Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今年初の移動 My First Portable Operation in 2014 | トップページ | 移動用2エレデルタループ 2 Element Delta Loop Antenna »

2014年3月18日 (火)

今年初の移動 補足

昨日の記事を少し補足したいと思います。

DXへの電波の飛び具合を知るために、帰宅してからリバース・ビーコンでこちらの局を調べてみました。午前の北米向けのCQは、Wの7エリアの2つのスキマー局に届いていて、6回ほどレポートが出ていましたが、SNRは、7dbから、最高でも12dbでした。後者は、ロケーションが良くて、いつも大きめの数値が出るWA7LNWです。
午後のヨーロッパ方面は、HAとDLから各1回だけで、SNRはどちらも1桁でした。

リグは、昨年まで14年間、アイコムのIC-706MKIIを使っていましたが、CWのトーンが濁ってスプリアスが出る不具合が生じました。モニターをせずに使っていたので、いつからかはっきり分かりませんが、お聞き苦しいシグナルを出していたことは申し訳なく、お詫びいたします。
アイコムのサービス期間が昨年夏で終了してしまって、修理が困難なので、とりあえず、常置場所で使っている八重洲のFT-450を使うことにしました。
失敗にこりて、一昨日は、受信はできるIC-706でモニターしたところ、トーンは大丈夫のようでした。
FT-450用のATUとして、古いFC-1000を使うようにケーブルを工作したことは、以前にブログに書きましたが、その後、コントローラーが故障してしまい、そのままになっています。このため、まだATUが無い状態で、当面は、アンテナのSWRをなるべく下げておいて、リグ内蔵のATUでマッチングをとるか、車の屋根の上などに置いたマニュアル・チューナーでマッチングをとるかのどちらかで対応するつもりです。

コンディションが良いうちに、次の移動に行きたいところですが、ちょっといつになるか分かりません。オーストラリアでWWFFが盛り上がりつつあるようなので、南向きのロケーションが良い国定公園内などはどうかと考えています。ただ、あちらはほとんどフォーンなのと、時差があまりないので、週末でないとコールが期待できそうもないことがネックです。

« 今年初の移動 My First Portable Operation in 2014 | トップページ | 移動用2エレデルタループ 2 Element Delta Loop Antenna »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初の移動 補足:

« 今年初の移動 My First Portable Operation in 2014 | トップページ | 移動用2エレデルタループ 2 Element Delta Loop Antenna »