Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« もろもろの近況 | トップページ | 公園めぐりウォーキング »

2014年4月 2日 (水)

水郷筑波国定公園移動運用 Portable JAFF-047

昨日、4月1日は、快晴で一昨日には強かった風もおさまり、絶好の移動運用日和でした。ほぼ半年ぶりのWWFF、ワールドワイド・フローラ・ファウナプログラム参加の国定公園移動に、霞ヶ浦(西浦)南岸の水郷筑波国定公園の区域に行ってみました。JA1FAQ局長にも、現地合流で一緒に行っていただきました。
この国定公園には、3年前に一度行っていますが、そのときは、オーバーシーは53局で、うち28局はARRL DXコンテスト CWでのアメリカ、カナダとの交信だったので、まだヨーロッパ、アジアの局とはあまり交信しておらず、呼んでもらえる可能性が高いと考えました。
前回は、犬吠埼でしたが、今回は、JA7IC局が3年前に運用された、稲敷市の和田岬付近にしました。当時は、震災の影響で、堤防が一部通行止めになったいたため、半島状になっている和田公園の北側には行けず、東側で運用されたとのことでした。
 JA7IC局によるJAFF-047移動運用

午前9時ごろ、和田公園の駐車場に到着、堤防の上を反時計回りに歩いて、適当な運用場所をさがしたところ、公園の西の端あたりの堤防道路沿いに、車を止められる程度の砂利敷きのスペースがあり、下の一般道路に連絡する道もあるので、そこで運用することにし、FAQ局と駐車場で落ち合って、一緒にその場所に行きました。
下の写真の看板に、赤の楕円形で、位置を示しました。
Img_7689s_mark QTH is marked by an red oval in the map in the Q-NP signboard.

今回は、もう一つ目標があり、VKのWWFF参加者と交信ができないか、南に向けて電波を出してみることでした。コーディネーターのVK5PAS局にメールで03, 04, 05UTCに、SSBでCQを出すと知らせておきましたが、これは、残念ながら空振りでした。0300のCQの後、フォーンバンドをワッチすると、VK3EY局が北米向けにCQを出しているのが聞こえたので、試しに呼んでみたところ、なんとか拾ってもらえました。ノイズのレベルが高く、了解度が低くて、こちらからは、47のレポートを送り、当局は、45をもらいました。QRZ.comのページを見てくれて、移動場所も了解してくれたようです。前の日に、書き込んでおいて良かったです。
Img_7703sA loop antenna for the 10 meter band.
オーストラリアを意識して、スプレッダーを東西に広げた28メガ用のループです。後ろでは、JA1FAQ局が何か作業をしています。

0500UTCからのCQを終わって、アンテナをどうするか、考えました。このアンテナでも、ロシア、ウクライナからCWのコールがあったので、そのままでもEU方面とできそうでしたけれど、2エレ・デルタ・ループもできなくはなさそうです。プル・カートに縛り付けたポールと、車の上のポールを同じ程度の高さにそろえられるか、手持ちのポールを調べてみると、リフレクター用が10cmほど低くなりますが、なんとかなりそうです。日曜日から、アンテナの形を直したり、TVフィーダーの代わりのはしごフィーダーを作ったりしたのを活用するのと、あれこれ実験をするのがアマチュア・スピリットだと発奮して、時間のロスは我慢し、アンテナ交換に踏み切りました。
プル・カートの重しに鉛バッテリーを載せたり、フィーダーのサポートのポールを立てたり、アナライザーでSWR、インピーダンスを測ったりで、都合1時間以上費やしましたが、作業を終わって、0630UTC過ぎから、オペレーションを始めました。
Img_7720s

Img_7711s_brush

 

The antenna was changed to a two element delta loop for 10 meters after 0630 UTC.

昨日の形では、2エレ状態でのラジエーターの共振周波数は、28.200MHz、そこでのインピーダンスは、約70Ωでした。(誰かさんではありませんが、実験ノートをつけていないので、記憶だのみです。)
トータルの交信局数は、60局、うち57局がオーバーシーでした。国内は、いつも呼んで下さるJA0LXP、JA1BPA、JA8RJEの3局でした。いずれも犬吠埼で交信済みにもかかわらず、コールしてくださいました。オーバーシーも聴いた覚えのある局がかなりありました。各局、コールどうもありがとうございました。コンディションは、開いてはいたけれど、あまり良い感じはせず、信号が弱くてコピーに苦しんだ局が数局ありました。
今回は、7メガは、フルサイズの逆Vアンテナを張ったFAQ局にお任せして、当局は出ませんでした。
日が暮れても少し頑張り、0930UTCごろにやめて、キャップランプを点けて撤収し、夜遅く帰宅しました。

Img_7716s      霞ヶ浦と満開の桜 Lake Kasumigaura and cherry blossoms in full bloom

« もろもろの近況 | トップページ | 公園めぐりウォーキング »

Radio」カテゴリの記事

コメント

NOBIさん、いつもQSOありがとうございます。アンテナ実験等いろいろと楽しまれてFBですね。

お天気も良く、良かったですね。2エレデルタループは、いろいろ工夫と準備をされただけあって、きれいに張れていてスバラシイ!

LXPさん、BXHさん、コメントありがとうございました。
車の屋根とプル・カート利用の2本のポールで、ループを並べるのは、その場の思いつきなので、高さががちょっとずれているのですが、写真では分からない程度におさまりました。
ゲインがあるのか、測定してみたいとは思いますが、どなたかに同行してもらって、河川敷などに出かけないと難しいので、28メガが開けているうちにはできそうもありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水郷筑波国定公園移動運用 Portable JAFF-047:

« もろもろの近況 | トップページ | 公園めぐりウォーキング »