2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« "NWR" Call Signs サフィックス"NWR"局 | トップページ | 東久留米-秋津ウォーキング余話 »

2013年12月 9日 (月)

東久留米-秋津ウォーキング Walking on Sunday

昨日は、我が家の隊長に誘われて、西武池袋線の東久留米駅から秋津駅まで、約12キロのウォーキングに行きました。西武鉄道主催の「ウォーキング&ハイキング」というシリーズの催しの一環でした。
http://www.seibu-group.co.jp/railways/enjoy/walking-hiking/walking/
出発の駅で申し込みをして地図をもらい、ゴールの駅でカードにポイントを加算してもらう仕組みです。スタートは0930JSTから1100まで、1500までにゴールしないといけないことになっていますが、途中でのチェックなどはなく、自由にマイペースで歩いてもかまいません。
大勢が一緒だし、要所には係りの人がいて道案内や交通整理をしてくれますので、道に迷うような心配はまったく無いのが良いところです。反面、途中で写真など撮ろうとしても、他の参加者にどんどん抜かれると、人間の群集心理で、不思議に、早く行かなくてはという気持ちになり、落ち着いて撮れません。また、自分で歩いた場合のような、思いがけない発見の喜びなどはありません。
コースはさすがに良く考えられている印象でした。この辺りの西武池袋線は東南から西北方向に通じていますが、まず南に行き、それから北上して線路を越えてかなり遠くまで行き、また南に戻って来るコースでした。川がおおむね西南から東北方向に流れていますが、その川に沿って歩くことが多く、川4本と用水路1本に沿う道を通ったので、水系に少し明るくなりました。すべて荒川の支流です。
はじめは、秋津とは反対方向のひばりが丘駅方向に行き、落合川に出て、上流方向に歩きました。

Img_7169s

川の流れはきれいで、番の鴨がいました。
左岸側に多聞寺という大きい寺がありました。

Img_7171s

幕末ごろに建てられた山門です。住所は東久留米市本町4丁目です。
それから川を離れて台地上を歩き、黒目川に出ると、今度は下流に向かって歩きました。西武線の北側へ出たところでまた台地に上がり、野火止用水に出て、下流方向にしばらく歩きました。この辺りは埼玉県新座市でしたが、すぐに東京都清瀬市に入り、神山公園という公園で少し休憩しました。

Img_7181s

さすがに都心からこれだけ離れると、ところどころ畑が残っています。
北西方向に進んで、志木街道の沿道にある日枝神社水天宮を過ぎ、柳瀬川に下りました。金山橋で川を渡り、さらに進んで崖の下に本堂、上に大きな観音像のある東福寺に着きました。(埼玉県所沢市本郷)

Img_7201s

観音像前から崖線の樹林と下流(北東)方向を見たところ。
金山橋に戻り、緑地公園から柳瀬川の左岸の堤防を上流に向かって進み、小金井街道の清瀬橋で、また清瀬市に戻りました。

Img_7212s

清瀬橋から柳瀬川下流方向を見たところ。川が湾曲していて、台地面との高度差が分かります。
中里富士塚を見物、今度は柳瀬川の支流で本流より東側にある空堀川を少し遡るとまた台地に上がり、秋津駅にゴールしました。
出発したのが0950ごろ、ゴールは1310ごろでした。

Taicho (XYL) and I took part in a walking event organized by a commuter railway company yesterday and walked about twelve kilometers in the northwestern suburbs of Tokyo. The route utilized the mostly comfortable and safe pedestrian lanes along streams in the area several times.

« "NWR" Call Signs サフィックス"NWR"局 | トップページ | 東久留米-秋津ウォーキング余話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585446/58727565

この記事へのトラックバック一覧です: 東久留米-秋津ウォーキング Walking on Sunday:

« "NWR" Call Signs サフィックス"NWR"局 | トップページ | 東久留米-秋津ウォーキング余話 »