Links - Locals

  • ex J3CK, JP1JCK
    The original owner of the TS-850S in my shack. SK, Nov. 30, 2015. RIP.





2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月25日 (水)

Great Eight Islands 大八島(大八洲)

The islands of Japan were made by Izanagi and Izanami, a god and a godess, according to "Kojiki", one of the oldest history books of Japan. Eight islands, Honshu, Kyushu, Shikoku, Awaji, Iki, Tsu, Oki and Sado, were made at first, and they made six smaller islands afterwards. So, Japan is also known as "Oyashima", meaning the Great Eight Islands.

Later, sometime at the end of the seventh century or at the beginning of the eighth century, the coontry was divided into sixty-eight kuni or provinces for administrative purposes. Both Awaji and Sado were given the status of independent province.

The RSGB has a nice award program of the IOTA, Island on the Air, and the IOTA contest will be held during the next weekend. I think it is a good program and have enjoyed it on the activator's side several times, although I am not a holder of the award. However, I find some problems in the program. One of them is that it does not recognize the historic difference of Awaji and Sado mentioned above: it only has one island group, Honshu's Coastal Islands, IOTA AS-117, for those two big islands together with many other islands.

 

I happened to visit those two islands in the spring of the year before the last. As every Japanese knows, they are quite different in terms of geography, climate, history etc. I composed an e-mail to send to the manager of the award program, but gave up sending it as I was nobody in the program.

Img_0666s

(The northern tip of Awaji Island seen from the Akashi Strait.)

Img_0801s

(The northern coastline of Sado Island viewed from the top of Onogame, a cape with a steep hill.)


ご存知のとおり、日本には、「大八島」、「大八洲」(おおやしま)という別名があります。イザナギの尊とイザナミの尊がはじめに八つの島を作ったと古事記に書いてあるそうです。最初に淡路島を、七番目に佐渡島を作ったそうです。

また、律令制の整備とともに、国内に68の「国」が置かれましたが、淡路も佐渡も独立の国でした。

今度の週末にIOTAコンテストがあります。筆者は、IOTAのチェイサーではありませんが、アクティベーションの面で、この賞のおかげで、楽しませていただき、良いプログラムだと思っています。ただ、若干の問題点を感じていて、その一つが、本州沿岸の島のグループ、AS-117 として、淡路も佐渡も一緒にされてしまっていることです。英国から遠く、言葉も違うことで、島のグループの指定が地理や歴史を考慮しないものになってしまっているのでしょうか。

一昨年の春にたまたま淡路島、佐渡島の両方に行きましたので、このグルーピングの無理を強く感じました。事務局にメールを出そうかと、英作文をしたのですが、アワードを持っているわけでもないし、ナンバーを増やしてくれる可能性も低そうなので、やめてしまいました。

2012年7月19日 (木)

Inokashira Park 井の頭公園

It was very hot this afternoon. I went to the Inokashira Park near the Japan Rail Kichijoji Station about fifteen kilometers west from downtown tokyo. There is a spring and a pond. The Kanda River flows out from here.

Img_4241s

Img_4228s

今日は、とても暑い日でしたが、出かけたついでに、井の頭公園(井の頭恩賜公園)に寄ってみました。池の上手にある泉からはかなりの水が湧いていましたが、池の水は、井戸水を汲み上げて補っているそうです。周辺での雨水の地下浸透を増すよう、いろいろ策を講じているようです。 

2012年7月13日 (金)

QSL Cards, UA0s

The call area number zero of Russia may be the largest call area in the world.

The package of cards I received recently contained two colorful cards from both ends of the area: UA0A, Krasnoyarsk, and UA0Z, Kamchatka.

Img_4203ts

UA0APV: I worked this station from JAFF-052, the Myogi-Arafune-Saku Quasi-National Park in June 2011. According to the QRZ.com page of this station, a photo of Lake Svetloe in Ergaki Nature Park (RFF-208), West Sayan Mountains, is used for the card. I had thought that the central part of Siberia was flat, but there are high mountains.

RA0ZN: this station sent me two cards, one for our contact in the same portable operation as above, and another for our contact in October 2010. I operated in JAFF-005, the Chichibu-Tama-Kai National Park then.

The location of this station is Petropavlovsk-Kamchatsky. I have seen the name of this port city reading history books of Japan in the nineteenth century. It also appears in the book on Jean François de Galaup, comte de Lapérouse, the great French expeditioner of the eighteenth century, whose name is used to identify many landmarks in the Pacific. The Soya Strait is also known as the La Perouse Strait in Europe.

UA0のカードです。世界で一番広いコールエリアかも知れません。 たまたま、このエリアの東西の端のカードが最近の転送分に入っていました。UA0A は、西のクラスノヤスルク、UA0Z は、東のカムチャッカです。

西の端の方は、シベリア中央部で平原のようなイメージを持っていましたが、高山もあるようで、上のUA0APVのカードの写真は、西サヤン山脈にあるエルガキ自然公園、RFF-208 のものだそうです。

下のRA0ZNのQTHは、ペトロパブロフスク・カムチャツキーです。この港町の長い名前は、幕末の歴史の本を読んでいたら、ときどき出てきました。

また、この港町は、フランスの太平洋探検家のラペルーズにも縁があります。彼は、南太平洋で行方不明になりました(後年、ソロモン諸島のバニコロ島で遭難していたことが判明しました)が、途中までの航海の記録を持ったレセップス(スエズ運河建設者の兄弟)が、ペトロパブロフスク・カムチャツキーに帰り、陸路ロシアを横断して本国に帰ったので、航海記が残ったのだそうです。ラペルーズの名は、太平洋のあちこちに残っています。宗谷海峡は、欧米の地図では、ラペルーズ海峡となっていることがあります。

2012年7月 5日 (木)

JARL社員総会(5) -A氏との対話-

またまた取り上げたくなったのですが、書いていたらやたらと長くなってしまったので、ウェブ・ページ("General Information")に小さい字で載せました。これで当分終わりです。

今まであまり知らなかったことなので、誤解、間違いもあると思いますが、ご容赦ください。私なりに、原点にもどって、考えてみたつもりです。

2012年7月 3日 (火)

QSL Cards, UA9s

I picked up three cards came from the western part of Asiatic Russia, UA9.

Few JA radio amateurs show these cards because it is easy to contact stations in that region. Well, I admit that I have an inclination to try something other people do not do. Contacts  with Asiatic Russian stations are significant when I am activating WFF numbers. It is often the case that European stations start to call me after my contact with a Asiatic Russian station and a spottin on the web-cluster by the operator.

I am also trying to remember the names and locations of Siberian oblasts indicated by prefixes. I bring a map printed from the site of EI8IC with me for portable operation. To my regret, the map is no longer found in his site.

Img_4201ts

UA9OD:  the call printed on this side of the card is a former call. Contact was made in October 2010 from JAFF-005 on 15m band. QTH is Novosibirsk, the same place as of RR9O, the beacon station. The location is near the center of Siberia.

RA9QBQ:  in Kurganskaya oblast. QSO was made in October 2011 from JAFF-061 on 10m band.

RX9WN:  in Bashukortostan Republic in southern Ural Mounains and adjacent to European Russia. Worked in October 2011 from JAFF-012 on 17m band.

UA9、シベリア西部からのカードです。UA9のカードを出すとは、人のしないことをするへそ曲がりな傾向があるのを示しているかも知れませんが、WFFの移動運用では、UA9か0からのコールとその局のスポットが導火線になってEUが呼んでくることがあるので、大切なエリアです。また、サフィックスの1文字目で示されているオブラストの名前と場所を頭に入れたいと思っています。EI8ICのHPに分かりやすい地図が出ていたので、印刷してラミネートし携帯しています。残念ながら、この地図は現在見当たりません。

同じUA9でも、東の方のUA9O、ノボシビルスクとヨーロッパに接するUA9Z、バシュコルトスタンとではずいぶん離れています。

   

2012年7月 2日 (月)

JARL社員総会(4)

6月29日の記事(JARL社員総会(3))で、新法人移行時の経緯から見て、社員による理事候補の認否は慎重に、抑制的に行われるべきだったと書きました。

さらに、現行の諸規定を見てみました。

新しいJARL規則には、社員総会によって理事候補が否認された場合に、代わりの理事を選ぶ仕組みがありません。
一度選ばれた理事が欠けた場合には、補充の方法について規定があることから(第28条)、規則は、理事の欠員は望ましくないという立場から作られているようです。
それにもかかわらず、総会で候補者が否認された場合の選任手続きの定めがないのは、規則は、今回のように4名もの候補について否認があることを想定しておらず、総会の認否権は、抑制的に行使されることを想定していたといえるのではないでしょうか。
また、地方ごとに1人の理事が出ることは、組織構成の基本に関わることで、それが欠けることは、単なる理事数の不足とは異なる次元の問題があり、そのことからも、社員は、特に地方選出の理事候補の認否には慎重に臨むべきでした。

もっとも、社員総会は、理事を選任するほか(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第63条、定款第21条2項)、定款の変更もでき(法第146条)、選挙に関する定員数を定める(定款第68条)ほど大きい権限を持っているので、総会が理事に欠員が生じても構わないという判断を下しても、違法とはいえず、運用の適否の問題となるのでしょう。
加えて、ひとたび新しい制度ができると、それが一人歩きをはじめることは避けられません。その場合、制度はあくまでも組織の基本的構成員(会員)のためのものであり、組織そのものや理事、社員のためのものではないことを念頭においていただきたいものです。

私見は後知恵であって、このようなことをあらかじめ研究して認否を行うことを新社員に期待することは難しく、多くの社員は、目前に提起された課題に対し、良心的に行動されたと思います。
また、路線(人事)対立が起きている最中に外的な要因で制度が変わり、路線(人事)問題と制度運用の問題が混線してしまったのは、不幸なことでした。
それにしても、前執行部にいて、新定款や改正経緯をご存知のはずの方々の中に、諸規定の表面上の文言のみを見て、正しかった、あるいはやむを得なかったとする考え方の方が見受けられるのはいささか残念です。

当面の対応策としては、各社員に今回のことを教訓に、今後の総会に慎重に臨んでいただくことをお願いすることや、次回の社員選挙で、思慮深い社員を選ぶようにすることくらいしか考えられません。
身の回りの知人の中から、ふさわしい人を探して、社員になっていただくことや、社員定数の是正・社員選挙方法の改善のために自分なりに何かできないかを考えていこうと思っています。
社員定数のことは、折を見てまた書きたいと思います。

なお、筆者の立場を明らかにしますと、Zグループの人には投票していません。ただ、現在の財政状況と終身会員問題から見て、経費節減などの対策が必要と思っています。終身会員ではありません。
(本質的なことではありませんが、筆者のローカルでは、Zグループのシンボル動物は、例の宗教団体のものとして、うす気味悪いものとして記憶に残っていて、字を書くのもはばかられます。変えていただけないものでしょうか。)

もし、この駄文を終わりまでお読みいただいた方がありましたら、どうもありがとうございます。

連盟と協会 League and Society

リーグ(連盟)という名のARRLとソサエティー(協会)という名のRSGBなどについて、違いを調べ、JARLについても考えて見ました。

拾い読みですので、間違いがあるかも知れません。

ARRL: 理事は、15の地域(district)から1人ずつ、15人選ばれる。任期3年で、選挙は毎年5地域ずつ行われる。会員総会の規定は見当たらない。(連盟方式)

RSGB: 理事は、会員総会と会員の投票で選ばれる。(協会方式)

(参考)

RAC: 理事は、7の地域(region)から1人ずつ、7人選ばれる。

WIA: 理事は、会員総会で選ばれる。

JARL: 移行前は、社員総会が最高決定機関であったので、基本的には協会的な考え方で組織されていたと見るべきでしょう。

 新制度による社員定数は、10の地方ごとに選挙される84人と、支部ごとに選挙される54人(支部は、各都府県に1つ、北海道に8つある。支部区域選出社員は支部長を兼ねる)の138人です。
(地方定数、支部定数を合算した場合の1社員当たりの会員数は、最少が北陸で 257人、最大が関東で844人、格差3.28倍) 〔「みんなでやろうJARL改革!」ブログ掲載資料より計算〕

 現行の社員定数配分では、従来より、連盟方式の色彩が強まったと見るべきではないでしょうか。
 理事の選任に関しては、原則として(今回のような否認がなければ)、全国区から5人、10の地方から1人ずつ、10人、理事会推薦で2名が選ばれます。このことから、連盟方式と協会方式の折衷版になっているように見えます。

I tried to see the organizational principles of ARRL, RSGB and JARL. The JARL used to have a general meeting of all members for important decisions. It was closer to a society in spite of its name. After the reorganization following changes of the national corporetion law, a representative method was introduced. 84 representing members ("members" according to the new law) are electoed from ten regions (call areas) and 54 representing members are elected from divisions (prefectures and Hokkaido shicho).

There is a considarable discrepancy in the weight of one vote of a member between regions:  a vote of Hokuriku, the 9th region member is 3.28 times heavier than that of Kanto, the 1st region member. In view of this revision, I think that the JARL has been transformed towards the direction of the league type organization.

Fifteen nominees for directors are elected by members as follows: 5 from country at large and 10 from 10 regions. In addition, the incumbent board can nominate 2. Each nominee is approved and become a director or disapproved by the general assembly of the representing members. The first assembly held on June 24 denied four nominees out of seventeen.

2012年7月 1日 (日)

QSL Cards, A65CA etc.

I received a package of QSL cards from the JARL bureau the day before yesterday.

A couple of cards have been picked up from them and are shown here.

Img_4204ts

A6, the U. A. E. is not a rare entity for most DXCC hunters, but it is a new one for me.

I did not bother sending my card and an SAE directly to the station, and am pleased to recieve this card via the bureau all right.

The contact with A65CA was made in October 2010 from a parking lot along the Okutama Park Way, in WFF JAFF-005, the Chichibu-Tama National Park, using a fishing-rod vertical antenna on top of my car. I was called by this station and it may be a rare case to be called from the Middle East when operating in JA1 region. The operator seems to be hunting WFF stations because he is a Russian. This may show how lucrative a WFF activation from Japan is at present. I should keep it to myself and had better not to translate this paragraph into Japanese.

He asks other operators not to confuse his callsign with AB6CA in his QRZ.com page. That was exactly what I was about to do. I remember that his call made me wonder why there was a caller from the U.S. when all other callers were from Europe and Asia.

The operator's voice recorded in Costa Rica by TI2CDA can be heard by YouTube.

I do not hunt WFF stations seriously from my home as it is almost impossible to have contacts with European portable stations from my present home station. The contact with DA0CW/p, portable Nature Park Hassberge, WFF DLFF-064, in August last year on 17 meter band, CW, is a rare exception. I found its signal and succeeded to have a contact helped probably by operator's good ears and by some luck.

一昨日にJARLから届いたカードの中から2枚を紹介します。

A6は、それほど珍しいものではないと思いますが、当局にはニュー・エンティティーです。交信の状況がちょっと珍しいかと思うので、出してみました。日本語で書くとWFF移動運用の「美味しさ」が広まってしまって、参加者が増えすぎてしまうかも知れないので(?)、知りたい方は英語を読んでください。

A65CAは、QRZ.com のページで、AB6CA と間違う局が多いので注意してほしいと書いていましたが、まさにその間違いをしそうで、一瞬、なぜ今ごろ北米が聞こえるのかといぶかしく思ったことを思い出します。

A65CAのフォーンのシグナルがTIの局に録音されてユーチューブに出ていました。ちなみに録音したTI2CDAは、ヘックス・ビームのユーザーのようです。

DL0CW/p は、ホームからのアクティビティーが低く、WFFもハンティングの方は真面目にやっていない(できない)当局にとり、珍しい1枚なので、登場願いました。去年の8月にこの交信ができたのは、先方の耳の良さと幸運に助けられてのことでしょう。

私のWFF移動の発行カードは、既製カードに小さな運用地の写真を入れたものが多いのですが、時おりカラー印刷で作ることもあり、その時は、このカードのようにWFFのロゴ・マークを入れています。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »