Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 水戸城址 Mito Castle | トップページ | 滝山城跡 Takiyama Castle »

2013年5月21日 (火)

YB8P

I was able to have a contact with YB8P on 15 meter band CW last Friday, and another one on 10 meter band CW last Saturday. This Indonesian operation from an island off Sulawesi Island was the first DXpedition I called from my home station since my home station went QRT on September 15 last year. A new dual band HB9CV antenna went up on top of the roof of my house about ten days ago. It should have been a relatively easy job for experienced professional workers, but they spent some extra time as I asked them to shorten elements to get better SWR on CW segments of the two bands.

Img_5778s

先週の金曜日にインドネシアのIOTAペディション局、YB8Pと21メガのCWで、また翌日には28メガのCWで交信しました。

当局の常置場所でのログは、昨年9月15日を最後として記入が途絶えていましたが、今月の10日に業者に依頼して2バンド用HB9CVアンテナを上げてもらい、いちおう家からも電波が出せるようになりました。

いろいろと迷いましたが、屋根の大きさなどを考えてHFのビームアンテナとしては最小規模のものにしました。住宅が密集しているので、写真を撮るのもなかなか難しく、上の写真で手前に見えているのは東隣のお宅の屋根です。

Img_5639s 

アンテナのメーカーのスペックでは、バンドの中心くらいにSWR最少点がある設計ですが、CWバンドで最少になるように調整を依頼しました。調整は上げてみてからやりますということで、上の写真のようにエレメントを回し、ドリルでエレメントの継ぎ目に新しい穴を開けて、エレメントを伸ばしてくれました。最初の出荷状態で、メーカーの仕様書よりもだいぶん上に同調していたので、写真の作業を2回やって、おおむね希望どおりになりました。エレメントだけの調整なので、ビームパターンやゲインには悪影響があるのかも知れませんが、いつも高めのSWRを気にしながら運用するよりは良いと思っています。

« 水戸城址 Mito Castle | トップページ | 滝山城跡 Takiyama Castle »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YB8P:

« 水戸城址 Mito Castle | トップページ | 滝山城跡 Takiyama Castle »