Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 歌碑 Monuments of Tanka Poems | トップページ | KH0/JH1BXH & AH0J, Tinian Island, Mariana Islands »

2013年11月25日 (月)

CQ WW DX Contest CW, 2013  コンテスト参加

I took part in the contest last weekend on the 10 and 15 meter bands, not competing but with a few priorities. 50 contacts on 28MHz band and 45 contacts on 21 bands were logged.
① Stations in the DXCC entities that had not been worked were chased. I was able to have contacts with four new ones; one in the Middle East, three in the Caribbean Sea and one on the northern coast of South America, although two Caribbean stations were in fact recoveries of lost ones because of the reorganization of the Netherland Antilles. In addition, I had a contact with another new in the Caribbean Sea before the contest. I was greatly helped by a DX cluster and RBN.
② I tried to call distant stations, namely Zone 5 in North America and Zone 14 in Europe, but could not log many: 11 contacts with Zone 5, and 4 with Zone 14 two bands combined. I ended up calling quite a few stations in Zones 4 and 15.
③ QRS CQ calls were transmitted occasionally near the upper ends of the CW bands. Thanks to the callers with good years to hear my weak 50 watt signals through a dual band HB9CV antenna, I received five calls including W6KH, VA7CRZ and WW7D(?). I was pleased to have contacts with stations that appeared to be outside of serious competition.

土・日・月は、WW CWでしたが、いつものように「参加することに意義がある」スタイルで、適当に出てみました。バンドは現在出られる21メガと28メガで、交信数は21で45、28では50でした。①DXCCのニュー・エンティティーとの交信、②聞こえている範囲で遠いところとの交信、③CQを出して呼んでもらえるかテスト、などを目安にして電波を出しました。
①ができたのは、21だけでしたが、中東方面1、カリブ海・南米北岸方面4ができました。土曜日のコンテスト開始前にもカリブ1ができたので、コンテストのご利益にあずかれたといえるでしょう。カリブ方面は、月曜日(JST)で、それも最初はだめであきらめ、周波数をメモしておいて、30分ほどしてからまた呼んだら、今度は3つのニュー・エンティティーが続けざまにできました。
まだ未交信エンティティーはたくさんありますが、当局のロケーションは、50メートルほど南に幹線道路があり、沿道に高層マンションが並んでいるので、アフリカ方面は良く聞こえないし、飛びません。コンディションは下がって行くし、この辺で頭打ちかも知れません。There are high-rise condominiums to the southwest from my home. I cannot hear signals from Africa well due to this unfavorable condition.

②では、北米東部のゾーン5が28では日曜日(JST)に4局でき、21では月曜日(JST)に6局できました。EU方面は、日曜日の午後に外出したこともあり、ゾーン14が4局だけ(21メガ)でした。

③は、アメリカ方面の時間帯に、バンドの上限のあたりでQRSのCQを連続5回まで出してみるという原則でやりましたが、コールがないので、つい7回になったり、ちょっと休んで繰り返したり、ということになりました。やはりちょっと無謀だということが分かりましたが、21で2局、28で3局からコールがあり、ボウズではなかったのが慰めです。21の1局は、コールがなかなかとれず、ちょっと自信がありませんが、WW7Dととりました。この局は、QRZ.comとリンクのHPを見ると、ヘックス・ビームのスプレッダー用のプレートをアルミのブロックから自分で削りだすという、驚くべき自作派です。もう1局は、約70キロ離れたJA局で、ネットやオンエアでコンタクトのある方でした。28でコールがあったW6KHとVA7CRZもQRZの自己紹介は興味深いものでした。数が少なくても、ランニングをしているコンテスト・ステーション以外の一般局と交信ができて、楽しめました。皆さん、コールどうもありがとうございました。

« 歌碑 Monuments of Tanka Poems | トップページ | KH0/JH1BXH & AH0J, Tinian Island, Mariana Islands »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CQ WW DX Contest CW, 2013  コンテスト参加:

« 歌碑 Monuments of Tanka Poems | トップページ | KH0/JH1BXH & AH0J, Tinian Island, Mariana Islands »