Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

四谷門、赤坂門跡 Yotsuya and Akasaka Gates, Edo Castle

先週の水曜日にまた千代田区内に出かけたので、ついでに、旧江戸城の四谷門(四谷見附)と赤坂門(赤坂見附)跡を見てきました。

四谷門は、甲州街道に設けられた、西方面の大切な守りで、先日の牛込門と並んで、江戸五口の一つだったとのことです。北西側の石垣だけが残っていますが、枡形の一部なのかどうか、もう判然としません。

Img_4565s

  Remains of the Yotsuya Gate, one of the five major gates of the Edo Castle.

赤坂門の跡の方が良く残っているといえます。四谷側の濠の高い石垣から玉川通の方へ突き出た低い石垣は、枡形の外に開く高麗門の、城外から見て左側の柱を支えていたものです。そのことは、石垣にある切り欠きからも分かります。案内看板も図入りの親切なものでした。

Img_4575s

弁慶橋から赤坂門跡を望む。門の跡は、首都高速の案内看板の後ろあたり。 

The Akasaka Gate was behind the traffic sign. Viewed from west or from outside of the castle.

Img_4580rs

高麗門を支えた石垣を枡形の内側から見たところ。

A stone wall that sustained the Akasaka Gate. Seen from the inside of the castle.

赤坂門は、大山道に通じる門で、青山方面はまた高くなっていますが、ここから東、虎ノ門、新橋方面は、低地が広くなっています。低地にあった濠や池は、埋め立てられて道路になってしまったので、城の内外の区別がつかなくなってしまいました。

このように意識していくつかの城門跡を見てみて、改めて徳川幕府の絶大な武力や権力を思い知らされました。

なお、今までに見てきた、石垣が残っている門の跡は、アマチュア無線のWCA、世界城アワードの「オブジェクト」となりうると思われます。門跡から1キロ以内で、オペレーションができそうなところをあれこれ考えていますが、今のところ名案は浮かびません。

The remains of gates I have visited can be "objects" for the WCA, World Castles Awards, though I have not found any site suitable for radio operation.

2012年9月24日 (月)

WFFプログラム WFF Award Program

WFF, ワールド・フローラ・ファウナ (World Flora Fauna) アワード・プログラムについて、ネット上の情報源を整理して、"Genenral Infomation" (ウェブページ)に一項を置いてみました。

Wff_logo1

ちょっとした偶然が重なり、一昨年の5月の佐渡島弾埼灯台移動のときに、佐渡弥彦米山国定公園(JAFF-053)移動を兼ねて運用したのを皮切りに、ざっと数えて19回ほど移動してきました。

参加してみて良いと思ったところは、国立公園、国定公園へ行くことになりますので、ほとんどの場合、優れた自然環境の中で良い景色を見ながら無線ができ、時間に余裕があればハイキングなども楽しめることです。

難しい点としては、自然公園の区域は、市町村の境界や島などのようにはっきりしておらず、いくつかのサイトなどで区域図を見て、検討しなければならないことでしょう。

また、ハンターは主にヨーロッパにいるので、北西方面にロケーションの良さそうな運用地を探して行くことになりますが、どうしても適地は限られます。

なお、アワード・ハンティングの視点からは、賞の発行がスムースでないというインフォもあり、注意が必要のようです。筆者は、アクティベーション面だけの参加なので、申し訳ありませんが良く分かりません。

2012年9月22日 (土)

江戸城牛込門跡 Ushigome Gate, Edo Castle

 昨日、JR中央・総武線飯田橋駅西口そばにある牛込門(牛込見附)の跡を見に行ってきました。麹町に行ったついでに、市ヶ谷駅経由で歩いていきました。

 常磐橋のことをネットで調べていたら、常磐橋門は「江戸五口」のひとつの重要な門だったという記事にぶつかり、江戸五口とはどこか、探してみたら、虎ノ門、四谷門、牛込門、筋違橋門、浅草橋門の五ヶ所らしいことが分かりました。常磐橋門は入っていませんが、江戸城築城の初期の、浅草橋門が未整備のころには、常磐橋門が入っていたということらしいです。そこで、手軽に行けて、保存状態も良いらしい牛込門へ行ってみることにしました。ときどきそばを通ったことはありますが、意識して見たことがなく、東京の町の成り立ちの認識を改めました。

 飯田橋駅は、東口は神田川、日本橋川の低地にありますが、西口は九段坂上から続く高台にあり、牛込門もその高台に作られています。

 門の枡形は北東から外濠にかかる牛込橋を渡って入ると右折する形だったようですが、橋の方から向かって右、西側の櫓門の北側を支えていた石垣と、向かって左の枡形の北の端の石垣が残されています。

Img_4563s(櫓門を支えていた石垣。外濠側の部分の全部が線路のレベルまで残っている。)

Img_4550s(東側。枡形の北の端が残っている。手前は、高麗門に続いていた石垣の一部)

 橋を北へ渡ると外堀通の向こう側は神楽坂です。牛込門は、前に紹介した北の丸の北端の田安門から500メートル強くらいの近さですし、旗本、御家人などの侍が門を出て息抜きをする貴重な場所だったのかも知れません。また、まだ交通手段が限られていた大正時代にも、山の手の住民が簡単に行ける商店街、繁華街として繁盛したようです。

 五口の門は、牛込門以外は、東海道、甲州街道、中山道、奥州街道と、大きな街道に続いています。牛込門は、上州道ということだったらしいのですが、たぶん江戸川橋、音羽通、護国寺を経て、川越へ行く道につながっていたのではないかと思うものの、江戸時代の道がどこをどう通っていたのか、ちょっと分かりません。

I visited the remains of the Ushigome Gate of the Edo Castle yesterday. The gate is said to have been one of the five major entrances to Edo. Most gates along the outer moats of the Edo Castle have been demolished. This is one of the few gates that are preserved well. It is located only fifity meters from the busy Japan Rail Iidabashi Station.

2012年9月20日 (木)

日本橋川(3) The Nihonbashi River(3)

 神田橋の下流側の次の橋は、「鎌倉橋」です。Img_4452s

 この橋は、明治時代になってから架かったもので、江戸時代は、川沿いが「鎌倉河岸」として舟運に利用されていたそうです。南は東京駅に通じ、北へ行くと淡路町、昌平橋を経て神田明神下へ出ます。秋葉原電気街の西の端にある大通りですので、無線関係の方はご存知でしょう。

 ついでに、秋葉原電気用品店街の中心となっている中央通りを南に向かうと、万世橋、須田町、JR神田駅を通り、日本橋に通じています。秋葉原ではすぐ近くにある二本の大通りが、南に行くに従い、だんだん間隔が開いて行きます。

 さらに下流へ行くと、「新常盤橋」、「常磐橋」、「常盤橋」と三つの橋が続きます。「ときわ橋グループ」として古い順に紹介します。二つ目の橋は「磐」を使っていて、字が違うのにご注意ください。

Img_4474s

 「常磐橋」は、江戸時代に常磐橋門があったところに架かっていて、写真のように門の石垣が残っており、門の内側は公園になっています。橋は、明治10年に架けられた古い石造アーチ橋で、現在は歩行者専用になっています。今回、行ってみて知りましたが、東日本大震災で、橋と石垣に被害があり、現在修復工事中で、立ち入り禁止です。

 上流側にある「新常盤橋」は、関東大震災前に市電を通すために架けられたものだそうです。今まで見てきた各橋の上の道は南北に通じていましたが、このあたりでは川が南向きに振れているのと、橋の東北詰めからの道(江戸通)もさらに南に振れており、小伝馬町、馬喰町を通って浅草橋に通じています。常磐橋門は、大手門にも近い上、奥州街道方面に開いた重要な門であったことが分かります。江戸通は、上記の中央通とは、室町三丁目で直角に交差しています。

 下流側の「常盤橋」は、新常盤橋より新しく、関東大震災後にできたようです。東側には日本銀行、三越デパートなどがあります。

 常盤橋の下流から日本橋川は方向を東に変えますが、曲がってすぐのところに架かっているのが「一石橋」で、道路は外堀通です。この通りの西側に新橋の方まで堀があったのですが、埋め立てられて、ビルが建ったり、高速道路敷地になったりしたので、現在では、呉服橋、鍛冶橋、数寄屋橋などの名前から堀の位置を推測できるだけになってしまっています。

Img_4486rts

 一石橋は、関東大震災の前年の1922年(大正11年)に石造の橋ができ、大震災にも落橋しませんでしたが、平成9年に架け替えられたそうです。西南の親柱のみ、大正のときの橋の親柱が残されています。(写真)

 陰の中で見にくいのですが、柱の左側、川の上に常盤橋が少し見えています。また、一石橋の向こうに日銀が見えています。

 竹橋から写真を撮りながら一石橋まで来て、暑くて疲れたので、日本橋までは行きませんでした。日本橋シリーズはこれでいちおう終わります。

 I visited the Kamakura bridge, the Shintokiwa bridge, the old Tokiwa bridge, the Tokiwa bridge and the Ichikoku (Ikkoku) bridge on the Nihonbashi river. The stone walls of the ancient Tokiwabashi gate of the Edo Castle still remain at the western end of the old Tokiwa bridge, (second photo) but they were damaged by the big earthquake of eastern Japan of March last year and are being restored.

