Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Expedition to WFF JAFF-057, WFFペディション | トップページ | Asaza (Floating Heart) Project アサザ・プロジェクト »

2012年8月31日 (金)

V63PR at Falalop Island, Ulithi Atoll

I worked with V63PR at Falalop Island, Ulithi Atoll, Federated States of Micronesia yesterday evening local time on 30 meter band. It was not easy as my antenna was a low vertical and I had to repeat my callsign several times and received a signal report of 449.

Several years ago, V63LR was on the air from the same island. I looked for the signals in vain then, though I was able to receive interesting report on the possible site of the remains of Japanese airmen who perished somewhere in the atoll during WWII from the operator, Kei san, after his visit to the island.

V63PR is an island expedition by JJ8DEN, one of the most active expeditioners in Japan nowadays. The operator seems to have amazing energy to go to oversea as well as domestic locations every year from Hokkaido.

I wrote a letter to the operator two years ago asking questions about his location of his activities in Sado Island, Niigata, conducted half year in advance to my operation in Sado. He was very kind to reply, but it took a few weeks after I wrote my letter since he was somewhere in the Pacific when my letter reached his home.

Some of his activities took place in national parks or qusi-national parks, I think it would be nice if he becomes interested in the WFF program.

昨晩、ウルシー環礁のファラロップ島からオンエアしているV63PR局と10メガでなんとか交信することができました。

数年前にV63LRがQRVしたときにも探したのですが、コンタクトできませんでした。ただ、たまたま会ったことがあったオペレーターから、帰国後に同環礁への特攻攻撃で戦死した搭乗員の埋葬地の探索に関する興味深い情報を得ることができました。

今回のペディションは、JJ8DEN局によるものですが、同局オペレーターのエネルギッシュな移動には驚きます。現時点で、JAの最もアクティブなぺディショナーの一人だろうと思います。一昨年、私が佐渡へ行く計画を立てたときに、約半年前に佐渡に行かれた同局に運用地などをお尋ねした手紙を書きましたところ、ご丁寧にお返事をいただきました。ただ、こちらの宛先の書き方がまずくて一度戻ってきた(北海道の住所は、普通と少し違うので間違ってしまいました)のと、このときも局長が太平洋のどこかにお出かけ中だったので、お返事をいただくまでに時間がかかってしまいました。

同局の国内移動の中には、上記の佐渡を含め、国立公園・国定公園内からの運用もあるので、WFFプログラムにも興味を持ってくださると良いなと思っています。

« Expedition to WFF JAFF-057, WFFペディション | トップページ | Asaza (Floating Heart) Project アサザ・プロジェクト »

Radio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: V63PR at Falalop Island, Ulithi Atoll:

« Expedition to WFF JAFF-057, WFFペディション | トップページ | Asaza (Floating Heart) Project アサザ・プロジェクト »