku Fukko (Sanriku Reconstruction) National Park was designated in May, 2013. The area of this park overlaps with the area of its predessesor, the Rikuchukaigan (Rikuchu Coast) National Park mostly, and it was given the same reference number, JAFF-020.

5月になって、WWFFのディレクトリー改訂版がリリースされ、最近2年ほどの間に新たに独立し、または、指定された国立公園がリストに載りました。
屋久島国立公園 JAFF-090
慶良間諸島国立公園 JAFF-092
その他の名称変更なども修正されています。
なお、JAFF-091は、従前からのJD1、南鳥島がそのまま残っています。

134877768_org                  屋久島宮之浦岳登山道から見た原生林(撮影者登載了解済み)
                  Primeval forest of Yakushima (Yaku Island). (Photo by Maringo)

慶良間諸島には、自分で行ったことがありますが、写真はありません。

2014年5月 8日 (木)

みどりのふれあいウォーク - 小手指駅から西武球場駅まで Walking in Tokorozawa City

一昨日、5月6日(火、振替休日)は、我が家の隊長指令で、またウォーキングに行きました。
コースは、西武池袋線小手指駅から西武狭山線西武球場駅まで、かなり回り道をして、約11キロでした。
Img_7962s
Img_7963st
Img_7966s 最近、中世の歴史に興味を持っているので、鎌倉幕府の滅亡時に起こった戦いの場である小手指ヶ原古戦場は、興味深く見ました。
Img_7971s あちこちで狭山茶の茶畑の間を歩きました。

Img_7975s 日本版ナショナル・トラストを目指している「トトロのふるさと基金」の本部、「クロスケの家」の母屋です。元は茶園経営農家だったようで、奥には製茶の作業場がありました。

Img_7977s 途中、三ヶ島という地域の寺の境内のハクウンボクが満開になっていました。エゴノキに似ていますが、葉が大きいことが違います。

Img_7992s 狭山湖(山口貯水池)に着いたころには、足取りもかなり重くなりました。12時40分ごろで、お腹もすきましたが、お弁当は持たずに来たので、残りの2キロほどを頑張って歩きました。

Img_8013s 今回のイベントは、出発時に西武対楽天の試合の内野席券との引き換え券がもらえたので、お弁当を買って入場し、観戦しながら食べました。心配された雨は、なんとか傘なしで歩けましたが、5月とは思えない寒い日で、軽装の若い売り子たちが寒そうで、同情してしまいました。西武球場は、後から屋根だけつけたので、壁がなく、容赦なく風が入ってきます。終わり。

2014年5月 7日 (水)

Portable JAFF-013 (2) 上信越高原国立公園移動(長野県軽井沢町)

I stayed at the cottage of my old radio friend from my teens on May 3. He suggested me that there might be a few sites suitable for JAFF activation near his cottage on the eastern slope of Mt. Asama. We decided to try one of them on the next day. The rhododendron garden was a good site but a half hour uphill drive away from his cottage.
We found a place beside a mostly flat road along the south border of a pasture. I logged 17 JA stations on the 40 meter band using a loaded vertical antenna. I tried 15 meter band for a while with the same antenna as I could hear some signals from W land working in “7QP”, the seventh area QSO party, but nobody called.
Img_7941s There is a loaded vertical for 40m on the roof of my vehicle. The vehicle of my friend is bhind mine. Some snow can be seen on the eastern slope of Mt. Asama.

5月4日(日)は、泊めてくれた友人が、その「山荘」の近くにJAFFの運用適地がありそうだというので、朝から二人で出かけました。シャクナゲ園は、ロケーションは良いのですが、友人のところから30分くらいかかり、道も分かりにくいので、気軽に出かけることができません。
若干の探索の後、浅間牧場の南側を通る道路の沿道に車の入れるスペースを見つけ、前日はほとんどできなかった国内向けの運用をしてみることにしました。午前9時少し前ころから、VCHバーチカルで7メガで運用し、17局と交信しました。
21メガを聞いてみたら、Wが聞こえているので、同じアンテナにチューナーでマッチングをとって、CQを出してみましたが、コールはありませんでした。
なお、交信していただいた方々にお詫びいたします。当日に送ったJCGナンバーが間違っていました。
国立公園区域かどうかは、地図を見ながら確認しましたが、行政区域には注意せず、漫然と、シャクナゲ園や友人の山荘と同じだろうと、嬬恋村のナンバーを送っていました。ブログを書くために地図で確かめたら、長野県北佐久郡軽井沢町、JCG-09006/Bでした。
カーナビの写真を取っていましたが、それにも軽井沢町と表示されていました。
コールは、"MYCALL/p"を送っていたので、自分で決めているルールからははずれていますが、間違いにはならず、不幸中の幸いでした。
Img_7936s 上の写真の道路の北(右)側が群馬・長野の県境です。電線が写っていますが、道路沿いに電線が張られているのが欠点です。地形は、火山灰堆積地と思われるなだらかな高原の稜線上で、北も南も、特に良いとはいえませんが、地物で障害になるものはありませんでした。標高は、1,340mほどです。ちょうど、浅間牧場とゴルフ場の境界のところで、白糸の滝へ行くハイキング・コースの入り口でした。国立公園内の証拠に看板の写真を撮りました。
Img_7945s 運用は、午前10時半ごろに切り上げ、友人のところへ戻りました。午後は、リタイア後軽井沢に定住した共通の友人と、私には初対面だった友人の元同僚が来て、4人でバーベキューを楽しみ、もう一泊させてもらって、6日(月)の朝に嬬恋村を出て、帰りました。往路の渋滞にこりて、早朝に出発したので、混雑には会わず、3時間ほどで帰宅することができました。
車の走行距離は、3日が260km、4日18km、5日170kmほどでした。