 

2012年9月15日 (土)

日本橋川(2) The Nihonbashi River (2)

一ツ橋から日本橋川の下流へ向かうと、川の左岸側は錦町で、次の橋は「錦橋」です。この橋は、江戸時代には無かったようです。

上を見上げると、首都高速道路都心環状線外回りの大きな案内看板が見え、神田橋出口200mとなっています。

Img_4420s

写真の方向、南側へ行くと、左に気象庁があり、気象庁前から内濠通りに合流し、大手門の前に続いています。

次の橋は、「神田橋」です。 ここは、かつて神田橋門があり、将軍が上野寛永寺に詣でるときに通る大切な橋だったそうです。今は、門の跡らしいものは何もありません。南側は、首都高のランプがあって、川に沿って歩くことはできません。南には、新築の経団連会館や大手町交差点があります。北側は小さい公園になっています。

Img_4434rs

Img_4445s 東京の都心に長く通勤した人でも、それぞれの橋を北へ行ったときに通る大きい交差点や神田川(本流)に架かる橋、通りの名などを覚えている人は少ないと思います。

神田橋-小川町-ニコライ堂(左)-聖橋-湯島聖堂(右)、通り名:本郷通(南は日比谷通り)

錦橋-駿河台下-明治大学(主に左)-御茶ノ水駅西口-御茶ノ水橋、通り名:千代田通り(駿河台あたりは明大通)

一ツ橋-神保町-水道橋、通り名:白山通

ちなみに自宅から車で都心へ向かうときは、だいぶん上流の明治通りの手前で神田川を渡り、神田川の右岸に沿って来て、日本橋川が分かれるところより上にある飯田橋で外濠を渡り、九段下から内濠に沿って行くので、日本橋川は渡らないで来ることが多いです。

日本橋川について書いていますが、考えてみると、普通はまず川があって、それに橋がかかるので、いくら有名な橋とはいえ、川が橋の名前で呼ばれるのは、本末転倒でしっくりしません。川といっても人の手が加わっていることの証しかも知れません。

The first photo: the Nishiki Bridge.

The second and third photo: the Kanda Bridge, where there was the Kandabashi Gate of the Edo Castle before 1867.

2012年9月13日 (木)

日本橋川 The Nihonbashi River

先週の木曜日に、東京の神保町から日本橋へ行くことになり、川に沿っていけば歩いてもたいしたことがないのではないかと、歩いてみました。ちょっと遠回りをしてしまったりで、時間がかかりましたが、いつもあまり考えずに渡っている橋の名前や形が分かって、なかなか面白く感じました。
昨日はまた神保町での昼食会があったので、カメラを持参し、昼食の後、再度川沿いに歩いてみました。
川の名前は、神田川かと思っていましたが、神田川は、水道橋から真っ直ぐ東へ流れる方が本流とされているようで、水道橋から分かれたあと日本橋へ向かう分流は、日本橋川だそうです。なお、橋の説明板には、内濠川と書いてあります。
アマ無線とはあまり関係がありませんが、城アワードのWCAでは、城の中心の本丸などから離れていても、城門などが残っていたり、遺跡であることを示す説明板があったりすれば、1,000mの基点としてOKとのことなので、江戸城の外郭の役割を持っていた日本橋川をチェックしておくことは、まったく無意味ではないかも知れません。
そんなことで、スタートは、一ツ橋です。
橋そのものよりも、徳川御三卿の一つの一橋家と一橋大学のために名前が知られていますが、いずれもこの橋の近くに居を構えていたり、キャンパスがあったりしたものです。

Img_4408s_5

橋を神保町(北)側から見たところです。ご存知のように、日本橋川の上は、首都高速道路の5号池袋線と都心環状線に利用されていて、空が見えず、昔の景色を偲ぶことが難しいのは残念です。今の橋は、大正14年(1925年)に架設されたものです。

Img_4409rs

この橋は、江戸時代には、城門(一ツ橋門)のある見附橋でした。東南側に高い石垣が一部だけ残っていますが、見附の跡と思われます。

I took a walk along the Nihonbashi River, down town Tokyo, yesterday.

This river was a part of the defensive fortifications of the Edo castle during the Edo era, from 1600 till 1867 AD. The photo is the Hitotsubashi or Hitotsu Bridge, Chiyoda-ku, Tokyo. There was a castle gate inside (south side of ) the bridge. The second photo shows the remains of stone walls of the gate several meters to the east of the southern end of the bridge.

 

2012年9月 7日 (金)

The King's Speech 英国王のスピーチ

I saw "The King's Speech", a cinema that won the Academy Awards for the best film, the best director and the best actor last year by a videodisc. Though it was a bit difficult for a foreigner to appreciate it in detail as the movie's main theme was a speech in English, I enjoyed good performances of actors and actresses. It was interesting as a story that had deep relations with the two world wars.

The speech therapist, Lionel Logue, who helped King George VI, was an Australian and established himself as a speech therapist by treating shell-shocked soldiers in WW I.

Kif_1673s

The photo above is the Shrine of Remembrance in Melbourne, Victoria, Australia. This gigantic shrine was built after WW I to remember those served in the war. We can feel the extent of the world war and the reality of the British Dominion in those days from the shrine. 

昨年のアカデミー賞をとった「英国王のスピーチ」という映画をレンタル・ディスクで見ました。英語の話し方の障害の克服が主題なので、外国人には難しい面もありますが、熱演ぶりは分かり、楽しむことができました。

セラピストのローグという実在の人物は、オーストラリア出身で、第一次世界大戦で今でいうPTSDで言語障害となった兵士の治療に当たって経験をつみ、治療法を習得したとのことです。戦前から英国に来ており、オーストラリア人の兵士ばかりを治療したということではないようで、やや縁は遠いのですが、6年前にメルボルンで見た、ビクトリア州からの大戦参戦者のための記念堂の写真を載せてみました。

大戦で、オーストラリア人にも多数の犠牲者があったこと、また、遠くオーストラリアからも軍を動員した当時の大英帝国の大きさを実感できる建造物でした。

2012年9月 5日 (水)

Surprise Contact 驚いたQSO

I was calling CQ on 30 meter band late in the afternoon last Sunday expecting calls from JA stations. To my surprise, I was called by WA6URY in California. The signal was almost as strong as JA stations. As my antenna is only a vertical mounted on the second floor balcony and my power is fifty watts out, I do not expect calls from DX.

A few hours later, I looked up the callsign in QRZ.com and was surprised for the second time to find that the operator had another callsign: 7J1ABD, in Tokyo, Japan. The operator, Dan, appears very active from the location near my home. I have had contacts with him several times by my portable operations although I am not sure if I have worked with him from my home.

There is information in the Internet that Dan sometimes controls his station in California from his home in Tokyo, but he said nothing about operator's real location in the contact.

先日の日曜日の夕方、国内のコンディションが良さそうなので、JCCサービスをしようかと、10メガでCQを出しましたら、最初にWA6URY局から呼ばれて、びっくりしました。だいぶ前に河川敷で逆Vアンテナで出ていて、Wに呼ばれたことはありますが、家の釣竿バーチカルでDXから呼ばれたのははじめてでした。

ちょっと後で、QRZ.com を見てまたびっくり、当局の移動運用をときどき呼んでもらっている7AJ1ABD局のDan さんでした。東京のホームQTHは、当局の近くらしいのですが、まだホームどうしで繋がったことはないような気がします。

ネット情報では、東京からカリフォルニアの局をリモート・コントロールして出ていることもあるらしいです。日曜日には、本人はどこにいたのでしょうか。機会があったら聞いてみたいものです。

2012年9月 1日 (土)

Asaza (Floating Heart) Project アサザ・プロジェクト

A friend of mine from my student days made a presentation about his voluntary involvement with the "Asaza Project"a week ago, and I attended it to learn what he is doing after his retirement from his successful career in the business world.

Asaza is Japanese word for the floating heart, Nymphoides peltata. Groups of this plant were plentiful in Lake Kasumigaura, Ibaraki, years ago, but after the development of water resources of the lake during the years of Japan's rapid economic growth, they have become rare and the species is now on the list of those next to the near distinction.

The project seems to be a very ambitious one: it not only engaged in activities to restore the biodiversity of the lake but also to revitalize local communities and to function as an area-wide environmental education program.

http://www.kasumigaura.net/asaza/en/profile.html

My friend appears to be very happy serving for the project mostly as an advisor utilizing his business experiences.

Asaza_1

先週の土曜日は、学生時代からの友人が、現在、ボランティアとして関係している霞ヶ浦のアサザの保護、植栽をはじめとする環境保全・回復のプロジェクトについて、話をするというので、聞きに行ってきました。

たいへん野心的な構想で、難しいこともいろいろあるようです。ただ、多くの環境保全活動の中では、うまく行っているほうの部類らしいです。友人は、会社退職後の活動の場を住まいの近くに見つけて、元気に動いています。

写真は、4年前の9月に、この友人の勧めで花見に行ったときのものです。このときは、無線機も持って行って、茨城県稲敷郡美浦村、JCG 14001/I を少しサービスしました。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »