Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Lights in Yokohama Harbor 横浜港の灯台 | トップページ | Landing Sites of Commodore Perry ぺリーの上陸地 »

2012年12月 9日 (日)

Legacy of R. H. Brunton ブラントンの遺産

Nihon O Dori, or “Japan Boulevard” at the center of Yokohama is a spacious street with a row of gingko trees. It is said to be the first European style street in Japan and was designed by Richard H. Brunton. As I introduced him in the comment on the Suga Shima Lighthouse (May 3), he designed many early and important lighthouses in Japan with his knowledge brought from Scotland. He also designed the first modern sewer system in Japan and the bricks used for it were found underground one block away from the Nihon Boulevard in Yokohama.Img_4772rs

Img_4768ls

Img_4804s

スコットランドから来たお雇外国人のブラントンのことは、"General Information" の記事や5月3日の菅島灯台の記事の中で紹介しましたが、横浜で、彼が設計した「日本大通り」とレンガ造りの下水道の遺構を見ることができました。

当時、日本にいた数少ない外国人の一人として、万能技師ぶりを発揮していたようです。下水道の遺構は、 横浜開港広場にあり、昭和57(1982)年、広場の造成工事の際に発見されたそうです。(地下1m以上の深さにあり、透明カバーがかぶせてあるため、うまく写真が撮れませんでした。)

« Lights in Yokohama Harbor 横浜港の灯台 | トップページ | Landing Sites of Commodore Perry ぺリーの上陸地 »

Lighthouse」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Legacy of R. H. Brunton ブラントンの遺産:

« Lights in Yokohama Harbor 横浜港の灯台 | トップページ | Landing Sites of Commodore Perry ぺリーの上陸地 »