2014年5月 6日 (火)

Portable JAFF-013 (1)

I activated JAFF-013, Joshin’etsukogen (Joshu, Shinshu and Echigo Highlands, namely Gunma, Nagano and Niigata Highlands) National Park again on Saturday, May 3 and Sunday, May 4.
Joshin'etsukogen National Park (Minisitry of Environment)
This was my second attempt from the same site where I went in July last year. (There was an article dated July 16, 2013.)
I started CW operation around 0440 UTC, but there was no caller for about one hour. I received the first DX call from RL3DS at 0601 and many calls followed it. I logged 112 call signs until I closed my operation of the day after the contact with G4KFT at 0857, helped by good band condition of the 15 meter band. Many thanks to the callers in Europe and Asia. There were a few stations that sent signal reports to me while I was having contacts with other stations, to my regret. 
Several short videos of the day with sounds from Europe can be found on the page below: 
http://nb20oi12-7388tu.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/signals-heard-i.html

Img_7929s A diamond shaped wire loop antenna was used. I tried northeastern direction at first.

Img_7927s The site was the parking lot of the Tsumagoi Village Shakunage (Rhododendron) Garden on the northern slope of 2,568m high Mt. Asama. The site is approximately 1,500 meters high ASL and in Tsumagoi Village, Agatsuma-gun, Gunma, JCG-16001. The lot had become larger than last year, but was almost vacant as we have to wait a few weeks to see shakunage flowers.

Img_7900s Mt. Asama, an active volcano, was too close to be seen fully from the site, but a giant rock near its summit could be seen.

It was a good day for me radio-wise but it came after a tiring seven hour ride. The day was the first day of four consecutive holidays in Japan, and many vacationers entered the expressways as early as 0500 local time. I was able to proceed only 50km for my first two hours departing my home in Tokyo at 0450 local time.
Then, when I reached the summit of the Kurumazaka pass, the point only twenty minutes away from the Rhododendron Garden in summer, an attendant at the information center there informed me of the fact that the last leg of the road to the garden was still closed because of the heavy snow fall during last winter. A long detour was necessary and it took two hours from the pass to the garden including lunch break. I was sorry that I could not make the announced starting time of 0300Z, but this was the story behind it.

記事が遅くなりましたが、3日(土)と4日(日)に、JAFF-013、上信越高原国立公園からの運用を行いました。3日は、昨年の7月の1日目と同様、群馬県嬬恋村の浅間山の北斜面にあるシャクナゲ園の駐車場に行きました。
幸いに21メガのコンディションが良く、このバンドで、112交信をログすることができました。いつもはあまりできないG、F、CTあたりからも、コールがありました。早い時間帯に10メガにも出てみましたが、手間を省いて、21メガのループにチューナーでマッチングをとって出たため、飛びが悪く、1局しかできませんでした。
21メガで呼んでくる海外局は、おおむね十分強いのですが、こちらの信号はかなり厳しいようで、コールバックした局でないのにレポートを送っている局もちらほらあり、残念ながらこれらの局とは交信をし損ねたようです。
運用技術不足と、途中で泊まる場所を提供してくれた友人がコーヒー持参で来てくれて、しばらく休憩したことで、最大限の局数まではできていないと思いますが、昨年7月の不完全燃焼は、忘れることができました。下調べでは、どうも明るい間はバンドがあまり開けていないようだったので、気がかりでしたが、運よく良い日に当たったようです。
反面、家から運用地に着くまでに、7時間以上かかってしまい、久しぶりに、長時間車のハンドルを持って、疲れました。誘ってくれた友人が、まだ仕事をしているので、平日に行けず、連休後半の初日の関越道の渋滞に突っ込む形になり、時間がかかりました。
それでも、午前10時半(日本時間)には、シャクナゲ園まで夏なら20分くらいで行ける車坂峠に着いたのですが、積雪がまだ残っていて、峠の群馬側の道と、シャクナゲ園に通じる林道は通行できないことが分かりました。林道は、ちょっと気になっていて、インフォメーション・センターの電話番号を調べかけたのですが、すぐに見つからず、出たとこ勝負で行くことにしてしまいました。嬬恋村へ下る道まで通れないとは、ちょっと思い及びませんでした。
このため、いったん峠から下って、また地蔵峠(湯の丸高原)経由で嬬恋村に入り、シャクナゲ園に登るという大回りをしました。地蔵峠や鹿沢温泉を通ったことなかったので、そのあたりの様子が分かったのは、余得でした。なお、車坂峠直下の路側で、50メガの八木アンテナとHF用Vダイポールをセットして、無線をしている局長を見かけましたが、遅れているのとコンテスト参加中の可能性が高いので、素通りしました。
シャクナゲ園に着いてからも、今回は、園の中を少し歩いてみたので、アンテナを立て終わり、電波を出せたのは、0440Zになりました。
日曜日のことは、別記事にしようと思います。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »